JASRACより愛をこめて

寒くなってきた、冬が到来する頃にわたしの教室の発表会は行われる。来年も多分再来年も。

LIFEBOOKの反逆により、今年は書類仕事がより厳しくなりそうだ。LIFEBOOKが初期化しちまったのでピアノの練習する暇がない。なので今年は講師演奏はなしにします。って、お達しだそうかと思っている。いえ、真面目な話。

だが、Wordで作成するプログラムや来年早々にラチあけなきゃなんない、消失したExcelの収支決算報告書と違いJASRACに提出する書類はわたしは手書きで作成する。

したがっていくらうちのLIFEBOOKが悪い子であろうと関係ない。だからとっととケリをつけよう。

ちなみにこれがJASRACへの提出書類の要となるもの。

ここに曲目作曲者編集者、時間、器楽演奏だけか歌も入るか記入する。

会場のキャパ及び、入場が有料か無料かによっても著作料の支払いは変わってくる。あかいくつ劇場は小さいホールな上に発表会なので入場は無料。うちの支払いはそうは大きな数字にはならない。多分2300円くらい。

わたしはJASRACの言い分には賛同しているし、著作料の支払いは丸ごとOKなのだけれど、この書類の提出が不思議なことに手書きで作成している確定申告書よりも面倒なのだ。

だから、JASRACへの提出こそ来年の夏からWeb申告にしてしまおうと画策している。

今回みんなで歌いましょう。のお歌は「世界にひとつだけの花」と「パプリカ」を予定している。これらの、歌詞カード作るには複製部録音課というところに問い合わせる。ダメ。って言われたら、みんな歌は覚えてね。って言おうか?

とにかく、この書類こそ一昨日から一巡つまり来週の水曜日までに仕上げてJASRACのジャッジを待つのだ。次の木曜日はあかいくつ劇場の抽選がある。来年夏の発表会の会場確保だ。行ってくるわヽ(*´∀`)ノ

このところずっとあかいくつ劇場なので2020年の冬はコンサートホールを変えようかと思っている。横浜美術館レクチャーホールを候補に挙げている。だが、あのホールの抽選は3ヶ月前。

それに、わたしは来年から、夏はディズニーでもアニメ主題歌でも映画音楽でも発表会に弾くのはOK。で、冬は古典曲及びそれに準ずる曲を用意するように方針を変えようと思っている。(JASRACに提出する書類作りが面倒だからではない。)

つまり、冬の発表会はストリーボックやランゲの作品がならぶこととなる。

こんな古臭い曲つまんないから発表会出るのやめる。から、ピアノやめる。が続出したらどうしよう(;´Д`)とも思うが、うちがジャズピアノやコードピアノ教えてるならいざ知らず。わたしはクラシックしか弾けず。レッスンの目標はバロックから近代までの名曲を弾く。なので、年に1度はクラシック及びそれに準ずる曲を仕上げて披露しましょう。を掲げよう。

2020年9月からくじ運をかけて横浜美術館レクチャーホールの使用権get\(*⌒0⌒)♪

2020年が良い年でありますように(#^.^#)

頑張れLIFEBOOK

どうにもわたしはマイクロソフトと相性が悪いんじゃないかと心配になった。かつてうちにはiMacがあった。そしてカールという名のノルウエジャンフォレストキャットにそっくりの白い長毛の野良猫あがりの猫がいた。

カールはiMacを愛用し(要するにパソコンの前でいつも寝ていた。)カールの操作によりiMacは言語を得て??話をするようになった。猫よ(゜д゜)どこのキーを押したんだ?

そうだ。iMacを買おう。

調査するもののやはり、新品のiMac買うほどの余裕は我がスタジオラッキーキャットにはない。

ならばこのLIFEBOOKにしばらくは頑張ってもらおう。わたし富士通に修理を依頼すべくユーザーサポートセンターに電話をする。意外や意外さっさと繋がった。

すると富士通の言い分では、機械的トラブルかシステムトラブルかをまずは解析しなきゃならない。なんだ?それは!?そうか、つまりはわたしのLIFEBOOKが怠惰なのは富士通のせいか、マイクロソフトのせいか突き止めなければどうにもならない。ってことね。

ではユーザーサポートセンターの指示どうり、普段は使わぬキーを押してトラブルの原因を突き止めんとする。その結果LIFEBOOKが言うにはマシンの機械トラブルは認められません。つまり、富士通のせいではないので、文句はマイクロソフトに言ってください。ってことか!

