ピアノ磨き法

本日は年に2回のピアノの調律。調律するには2時間ばかり時間がかかる。ついでに金もかかる。だが、どことなく弦が緩んでる。もしくは音が変。これを今日は調整してもらう。

そしてそれ以前に前々から行いたいと考えていたのはピアノを磨くヽ(*´∀`)ノ

うちはリビングにピアノが置いてある。そしてこの家を建設した時に開放感を出すために、1日にはトイレと物入れ以外はドアというものが存在していない。

台所も暖簾ようの布で目隠ししてあるだけ、したがって独立した音楽室は持っていない。話それるけど、だから出来たら職住分離してこの家はスタジオ、煮炊きしたり寝起きするねぐらは別に持っていたい(≧∇≦)b

だが今は現状でやってくしかない。借りに音楽室意外の用途で家を使わないにしても、ピアノは汚れる。これはわかりきった話で、人間が出入りする。ということは必ず汚れが付くのだ。

楽器は柔らかい布でサーーーッと拭くだけにしましょ。なんて、戯言はアテにせぬように。柔らかい布でサーーーッと拭くだけにしといたら、それはわたしは楽でいいが、うちのピアノは原型通りの固まったほこりで覆い尽くされるであろうガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

この汚れを落とすには特殊なブツも技術もいらない((;^ω^)イラナイ

ピアノ磨きグッズの数々。

このように、どこの家庭にも普通は常備している掃除用具で行います。

まずは化学雑巾で表面のホコリを払う。それだけじゃしつこいうちのピアノの汚れは落ないので、少量の水を含ませたスポンジに食器洗い洗剤を適量付ける。あまり大量にくっつけると後で拭き取るのが大作業になるので、適当でいい。

最近の台所洗剤は性能がいいので少量でもしつこい汚れ落としてくれる。この中性洗剤入のスポンジでピアノの表面を油汚れの皿を洗うが如くこすっていく。たちまちスポンジはピアノが吸取った汚れを吸着してくれる。

次、浴室や洗面所でゴワゴワになって雑巾に降格した布をこれまた固くしぼって、ピアノ表面についた泡.。o○ ○o。.を拭いていく。再度、ピアノ表面に浮き上がった汚れが大量に取れる。

このままだと、湿度でピアノがやられるかもしれないので、乾いた雑巾で水分を拭き取る。

これで、ピアノは新品同様とまではいかないが手入れされたピカピカのピアノに生まれ変わる。

仕上げはピアノポリッシュで今度こそ柔らかい布で拭くのだが、、( ゚д゚ )ピアノポリッシュ切らせていた。


このような液体で、ピアノを拭いて美しいピアノに再度蘇らせます。買わなければならない。

ちなみに楽天でなくても、ヤマハでもカワイでも楽器店ならば普通は売ってます。

だが、このようにうちのピアノが埃っぽいのはピアノの上に楽譜や手帖を乗せすぎるためかと思われるので、この調律をきっかけに整理整頓と日々の掃除をこころがけるようにして、ピアノとピアノ周りは美しく保って汚れが堆積する前に手をうつことにしよう。

今日はピアノの調律

本日ピアノのレッスンはお休み。
レッスンなき日を狙ってピアノを調律する。

もちろんわたしはピアノを弾くことは出来ても調律はできないのでピアノの調律師さんに来てもらう。
うちのピアノの調律は年に2回、5月と11月に行う。

このところピアノのコンデションはとっても悪かった。
感心にわたしのピアノは金属製のものをピアノの近くに置かなければ唸りは出ない。

ついでにわたしが最初に弾いていたアップライトピアノは気が向くとやたら唸った。
アコースティックピアノは個体差が大きい。

唸らぬ感心なピアノなのだが、場所によっては鍵盤が無闇と重く感じるようになった。
これは本当に重いんじゃなくて動きが悪い。ジョイントがくたびれてるに違いない。
触った感じで弦が緩んできている。

細かいパッセージ弾くとガコガコという感じで指じゃなくて鍵盤の方が動いてくれない。
これって単にわたしが下手だから??

ともあれ、今日の調律でどこまで蘇るか?ピアノよ蘇っておくれ新たなピアノを購入するのは今のところ苦しすぎる。




ピアノの中身検めてみたところ、、。やはりハンマーの摩耗は始まっていて中音域から高音域の3本弦のあたりはくっきりと3本線がついていた。
ジョイントのところの摩耗も始まっているとかだが、この程度はなんとか調整が効く。

もしかしたら、わたしがここ数ヶ月マトモに弾くようになったこともコンデション悪化の原因になったんじゃあ?って、そりゃそうですよ。
長年鍛えた指なんですからね。

場合によっては調律を年3回にした方がいいかもしれない。
そして湿度が何よりコンデション悪化に拍車を掛けているのでピアノの下に設置する電熱装置を薦められた。
湿度が50%超になると電気で乾燥させて、50%に戻ると自動的に停止する。

家の除湿に努めてそれでもガタついたら考えよう。
ちなみにお値段は2万円、それならどうにかなりそう。

今日に調律は約1時間半で終了。
調律代は18900円。

ピアノは元気に生き返った。
朝に比べると鍵盤がとても軽く感じる。

いくつかの音が唸らないまでも、機嫌の悪い音になるのが今はクリアは澄み渡った音にバージョンアップした。
弦の緩みはもちろんオールクリア。
これで今日昼間から、気分良くピアノの練習に精出そう。

ついでに、今回は鍵盤下に落ちた鉛筆は1本もなし。
多い時は5本くらいの鉛筆を救出するのですが、、。
小さなクリップが1個出てきた。

当分はこのピアノをもたせよう。