パワーハラスメント

9月の末わたしは山手の丘にそびえ立つ横浜市所有の洋館イギリス館でピアノを弾く予定がある。

わたしが5人のお仲間を集められないため、わたし及びわたしの教室は横浜市所有の会館を使用することは出来ない。
これだけだって、そうとう酷い仕打ちに思える。

でもなんで、今回はイギリス館に潜り込む事が出来たかって言うと、それはわたしが主催者じゃなく、わたしが所属している研究会が行うイベントであるためだからだ。

だったらそこから名義貸してもらって、横浜市の会館借りりゃいいじゃないか?
とも、思われるでしょうが、そういうわけにもいかない。

コトはそう単純でもないらしいのだ。

この5人のお仲間を集めなさい。の、横浜市の決定についてはお上の決めたことは仕方ないさ。
5人くらいのお仲間すぐに集まるときは集まる。
その日が来るまでは県立、民間のホールを借りてコンサートは行えば良い。

そう気を取り直してレッスン及びピアノの練習に励んでいたわたしであった。

だが、今年9月の会館予約及び、会食のためのレストラン予約はわたしの役割となった。

わたしがこの研究会で役に立つ特技を持っているのは(ピアノではない。ピアノは全員が弾ける。)それはわたしがiPadを所有していて更にパソコンが使えること。

ネット上で簡単に予約が出来る。ははは(*^_^*)
ここの研究会はわたしより年嵩の婦人が多いため、デジタル化には特化していない。

まぁ、それは良い。良くないのは、わたしは予約確定した翌日イギリス館に出向いて(更に言えばわたしが1番イギリス館に家が近い。)支払い、そして利用許可証をもらい受けるはずであった。

ところが、イギリス館の人はわたしが主催者ではないため、許可証は主催者が表れた時に渡す。
と、申すので領収書だけもらって、港の見える丘公園を見物して帰ってきた。

そして「イギリス館、取得いたしました。」の事務報告をボスにした。





それが4月。

その後、はまっ子カードという市の会館を借りられる証書みたいなカードと、申し込み方法の一覧の書類を次の係の者に送れのお達しが来たので郵送。

レストランは予約したのでこれでわたしのミッションは終了したはずだった。

ところが!だ!それでは終わらなかった(;。;)
8月の末に利用許可証を送ってくれ。と、言われてあのはまっ子カードの入った封筒になかったか?
金は払った。(700円だけど)

ない。と、言われわたし、わたしの事務机の中を探す。
半日探したが発見されず。

あるわけないじゃないか?
横浜市の者がわたしが主催者でないことが気にくわない。という理由でくれなかったのだから、、。

わたし、このあたりでいい加減横浜市から嫌がらせ受けている気分となる。

その次、吉野町市民プラザから9月の吉野町市民プラザの催し物のお知らせのチラシが一抱え届く。
うちの会館の事を市民に広く知ってもらいたい。との動機で、ピアノ教室を主宰するわたしのところに毎月届く、もちろん送ってもらってよろし。というわたしの許可のもと送ってくるのだが、、。

あのな。わたしは市の方針によりお宅の会館だって使わせてもらえないんだぜ。
それで広報の役割だけはしてるのかよ?!

もーーっ!!パワハラじゃないか?!って、叫ぶわたしだが、わたしが横浜市相手に訴え起こして記者会見開くワケにはいかず。
じゃ、深く傷ついたかというとそこまでわたしはヤワでもウブでもないのだけれど、、。

弊害は、なんだかこの嫌がらせされてる気分でピアノ練習する気が失せ。
本来、ショパンエチュードとチャイコフスキーの四季寸時惜しんで練習しなきゃならぬところを、さてピアノ弾こう。
という場面でラジオ体操ばかりを最近は弾いている。

パワーハラスメントというのはやる気を奪うものなのだ。

まだわたしはいい。イギリス館でピアノ弾かないで聞き役に回ったって誰も少しも困らない。
発表会だって講師演奏は絶対のものではない。

でも、やる気奪って人生変わっちゃう場面だって往々にしてあるのだ。
パワハラは良くない。嫌がらせと叱咤激励は全くの別物だ。

おかげさまでラジオ体操は最近上手に弾けるようなったので、竹之丸地区センターでも借りて(ここならいくらでも貸してくれる。)スタジオラッキーキャットのピアノ伴奏のラジオ体操。
でも企画しようか?