だが、ここから先はわたしのLIFEBOOKは2017年購入、1年以上経過しているので保証期間はもう過ぎている。ということは、これ以上電話でのサポートを続けると有償となる。自前でWindows10のリカバリーを行えばタダ、だが富士通からの指示にしたがってリカバリーすれば料金が発生。

わかった。場合によっては有料でも大いに結構だけれど、いまリカバリーしちまえばまたまたぼろぼろながら復帰したデータがまた消失する。

富士通のリカバリーの詳細を記したサイト教えてもらって、本日のLIFEBOOK復帰の作業は終了。

うちにいくつかある空き容量の大きいUSBメモリを用いて消失されたら困るもしくは泣きたくなるデータを残して、Windows10を復刻させよう。さて、いつその作業をしようか?

レッスン手帳を見て今度こそ慎重にことを進めよう。

このように、音楽教室のデジタル化は教室経営において大変な助けにもなるのですが、労力、時間それからお金に至るまで結構な掛かりがあることを覚悟しましょう。

60000超級のモデレート

先週金曜日、夜通しパソコンのリカバリーをした挙句、重要ファイルの消失という憂き目にあったわたしは、このQosmioをリターンさせるべく、NEXT(転送ソフトだ。)を落とした。NEXTのほうがこのQusmioに完備しているffftpより使い勝手いいのだ。

そいつでWebサイトの消えちまったindexを復活させるべく、サーバーのほうからローカル環境つまりQosmioのディスクに払い戻す。だが、このピアノレッスンサイトとスタジオラッキーキャットの猫日和は救出に成功したが、デジタルラッキークローバーとバレエとダイエットブログのパスワードだけは救出失敗。パスワードを再送してもらっても埓があかない。

わたし、どんな設定しちゃったんでしょうね?

ただでさえブログが多すぎるのでこの際、デジタルラッキークローバーとバレエとダイエットブログは見捨てて、ピアノブログと猫日和に統合することにする。

では、今まで以上にピアノレッスンの日々、気合入れてやってきましょうヽ(*´∀`)ノだがだ(゜レ゜)わたしLIFEBOOKの作動の遅さにねを上げて放置して置いたことがある。

それがモデレート。

モデレートってなんだ?モデラートの親戚みたいなこの用語は音楽用語では残念ながらありません。モデラートは速度用語中くらいの速さで具体的には1分間に何音符90カウント出来るくらいのテンポで演奏せよ。

の意味。

だが、モデレートは全く意味は違う。モデレートしてください。のお達しはこのブログの元となるワードプレスからやってきた。このQosmioはちゃっちゃと動いてくれるので、いーえ、モデレート中にブラウザ落ちちゃったらヤダもんね。と、LIFEBOOK時代に考えていたような甘い考えはよくない。

そうだ。ワードプレスからのお達しは真摯に受け止めてモデレートに精をだそう。

そのモデレートは何かと言うと。最初にワードプレスから来た通達によると承認していないコメントが増殖しているのでモデレートしてください。と。はっ(+o+)モデレートってなによ?モデラートなら知ってるけどモデレートだよね?

そうです。モデレートとは、最初にモデレートせよ。のお達しが来た時に調べました。モデレートしてください。と、いうのはわたしのブログについたコメントを承認するかゴミ箱に捨てるかの作業をして、承認したいんだか捨てたいんだかわからないコメントを放置しないでください。という意味。

なので、一昨日よりわたしはモデレート開始。承認すべきコメントはひとつもなし、全てゴミ箱行き。そんなひどいじゃない。一生懸命コメント残したくれた人に対してそんな仕打ちなの?ではありません。

これ全部が全部日本語コメントなんてひとつもありませんでした。全てが外国語。英語が多いけれど、ロシア語のもあります。英語なら辛うじて読めるけれど、とてもマトモに人がわたしのブログにコメント残してくれてるとは思えません。

自動的にあのようなコメントを貼り付けるソフトがあるらしいのです。多いのは100行ものURLが並んでいるだけのもの、既に404 not foundになっているもの。いずれもなんだか怪しい。

