ピアノの練習時間管理

ピアノの練習が出来ない。出来ない。
だが、練習しなきゃピアノは弾けない。

ただでさえ、日々なんとなく1日が過ぎる。
このなんとなく1日が終わるのが良くない。
夕刻近くなれば生徒がやってくる。

当然その時間は自分の練習は出来ない。レッスンするためには掃除や部屋の整理はしなければならない。
だが、100人もの生徒を持っているわけではないわたしの音楽教室、わたしの練習をする時間くらいなんとかなるだろう?

うちの教室では2ヶ月分のカレンダー+今月のお知らせを生徒に配布している。
生徒はそのカレンダーとお知らせで教室のお休みの日の確認や、イベント情報を知る。という仕組みになっている。

だが、このカレンダーやニュースレターはわたしはたいてい余剰にプリントアウトしてしまう。
余ったものは裏に料理レシピをプリントアウトしてバインダーに保管。

その余剰のカレンダーの再利用法をわたしは考えついた。
向こう1週間から2週間くらいのタイムスケジュールと見合わせて練習スケジュールを書き込む、スケジュールどうりの曲を練習した日は、これまた廃物利用の教室の出席シールの余りを貼る。
スケジュール通りの練習ができなかった日は赤鉛筆でバツを付ける。

2週間やってみて、これだと週のうち何日真面目に練習できたかがひと目でわかる。
あまりにバツが続くと練習を強化しようか?!という気合が入ってくる。




だが!なんで昔。つまり学生の頃や子供の頃はこの苦労をしなくてすんだんだ??
その解は超明瞭。

練習出来る環境にあったからだ。
まして子供の頃は練習時間の確保をしよう?と意気込まなくて親が練習時間は確保してくれ、レッスンに通わせてくれて更にその月謝を払ってくれた。

強制的に練習する環境を作るのに1番いいのはわたし自身がレッスンを受けに行くこと。
つまり先生につくことなので、そろそろわたしが生徒に返り咲こうか、、??
なんとかピアノの月謝捻出できるだろう。
これだって経費に出来るんだし(*´∀`*)ほ

と、その方向に思考が固まりつつあった今日この頃、、。
なんと!猫が病気、、。

それも、動物病院で注射してもらえばたちどころに完治するようなぬるい病ではない。
当面、動物病院通いが日課になりそうなのだ。

ε=(・д・`*)ハァ…猫よ。わたしが(正確には獣医師が)治してやるからな。

生徒へのカムバック断念。
動物病院はお金かかる。いーえ、動物病院じゃなく、人間病院だってかかります。
いくら人間が3割負担ですむったって、うちは生活保護世帯じゃないんだから係りはかかりです。

それに猫の場合は手がかかる。
保険証とお金持たせれば自分から病院通いしてくれるようには永遠になってくれない。
薬ひとつ飲むのだって自発的に飲んでなんかくれない。

だが、動物病院通いしながら病院の待合室でツラツラと考えた。
今日はえらく混んでる。これはわたしが朝1番で出損なって混む時間帯に遭遇したからだ。

だが、待て。
この待ち時間をもってしても、仕事つまり生徒へのレッスンそしてその準備、付随する仕事用の家事、プライベートの家事はなんとか遂行出来る。
というかしなければならない。

猫の動物病院通いは、ヤマ超え次第減少する。
と、言うことは減少した動物病院で過ごす時間をピアノの練習に当てればまとまった練習は出来る。

わたしのピアノの先生探しはしばらくは見合わせるにしても、あと10人やそこいら生徒が増えてもなんとか練習する時間強引にでも作り出せないことはない。

そうか!!
そのように思い立ったわたしはイラストボックス(フリーイラストのサイト)から更なるカレンダーを頂いてきて、生徒のレッスン時間管理、わたしの練習時間管理、掃除、料理の時間。ブログ書く時間、更には練習した曲を録画する時間、猫病院に行く時間の管理に努めることにしたら、、。
アラ、今度はプリンタのインクカートリッジがカラになった(;_;)





投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です