1年生の壁

今現在、わたしのウェブサイトはリニューアル(計画)中。
業者に頼んで、生徒大募集の一大プロジェクトを計画しているのではなく、その逆。
いくらかの空きはありますので、その時間帯を希望される方はそれでよろしければ体験レッスン行います。

このノリに変えようと思う。
もう、そりゃ凄い100人も生徒が集まったのか?(なわけないわ。)
猫の壁にぶち当たってそうそうはレッスンの時間がとれなくなったのだ。
猫の壁とは、わたしが猫ボランティアのリーダーとなって1000匹もの猫の世話を焼くことにした。

とか、じゃなく。
単にうちの飼い猫が病気をし、週に3回の動物病院通いをしている。
朝1番で動物病院に乗り込むのだが、こうなると午前のレッスンは絶望的となる。
それでもレッスン続行しようというのならば、猫シッターを雇って猫病院通いを丸投げしてしまうことだが、残念音楽教室は猫シッター雇うほどは儲からない。

ほんとに100人も生徒集めないかぎりわたしが猫病院通いする方が、経済効果はマシ。
今回は猫問題だが、デジャブの如くこれと似た状況があったな。

そう、それは息子がめでたく小学校入学を果たした時、今息子は31歳なのでざっと25年前。

それまでは息子は保育園に通っていた。
保育園がいいか幼稚園がいいかはそれはなんとも言えないところで、中には保育園なんかに入れるとバカになって小学校で早くも落ちこぼれて登校拒否児になる。
とまで過激な発言をする方もおりましたが、わたしはわたし的には経験値から幼稚園が大嫌いだったので、1番近くの公立保育園が年中組から空きがあって入れてくれたので保育園にいたしました。

結果、あまりバカになったとは思えません。
登校拒否児にもなりませんでした。それどころか、わたしの母が亡くなった時も高校を休みたがらず、骨折して治療受けてる時も遅刻して登校する。
と、言い張りまわりの者たちが「休ませたらいいじゃない!」っても本人が行く。というもの行かせりゃいいでしょ。
登校拒否とは逆で、休校拒否児とでも言うのでしょうか。

大学だっていちおう私大文系最難関です。
保育園で悪かったな💢

現在は新聞記者でうちでは1番の高給取りに成長してくれました。
保育園で悪いか(* ̄m ̄)💢

その、保育園、幼稚園に関する論争及び偏見については置いといて、保育園というのは働こう、個人事業を立ち上げよう。
という母親にとっては、大変有難いものでした。

では、わたし借金してヤマハからアビテックスという防音室を購入して、さてこれからはピアノ頑張って、生徒募集も盛大にいたしましょう。
そう、息子が保育園に通っている間は順調に事が運んだ。





暗雲が立ちこめるようになったのは、卒園近く。もー、保育園は卒園しても3月31日までは子供預かってくれます。なんてありがたいんでしょう。

わたし、では次は学童保育、どこがいいかな?何処に申し込めばいいのかな?
が、大挫折。
息子曰く「学童保育はイヤだ。」
そうか、わたしだって幼稚園がイヤだったけど義務教育でもないのにうちの親は幼稚園止めさせてくれなかったな。

あんなにイヤな幼稚園やめたってバチ当たらなかった。と、思うがねー。
なぜか子供同士での情報網で息子は学童保育について知っていた。

わたしも学童保育について調べたのだが、どうもその当時の学童保育は学校帰りの小学生がマンションの1室でおとなしく宿題をしたりおうち遊びをするようなタイプ。
当然体育会系の息子に合うとは思えませんでした。

わたしは息子の欲求にしたがって学童保育には行かせなかった。その結果。
40人から50人前後、場合によってはピアノ以外の科も併設して行こうか。

という目論見は全くもってハズレ、教室のゴールデンタイムには息子が帰宅する。
そうなると教室のキャパはせいぜい20人止まり、もう教室やめて朝9時から午後2時くらいまでのパートに行ったほうが良くないか?