そのような悪コメントがなんとLIFEBOOKでモデレートするの嫌さに放置しといたもんだから60000以上も溜まってた。こりゃワードプレスがいい加減にモデレートしろよ。って、言ってくれはずだわ。

わたし100ずつゴミ箱に捨てつつゴミ箱をカラにしてゆきました。しまいに首の後ろが痛くなってきて整形外科に行くハメになるんじゃないか本気になって心配になってきた。

やっあと、昨日60000超溜まったコメント全部モデレートしたら、今日また妙なコメントが100ばかりついておりました。

これに懲りて変なコメント削除は日々行います。

ですが!ブログ及びホームページを見てのコメントは大歓迎です。是非コメント付けてください。

リカバリーの悲劇あるいはあるマシンの終焉

先週おそらくは金曜日、普段ならとっくにわたしが寝ている時間に息子が帰宅、わたし「とうとうLifebookが反逆起こしたらリカバリーしてる。」

そうこのLIFEBOOK息子が絶対作動が遅すぎる。Windows95の時代ならいざ知らず、、、。このマシンおバカだから捨てて新たなノートパソコン買ったほうがいい。と、かねてから言われていたのだ。

それが、わたしきっとSoftBankと相性が悪いんだ。NURO光に替えればきっと作動が早くなる。あら、大して変わらない?!変だわ。ではウインジップのマシンメンテナンスソフト入れてマシンの中綺麗にしてもらえば良いくなるんじゃないかな?

のわたしの楽観を裏切り、うちのLIFEBOOKは日本語変換するたんびに固り、エクスプローラはいつまでも立ち上がらず、エクセルは気が向かないと作動しない。標準ブラウザにしたオペラは突然落ちる。

マイクロソフトがダメなのかしら?な、わけなかったのだ。

今世紀最大のLIFEBOOKの裏切りは、このブログのヘッダもっと可愛い(۶* ‘ꆚ’)۶のに変えようとしてダウンロードフォルダ開いたら見事、ずべて消え失せていたのだΣ(|||▽||| )

一定数超えると自動消去します。とかって、わたしそんな設定した覚えないよ。

ではでは、復元のコマンド打ち込みましょヽ(*´∀`)ノってもんで、打ち込みしたら、もとに戻したければ初期化してください。この場合、自作のファイルは残っても初期状態以降にインストールしたアプリは消滅します。

まぁ、良いわ。プログラムはたいていネットから落としたのだからまたダウンロードすりゃいいんだわ。

と思って初期化したら( ̄▽ ̄;)!!見事ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!全てのわたしが制作したデータ消えてた(´;ω;`)責任とってよ(`Δ´)!

仕方ない。リカバリーしよう、急いでリカバリーソフト入れてリカバリーするんだ!なのでリカバリーソフト入れたのだが、その時既にわたしの就寝時間近く、早くリカバリーするんだよ!

っても、相手は機械とはいえ、そうはとっとと動いてはくれぬ、リカバリー終了したのはまだ夜は明けぬものの朝になってた。その間わたしは半徹夜状態。わたし今日は午前からレッスンあるんだからな。

だが、気を取り直してリカバリーしたのなら再度ファイルを整理してってもね。どこに入り込んだのだかわからない( ̄▽ ̄;)!!だが、ここでめげてなるものか懸命に掘り起こす。その努力あってなんとか元のデータフォルダに近づいたものの、、。

ウェブサイトのindexが消えてる。教室の収支つけたエクセルがのっぺらぼうになってる(TwTlll)

リカバリーつったってそうは完璧に元通りになるはずないのね。

ノートンにバックアップ頼んであったけど、このマシンも登録してたからしら?!いやキッパリ、もういい(`Δ´)!新しいマシン買うわ。だが、金がない。さてどうしたものか?

