繁盛するピアノ教室~グループレッスン

わたくし事ですが、このたびわたしは風邪ひいた。熱が出るくらいの風邪ひいた。わたしのような頑健なものが熱が出るくらいの風邪をひくのはそれは(医者が言うには)働き過ぎじゃあないか?って、そうかでは今年はポスティングやめるので、、。

だが、わたし働き過ぎるほど働いてるか?いやひょっとすると働いてるのかもしれないけれど、それに対する対価があまりにも少ないのだ。この倍働かなきゃ家族を養うくらいの稼ぎにはならない。もうちょっとで経済的自立ができる。くらい。

そこでまずは真っ先に思い出したのは息子のこと。息子の身をあんじてるとかそんな問題じゃない。息子はかつて進学塾の講師を務めていたのだ。稼働時間はわたしと同じくらい。でも、ヤツは雇われ講師であったにも関わらず、(給与明細見せてもらったんじゃないけど。)おそらくはわたしよりずっと稼ぎは良かった。

そんなの変じゃない!とは思わない。ピアノ教室と進学塾では顧客満足度が違う。ピアノを習う目的は?がどっちかというと曖昧模糊としていて、教養の一環として、あるいは子供がピアノを習いたい。情操教育のため、女の子にはピアノくらいは習わせてやる、ものだ。

だが、進学塾はシビアだ。この学校を受験して当然合格したい。目的意識が超はっきりしてる。面倒見も進学塾はいい。夜の10時くらいまで自習室は開放して自主勉強に励めるような設備になっている。これはいいな。と思う。ピアノもレッスンが終わったあと、レッスン室とは別に練習室設けてそこで、今日注意されたこと、もう少し練習すれば合格点になるところ、新しくレッスンする曲を30分から1時間くらい練習すればずいぶん効果的だと思うのだが、今のうちの設備ではムリ。

そしてなにより、ピアノレッスンは1対1。生徒が増えれば時間が取られる。だが、塾の類いはワンレッスンで生徒を何人も入れるため、ひとりふたり生徒が増えても稼働時間は変わらないのだ。

つまり効率がいい。ピアノというのは超効率悪い教授方法なのだ。

それじゃ、効率よくするにはどうしたらいいか?グループレッスンすればいい。こんなの新提案でもなんでもなく、某ヤマハでも某カワイでも大会社の参加の音楽教室はどこでもやってることで、それぞれに盛況です。

更にこの大手のグループレッスンいいものらしく、どこそこのヤマハが撤退したのカワイが教室やめたの。って、グループからの離脱図ろうとして、うちに問い合わせてくる人はいるのですが、たいていは別の場所の同じ系列のグループレッスンに戻って行きます。

だが、ここで問題点はあれは大会社だからグループレッスン用の設備なんざ朝に夕に簡単に整備できるから出来るのであって、個人で出来るモノか?

その疑問に答えるべく、わたしが参加したある講習会ではやはり街のフツーのピアノの先生でもグループレッスンは出来る。曖昧模糊な目的意識で通ってくる生徒が多い場合はそのほうがレッスンじたいも面白い。

本当かいな?

だが、長い年月の間、わたしもミニグループレッスンはやったことあります。そもそも、わたしが用いるバスティンメソードは小さい子供向けだと個人、グループどちらでも使い勝手いいように編纂されているのです。

ピアノを弾くことそのもののレッスンはひとりひとり見るモノの、ソルフェージュ、楽典、リトミックはグループでレッスンした方が圧倒的に効率はいい。アンサンブルも出来る。

今はうちはグループでのレッスンは行ってないけれど、グループレッスンを推し進めるのは設備よりなにより営業力が必要かと思う。つまりは1時間に4.5人の生徒を集めるにはなにより、グループレッスンの利点を説明して入会希望者を説得することだ。

子供の生徒は複数人数になるとふざけたり遊んだりしてしまうので、それを叱って泣かせたりしないで指導の方向に持って行くとか、クラスのばらつきが出てしまうのはどう収拾するか?とか、指導案の作成の苦労とか。以前に、グループ結成できるほど生徒集めるの大変だと思う。

だが、今までは子供の生徒のことばかり考えてきたが、大人それも時間の余裕のあるシニア世代のグループレッスンってどうだろう?