ただ、これもうちの場合のことで学童保育や保育園のお世話にならなくても幼児、学齢期の子供抱えて50人以上の生徒のレッスン受け持っている指導者もおられるので、かならずや小学校の壁にぶち当たるわけでもない。

うちはわたし、息子の組み合わせの性格からネを上げた。

時は移り、現代。
なんとまぁ、息子が理想としたような学童保育が行われている。
キッズ。という名称でかつては学童保育は小学校4年までだったのが今は6年生まで、小学校にそのまま残ってキッズの指導員が指導に当たり学校の設備は使える。

あんな学童保育ならば入ったか?
と、今や大男に成長した息子に尋ねたら、入りたかった。って、「だってどうせ、帰宅してからまた学校に行って遊んでたんだもん。」だそうだ。

そのまま学校に残ってた方が合理的だったそうだ。

なので、今現在はキッズに在籍する生徒は学童保育からピアノのレッスンに通ってきている。

今ならば、小学校の壁に阻まれずにすんだのであろう。

だが、今は猫の壁に阻まれている。

猫の壁も猫が病気になる前に50人もの生徒が集まっていれば猫の病院通いを外注してしまうことも出来たんだろうけれど。

今の状態では猫世話要員はわたししかいないのだ。

だが、募集サイトは作ってしまったので、、。
リニューアルして発表会の名曲を発信するサイトにでもしようかと思ってる。

ですが!♪今でも午後と夜(小さい子いるわけでもない♪)の時間帯ならばまだ空きありますので募集打ち切っちゃったワケではありません。





反省会

本日はなんとかしつこい腰痛が収まったので、反省会をおこなう。
では、教室を会議室として皆様にお集まり頂いて、、。
というようなことは一切ない。

反省はわたしひとりで行う。

これが、冬の発表会だと一通り生徒さんその保護者の方々のご意見を伺って改善点を探すのだが、夏の場合もうそろそろ帰省や旅行その他で教室に生徒が姿を現さなくなる時期となる。

更に今回の反省点ははっきりしているのでその検証を本日行なうことにした。

今回の反省点はそれは会場選びの失敗。それに尽きる。
桜木町のカワイホールが悪いわけじゃない。
ホールそのものは良かった。
だが、会場の許容量に対してうちの出演者と観客が多すぎたのだ!

下見のとき、客が入ってない状態で会場を視察する。
カワイホールもそのときは広く感じた。
それにわたしが去年の夏を想定して出演者10人以内くらいを考えていたのだ。

なので、去年の資料をこの崩壊寸前のQosmioから取り出し検証を行う。

去年の夏は、日時2017年7月26日水曜日午前、場所はあかいくつ劇場。
つまり去年はもう公立小学校が夏休みに入っていて平日だった。

更に去年よりうちの教室は生徒が増えた。成人の生徒の増加率は横ばいだが幼児、児童の生徒が増加したのだ。

そしてなにより(ここが1番肝心)去年は出演者9人わたし入れても10人。今年は16人。
このノリでやるのならばカワイホールはうってつけだったのだ。

夏休みに入った時期の平日だったため、当然帰省や旅行、はたまたうちの教室の発表会より優先順位の高いイベント参加が見込まれている生徒は不参加。

平日だったので観客もまばら。
カワイホールの客席数は50、あかいくつ劇場は147。

そうです。
去年の発表会こそカワイホールで行えば良かったのです。





今年の冬の発表会はあかいくつ劇場、ここは去年客席がガラガラながらもとても評判は良かった。
わたし的には、セミコンサートグランドでなく、フルコンサートグランドで冬の発表会は行いたいのだが、この劇場のピアノは(イギリス館のピアノより)好きだ。
横浜市に振られてしまった以上は贅沢は言えない。

それでは、夏あかいくつ劇場で発表会を開催し冬はみなとみらいホールはどうか?と、言ってもね。
抽選があるので必ず取れるという確約はない。

ついでに去年の夏の発表会の天候は雨、7月26日にも関わらずとても涼しかったのをよく覚えている。
今年は晴れ、横浜市の最高気温は34°。

天候ばかりはどうにもなりません。





富士通のノートパソコン

昨日、とうとう富士通にノートパソコンを注文した。
わたしのQosmioは最近気まぐれにひどい作動不安定に陥る。
2011年モデルだからそろそろ寿命に違いないのだ。(ピアノは平成7年の選定だわよ!えらいわ(#^.^#))