なのでわたし、2011年春モデルの東芝Qosmioを久しぶりに起動させる。こいつはこいつで老マシン力がついてきたものだから気まぐれにわたしの言うこと聞かないのだ。メールが送受信しない(´;ω;`)

だが、お久しぶりに起動させたらヽ(*´∀`)ノおやまぁ、LIFEBOOKよりちゃっちゃ、と動くじゃありませんか。老体にムチ打って元気だこと。いやそうじゃない。明らかにあのLIFEBOOKがおかしいのだ。

マイクロソフトに伺い立てたらメールもちゃんと送受信するようになった。やるな(^-^)Qosmio。

あのLIFEBOOKは二つに折って捨ててやる。と、思ったがそれも惜しい気がするので今から(ざけたことに9時にならないとユーザーサポートセンターは始まらないのだ。)富士通に文句言って修理させようと思う。

そのように当スタジオラッキーキャット事務局はデータの消失とういうアクシデントに見舞われました。5つあったブログのうち2つのブログのパスワードと設定が復旧しません。まぁ、やりようはあるんだろうけれど、これを機会にデジタルラッキークローバーという、ピアノ教室のデジタル化、及び副業についてのブログはこのピアノ教室ブログにまとめます。

なので、ここでデジタルネタ初登場です。これからもピアノ教室のデジタル化に伴うデジタルネタの記事が発信いたします。

次なる記事は、ここのブログのモデレートについて、ついでに速度記号のモデラートの方言でも複数形でもありません。

では次なるモデレートについて、ご期待下さい。

ピアノを続けて良かった。

わたしは先日桜木町まで出かけてカワイで楽譜を買った。最近は楽譜を買うのは店舗まで行って極力買う事に方針を変えた。

その時カワイから頂いてきたのが、「ピアノを続けて良かった!」っていう、冊子というかパンフレット。ピアノを大学生になっても続けてる先輩たちにお話を聞く。という形式。

そこでわたしが知らなかったこと。「東京六大学ピアノ連盟」なるものがあるそうだ。そうか!知らなかった。大学の内訳は慶應・上智・東大・明治・立教・早稲田から成るサークル。

うちの息子が所属していたのも、六大学のリーグだが大学の内訳はちと違う。息子所属の六大学リーグは東大・早稲田・慶應・明治・法政・立教。ちなみに息子が所属していたのは六大学理工硬式リーグ。理工系学生の硬式野球のリーグです。理工学部じゃなくても入れる。息子は政治経済学部で文系。

ついでに例の神宮が本拠地の東京六大学野球、息子所属する六大学理工リーグともども息子の時代は息子在籍していた早稲田大学が優勝しました。ははは(*^_^*)

そう、わたしだって知っている。六大学というかこのような大学生の中には普通の音大生顔負けのピアノが上手な子がいるのだ。脳科学からみてピアノの学習というのは大変脳の訓練にいいそうなのだ。


この本はわたしも持っている。興味のある人は読んでみてください。ピアノを弾くことで脳力がアップすることがわかるそうです。

またこのパンフレットによるとピアノを続けると英語力がUpする。ということ、、。だが、じゃあなんでわたしこんなに英語出来ないんだ?それは、勉強が足りなかっただけで本来の知力はUpしたはずさ!(^^)!とも思えないのだ。何故なら外国語へのセンスという物がそもそもわたしはよくない。

だが、あの息子は小学生の低学年でとっととピアノは投げ出し、子供バットと小学生用グローブ、小学生向け軟式球を携えて、近所の小学生野球OKの公園グラウンドに放課後は出かけて行っていたのだ。

その息子の方が英語ははるかに出来る。ヤツはAO入試だったので自己申告と英語と論文、面接で入学OKとなったのだ。つまり、英語以外で点を稼いだということはあんまり考えられない。それも、グラマーやリーダーが出来る。ってだけじゃなく英語圏にだったら旅行しても困らないくらいは話せるし、聞き取れる。

ピアノが脳力向上するというのは、本当ではあろうが盲信は禁物と思う。

でだ!ピアノはなるべく長く続けて欲しいものだ。というのがこのパンフレットの主張なのだが、実はわたし、うちの教室のピアノレッスンのポリシー変革しようかと考えていたのだ。

その一端は楽しいスタジオジブリやディズニー音楽を弾こう。を縮小して、スケール、アルペジオの基礎練習を怠りなくして、曲はストリーボックやエルメンライヒ、もしくはシューマンの子供のための曲集を主にする。

それで、スケールや紡ぎ歌、なんかはつまらないからイヤだ。って、辞めちゃうなら仕方ない。と、ハラくくったとこだったのだが、、。

それについてはまたあらためて、記事にいたします。

BEE音楽スクール