「仲良しのお友達同士で、音楽のレッスンしませんか?」みたいなコピーを作って、生徒募集をする。チラシを配る場所は町内会館の老人クラブ。シニア世代の方々が大勢集う、公園のゲートボール場で門配ならぬ公園配を行う。

シニアのためのグループレッスンならば、レッスン修了後はお茶とお菓子を出して談笑タイムを設けた方がいいかしら?繁盛したら次のレッスンが控えているので、お茶とお菓子の談笑は別室で行った方がいいだろう。

教室名はスタジオラッキーキャットのシニアミュージックサロン(#^.^#)

2019年確定申告の受難

日石横浜ホールでの確定申告は2月18日に始まる。なので18日わたしは作成した確定申告書携えてみなとみらいへと向かう。

だがその前にやらなきゃならぬ仕事がある。掃除しなきゃ!それは家事だろうが?ではない。これだって仕事だ。家を職場にするってことはそういうことだ。それに折角の晴天洗濯もしよう。これは家事だ。

受付開始は8時30分ながらわたしは一仕事+家事を済ませて11時頃桜木町へ向かう。良く出来ましたシールが残り少なくなったのでカワイに先立ち寄って出席、出来ましたシールを確保しよう。

そうしたら、朝10時から営業している筈のカワイがバカに暗く人気がない。なんだよ!潰れたんじゃないだろうな?そしたら、月曜定休って札がかかってた。もーー、何だよ!ざけんなよ(T-T)この時点で悪い予感。

仕方あるまい。マークイズの島村楽器ならやってるであろう。出席シールくらい売ってるだろう。

わたし、日石横浜ホールへ向かう。さぁ、今年もちゃっちゃと確定申告書を済ませるのだ。だが、うーむー、昼前のみなとみらい地区なんと遊びに来てる人の多いこと。良いか。わたしは遊びに来たのではない。ついでにランドマークプラザあたりで遊んでやろうという下心はあるが、確定申告書は仕事なのだ。

近代的で美しい日石横浜ホールに入り込むと早速、警備員のおじさんが確定申告ですか?って声かけてくれる。フフフ、そうよ。それらしく見えないかも知れないけど、わたしは音楽教室主催者なのよ。

わたしは動く歩道伝って2階側から入ってるので、エスカレーターで1階へどうぞ。って言われる。だが(゚◇゚)ガーン(T-T)なんでこんなに人が多いの?このあたりの個人事業主ってこんなに大勢いるのか?そりゃ、いるだろうけど、この時期に確定申告に来てこんなに混んでる事なんてなかったよ。

わたし、これは何かわたしには知られたくない秘密があるに違いない。と、思い、税務署員と思われる交通整理係に詰め寄る。「なんでこんなに混んでるの?」そしたら、人が大勢来たから。とのこと、まぁ、それはわかってる。

だが、どれくらい待たなきゃ順番は回ってこないか?「1時間はかかります。」なんだと(゚◇゚)ガーンそりゃダメだ。待ってたら最初の生徒がやってきてしまう。今日のところは島村楽器に行って、買い物して引き上げよう。明日はもっと早く来ればきっとすいているであろう。

翌19日、ランドマークプラザの営業時間には遠いがしかたあるまい。朝8時半に家を出て9時前にはみなとみらいに到着する。今日は遊びに来てる人々が多いのと打って変わって、勤め人と思われる人の多いこと!それはそうだわ。雇用されてる人のほうがきっと多いのだ。

そしてなんと、19日の朝は申告待ちの人より、税務署で申告受付人の方がおおい。ははは(*^_^*)そでなきゃいけない。そのために早々と確定申告にくるのだから。ちゃんと税金払うからな。ありがたいと思ってくれ。

親切にも4月22日に所得税落ちますよ。の緑の書類をくれる。

そしてだ!なんとまぁ、来年から日石横浜ホールでの受け付けはいたしません。て。ああ、確定申告の受難。みなとみらいに来るのが楽しみでわたしe-Taxにも郵送にもしないで提出にくるのよ。いーえ、わたしひとりじゃあるまい。11時過ぎにあんなに確定申告に来る人がおおいのは、みなとみらいに来るの楽しみにしている個人事業主がいるからに違いないのだ。

e-Taxで申告せい!って、書類までもらったけど、、、。来年は税務署に出向くのか?人形の家の裏手に税務署はある。来年の確定申告時は山下公園でも散策するか。って、2月だよ。だったら確定申告来年は5月にしてよ。