その平成7年の頃なんてパソコンうちも知り合いの教室もみんな導入してなかったんだから、Qosmioがご臨終あそばしたら当面デジタル機器アテにしないでやってったらどうよ。
て言われることあるんですけれどね。
未だに家電だけで教室運営している方はおりますね。

だが、1度使い始めてしまうとこの手のデジタルものとおさらばするのは難しい。
そもそも、様々な連絡手段はもはや家電話ではなくメールで行うことが多い。

パソコン壊れたからメールのやり取りはヤメにします。ついでにぼちぼちガラケー全廃でスマホにせい!というおふれが出そうなので携帯電話もやめにします。
ったら、唖然とされるだろう。
お知らせはみんな手書きにしてコンビニで人数分コピーするのか?
わたしなんかその前に手書きにするならペン習字教室に通わなきゃなんない。

パソコンが普及してなかった頃を思い出すんだ!
と、思って思い出したけど。

その昔、パソコン、ワープロなんてカゲもなく和文タイプは主に会社で使うもので学校では普通使わなかった頃。
どうしてたかっていうと、ガリ版を使ってなのよ!

まずガリ版用の蝋紙を使う(今時の者は皆知らぬとみえて変換しない。)そこに鉄筆でガリを切る。
つまり蝋を引いた紙に鉄筆で文字を書いて行くのだ。
出来上がったらそれを専用台に乗せてインクの着いたローラーで1枚ずつ、ワラ半紙と言われた安物紙に刷り込んで行く。

かつての学校はそのようにして、生徒向けあるいは教職員たちのための文書を作成していたのだ。
今時ガリ版なんてどこの学校も装備してないだろう。
今日生徒が来たら聞いてみよう。




それに、わたしはここのウェブサイトも大幅更新したいのだ。
なんとなくサイトが時代遅れで(なんと移り変わりの速いこと)ダサくなってきた。
それならばまだいい。

良くないのは、サイトが未だにうちの教室は生徒大募集中です!の、ノリになっていることだ。
今だって募集やめたわけではないが、サイトを立ち上げたとき程の大募集はしていない。
空いている時間帯は刻一刻と!?減少している。
そのことも告知しなければならない。

だったらQusmioが生きてるうちに急いでやったら?
と、思いやる気出したら突然、更新するからしばらく待てと、言われる。

生意気にマシンも年取ると動きが緩慢かつ骨惜しみするようになる。
わたしのほうはそこまでは年取ってないので、いい加減にしろ!老いぼれマシンのお守り日がな一日してるほど暇じゃないわ!

と、別口の仕事し始めるのでいつまで経ってもラチがあかない。

感心になんとかこのブログは更新出来るのだが、今日はこれから夏の発表会のプログラムと歌詞カードを全て作り終えたい。
本当は何日か前に思い立ったのだが、その時はプリンタのインクが切れた。
これは楽天に注文したら昨日来た。

その期待される新たな富士通ノートパソコンがやってくるのは7月26日。
この日はわたしは教室は休みで朝に歯医者に行く。
もー、遊びに行かないで1日来るの待ってるからね。

そして、ここからがシリアスな話。
ヤマハやカワイあるいは楽天で購入した楽譜やノート、シールに鉛筆、発表会の会場費やその時の記念品代や花代は月の経費として計上するが、パソコンの計上の仕方はシステムがちと違う。

一人前にパソコンはうちの教室の資産とみなすので、係りは減価償却費として落とす。
耐用年数は5年。つまりは5年に分割して経費を計上する。
椅子やキャビネットは耐用年数は8年なので、家具より短い年数だ。

7月26日新しいパソコンがやってきたらしっかり領収書保管して確定申告の時期に5年分割して経費として落とそう。
それから青色申告会に連絡して一緒に注文したQosmioからLIFEBOOKにデータを移管させるソフトとケーブルは一緒に減価償却するのか別口の経費となるのか聞いてみよう。

早く新しいパソコン来てくれ!