多分税務署の思惑は、郵送かe-tax推奨なんだろうけど。そうはいくか。わたしは来年も確定申告書類携えて提出に行く。何、以前は人形の家の裏手の税務署に確定申告に来ていた。あの頃は人形の家には小次郎という猫が看板猫を務めていた。

小次郎引退して普通の家猫になったそう。

来年は、確定申告済ませたら山下公園はとにかく元町商店街で買い物でもしよう。受難ながらも今年も確定申告いたしました。

繁盛しないピアノ教室 副業編

かつてピアノの先生は女性の花形職業とも言われたことがあったのだ。今となっては遠い昔の物語。どこがどんな風に花形なのさ!と、思うが世の中が今とは違っただけだ。

ひとつはピアノの先生が手不足だった。だがら、黙っててもピアノ教えてください。って言ってやってくる人が大勢いた。

なのでピアノ教室というモノは、ウェブサイトだ看板だビラ配りだ。なんぞという品のないことしなくても大繁盛したのだ。

そして、これまた不思議でたまらない事象があったのだ。女性が働くのが当たり前の今時と違って、女が働くそれも既婚女性が働くというのは恥ずかしいことで妻の就業を禁止する。という掟のある会社だって多々あった。

その中にあって何故かピアノの先生は(お茶の師匠やお琴の先生でも同じだったんだろうけど。)働いているうちに入らなかったらしいのだ。雇用されてなきゃ良かったのか?その辺の事情はわたし自身がその社会事情の頃の下の世代なのでよく分からない。

大体そんな時代「お月謝は?」って言うと「いくらでも結構です。」ってノリでそれでいてそれじゃ、ほんのちょっと持ってくりゃいいんだろうラッキー(*^_^*)なんてことはなく、習いに来る皆様はお師匠様に結構な金子を置いていってくれたのだ。

つまり、こんな形態じゃ営業じゃなく100%謝礼として受け取ってるから働いてる分類にはいらなかったのか?ついでに大幅に脱税もしてたに違いないのだ。

今だって、「お小遣いくらいになればいいと思って(*^_^*)」のノリで出来る人、つまり親なり配偶者なりがいいスポンサーになってくれてる人にとっては生徒は6人か7人でいい。(1日じゃないよ。1週間単位でだ。)「それ以上は疲れちゃって。だって、家事もあるし自分のお稽古もしたいし、趣味のこともあるんだし。」

それで成り立つ人にとってはとても素敵な、ただし経済的自立は出来ない職業です。

だが、世の中は大きく変わり、今や繁盛するピアノ教室といったタイトルの本が売れていて(わたしも持っている。)どうしたらピアノ教室の生徒を集められるか。というサイトも(多分)はやっている。「お小遣いくらいになればいいと思って。」が少数派になってきた証明に違いないのだ。

ピアノ教室で経済的自立を図るためには生徒30人集める。これでまずはなんとか自立、50人で家族養えるラインにやっと届く。だが、だが黙ってても門前に入会希望者が溢れてた時代じゃあるまいし、どうやって募集するんだ!!

中にはありとあらゆる募集戦略で80人も100人も生徒集める剛の者も存在するので、ピアノ教室だけで経済的自立を図り、更に家族養うのだって全く不可能じゃない。

だが、次はリトミック教室はじめてヴァイオリン科や声楽科まで講師雇って一大音楽教室を経営すればもう、一人前の社長。

だけどこれ、出来る人と出来ない人いるだろう。(わたしは出来ない。)じゃ、音楽で身を立てるのは諦めてハローワークに行くかい?そうする人もいる。なるべく早いうちに向いてそうな職種選んで就業してしまった方がいい。って考え方もある。