ノートパソコン

毎年七夕用の笹を調達している空き地がとうとう宅地化されることになり、わたしは来年よりの七夕用の笹の供給源を失った(´;ω;`)
建築の許可が下りたらしく、長らくあの空き地を所有していた地主さんは建設業者に売り飛ばした(というウワサ)

今年は辛うじて残った笹を頂いきて七夕飾りを作り、わたしは短冊に「車とノートパソコンがほしい」と書いた。
正確には欲しい。ではなく必要なので買わなければならない。

車は猫の動物病院搬送と大物を買い付ける場合に必要でこっちはプライベートな必需品。
だがノートパソコンは教室を運営していく上で「情報収集も必要かと思って(#^.^#)」みたいなぬるい必然性ではなく、教室存続に関わる重要な備品なのだ!

生徒へのお知らせや1年間の稼働状況のカレンダー作り、年に2回の発表会のプログラム作り。
夏の発表会のプログラムは昨日作成してほぼプリントアウトを済ませた。

それらの文書を彩るためにイラストボックスからピアノ教室に相応しい、あるいは季節感のあるイラストを頂く。

はたまた、わたしのウェブサイトを更新しなきならない。
このサイト作ったときほど今は盛大な生徒募集は行ってない。

とりわけ、多くの新入会希望の生徒さんの都合の良い時間帯16時の空きが日曜日しかない。
そのことも明記して、何となくサイト全体がダサくなってきたので発表会が終わり次第リニューアルしたい。

ドリウィに働いてもらおう。

それにパソコンが作動しなくなったらこのブログだって書けないよ。



わたしのパソコンは2011年春モデル東芝製。
最近は作動が不安定になってきてコワい( ╬◣ 益◢)y━・~

パソコンからお化けm(-_-m)~ ウラメシヤー出るのかよ。
って問題じゃない。
そんなのが出るほうが怖くない。
突然作動しなくなるのが怖いのだ。

PCデポに相談したってバカ高い治療費(修理代)かかった上に何日もパソコンは使えず「そろそろ買い換えたほうがいいですぜ。」
て、言われるような気がする。

うーーん、言われなくても買い替えなくては、、。
買い替え前にパソコンがご臨終あそばしたらどうやって増殖したデータ拾い集めればいいんだ(´;ω;`)
ノートンに言われてストレージ(ストレージって何なんだよ?)買ってデータバックアップしてもらってるけど、わたしにはそのデータを払い戻す?!方法がわからない。

ノートンに連絡してそちらに預けたデータ払い戻してください。って、言えばいいんだろうけれど。それはそれで1日がかりの大作業になりそうな気がする。

かくの如く、とてもとても働き者かつ役立つデジタル機器ではあるが、それのかかりはわたしの音楽教室というささやかな個人事業の経費を圧迫してくれる。

そして次はコンパクトでどこにでも移動させて作業が出来るノートパソコンが欲しい。
2011年春モデルのデスクトップだってWindows98の頃のタワー型に比べりゃ軽量、薄型にはなっているがわたし的にはデカすぎる。

ピアノに比べりゃ安い。と、かつてはほくそ笑んだのだが、こうも買い換えなきゃ間に合わないんじゃ安いとはいえない。
400万超したってピアノは100年もつのだ。
最近の人間と一緒だ。

昔は人間は50年しかもたなかったものの、ピアノ並に100年持つようになった。
猫だって昔は10年しかもたなかったのが、20年もつようになったのだからパソコンだって20年とは言わないが15年はもってくれよ。

わたしのピアノは平成7年の選定。
いくらか劣化はしているが、あと50年は本当はもつ。うまくすれば70年くらいはもつ。

ピアノを買い換えたいのはわたしの欲目から、1ランク上のピアノが欲しくなったからで持たせようと思えばわたしの生涯いっぱいはもつ。

夏の発表会が終わったらノートパソコンを手に入れて、多分1日がかりでデータの入れ替えをして早速サイトリニューアルと生徒さんたちへの夏休みのお知らせと冬の発表会への参加を呼びかけるドキュメントを作成しよう。