だが、半端な教室を自力でなんとか維持したい場合。考えられるのは副業始めること。もっとも確実なのはたいてい音楽教室は始業が午後からなので午前はパートに行く。

ピアノを教えるだけじゃ、あまりにも所得が少ない者が多すぎるので音大卒は不良債権とまで言われる今。副業というか平行して対価が得られる仕事というのは大事なのだ。

大抵のピアノ教師は教員免許持っているので午前中は学校の講師になる。ということもアリだけど、学校の先生ってそんなに簡単になれるのか?ハードル高い気がする。

中には昼間どこかに勤めててピアノ教えるのは午後5時からに限らせていただきます。ってとこもあって、それでいて街中にその教室のビラが貼ってある。一時はわたしもそうしようか?と、考えたこともあった。

そーか!その手があったのか!!(*^_^*)ホホホ、デジタル時代ならではの音楽家のお仕事。音響データ採譜して譜面に起こしていく。って仕事。着メロ作り♪なんとブリリアントなお仕事が出来たものよ✰素晴らしいじゃないかヾ(^v^)kだけど、この手の仕事はわたしはNG。わたしは音感がない上に採譜するのが超下手。16小節分の採譜するのに1時間もかかってたら仕事にならないだろうが、、(T-T)

それに近い仕事で編曲を請け負う。作曲法学んだ人ならばうってつけじゃあないか!なに、作曲法の単位なんざなくってもセンスあれば出来る人は出来る。ついでにわたしは出来ない。わたしってなんでこう採譜下手なんでしょうね。読譜はなかなかなモンなんだけどね。初心者生徒の「朝ドラの主題歌が弾きたいの。」のリクエストならば、ピアノの腕前相応に編曲するくらいならば出来るんだけれど、編曲料いただけるほどはねー。

デジタルとは関係無いところでピアノの先生の副業で新たに脚光浴びてると思われるのはコンサルタント。音楽教室専門でどうしたら上手に教室運営が出来るか手ほどきしてくれる。(らしい)そして、コンサルタント料をいただく。これならどうよ!って、コンサルタント出来る人ならばいいじゃないか。でもわたし的には着メロより編曲よりNG。絶対コンサルタントは性格的に無理。わたしって潰し効かないんだね。

それ以外は合唱団のピアノの伴奏請け負う。とか、細くても長くやってればコンクールの審査員やる。とか、ありなのです。そして、もうピアノ教室と抱き合わせて他の習い事教室も行う。これは息子が芸能界に在籍していたときに考えました。息子を講師にして英語塾も始めようか?うちの場合これの欠点は息子はピアノを教えられずに、わたしは英語を教えられない。

この考えは現実的でわたしは大正琴教室始めること奨められたことあります。ピアノは難しいので年配者が習うには敷居が高い。大正琴なら少し練習すればそれなりに弾けるようになるので、団塊世代ターゲットに始めれば流行るに違いない。これもやってみたことがないのでわからない。

大正琴はとにかく、あまり潰しの効かないわたし。さてピアノ教室が頭打ちだったら何始めようか?わたしにピアノ以外何ができる。友達に誘われてホームページ制作の請負に参加したことはあるが、これももう時代が動いてしまった。わたしが作るのは自前のサイトで精一杯。

WordPressで自前ブログを作ろう!教室でも始めようか?

繁盛しないピアノ教室その受難

今日は13日、確定申告の受付開始は確か18日だったので、確定申告書類をちゃんと清書して提出に行かなければ、、。2月の恒例行事、確定申告。

そして春の恒例行事はポスティング。実は去年捌き切れなかったチラシがまだあるのだ。わたしの怠惰告白するみたいでカッコ悪いが、、。

そうよ!ポスティングどうしよう?春が近くなると入会の問い合わせは増える。それと同時に春は出会いの季節ではあっても別れの季節でもある。退会は春が1番多い。中学入学と同時に退会する生徒は残念ながら一定数いる。

ピアノ習うのはやはり女子が多い。少女たちは今や少年と肩を並べる高学歴時代。13歳ともなるとデビュッタントの時期が近づくので舞踏会で殿方とお話するときに「まさかピアノのレッスン受けてません。って言えないじゃないですか。」なので、下手でも嫌いでもピアノのレッスンは来たるべきデビュッタントのため、ピアノは習いに行かなきゃならない。っていう時代とは完璧に違う!!

13歳は分岐点。14歳や15歳でもう学校に通うのはやめて花嫁修業してた時代じゃない。18歳で学業は終わりは、早いほう。20歳くらいまで学生なのは当たり前、就学年数の長い学部は6年。4年のとこだって大学の上の課程まで行けば女子といえども一帯いつまで学校通いするだよ!ってくらい、エンエンと学校に行き、そのほとんどはピアノとは関係ない。

更に少女といえども少年に負けずにスポーツもする。

なので、ピアノは切り捨てる。

だから最近の子はなにやっても続かないのよ!ってのは八つ当たりってもので、続いていますぜ。もとから薬剤師の女性は多かった気がするが、最近は女性の医師、獣医師多いじゃないか。このような学部は6年、しかも内容はキビシイ。ふた昔前だったら立派な売れ残り、といわれる年齢くらいまで大学に通ってるのです。勉強、よく続いてるじゃないか!エラい。

女の子は高校まで(この考え近い昔多かったのよ。)ってポリシーで18歳で学業とは放免になる時代じゃない。その上早めに学業からは開放(*^_^*)でも普通その後はうちで花嫁修業するか?!女子といえども就職するのだ。

そのような時代背景もあって、進学、就職にたいして役にも立たず、且つ辛気くさい習い事であるピアノは中学入学と同時に切り捨て。

でだ。音楽教室経営者としては、なんとかして引き留めるよりは新規開拓したほうが合理的だ。

なので、春は新規開拓。これから、小学校に入学する子、幼稚園通っている子。社会人にだけれど、そろそろピアノ買えるくらいお給料もらってるし習ってみたい社会人。無事、大学に入学したのでまたピアノ再開したい学生。

是非、うちにピアノ習いに来てくださいね。

それじゃ、どのように開拓するか?ホームページリニューアルしてSEO対策万全にすればバンバン入会希望者からのお問い合わせメールが来るであろう。というのはあまりアテにしないほうがいい。

昨日も新規に入会希望の生徒さんを集めるシステムがあります。プレゼンに伺ってよろしいか?!って、お電話ありましたが、申し訳ありません。丁重にお断りいたしました。

ウェブサイトやインターネットが音楽教室は役に立たない、ってことはありません。役立ちますよ。ですが、うちくらいの規模の教室じゃわたしが制作するセコいサイトくらいでたくさんなのです。

ピアノのレッスンは1度に入れられるの人数はひとり。1時間半で30人も1度にレッスン受けるような形態ではないのです。グループレッスン取り入れて150人も生徒集めるつもりでいるならばとにかく、見込める生徒数×対価、せいぜい30人頑張って50人て、考えるとIT関連の会社が提示してくる広告宣伝費用は高すぎるのです。

ひとクラスに何人もいる学習塾とは一括りにはならないの承知で、何年か前進学塾の講師やってた息子に塾はどうやって生徒集めてるか知ってるか?と尋ねた。それはもう、学習塾とて黙ってたって生徒はやってこない。新聞の折り込みチラシから始まって、お友達紹介カード配り、ポスティングに何より春行うのは門配。

そう、小学校、幼稚園の入学式もしくは授業、保育のある日。登校、登園、下校時に併せてチラシを配る。そうです。そこには生徒募集中。うちの塾でお勉強すればこのような学校の入学試験受かります。このような素敵な授業を行っています。の広告文が盛りだくさん。

そりゃいいわ!そうよ。アナログをなめんなよ。ピアノ教室も塾も超地域密着型、デジタル媒体でブラジルに住む日本語読める人がアラ素敵、こんな教室に入りたいわ♪と、思ったって飛行機に乗って通ってくるわけないじゃないか。

では息子よ。日当は払うから幼稚園の門の前でチラシ配りしてくれないか?だが、うちの息子は180センチ超級の大男。それがピアノ教室のビラ配り、幼稚園の前でするのもねー。不気味がられて警察通報されるかも知れない。うーん。スポーツクラブのビラならいいかと思うがね。

なので、このようなチラシの配布は女性にしてもらうのが良いかと考えたのだが、実はこの門配はネットでの生徒集めより効果絶大名らしい。らしい、というのはまだうちの教室では実施していない。

だが、最近は供給過剰になりつつあるという歯科医師。ホントかよ!て、思ってたら歯科医院がリニューアルオープンするのに駅前で門配しておりました。同時期にミニバスケットのクラブの子供たちも学校の前で門配していた。

だが、門配の欠点はポスティングより勇気がいる。今年は勇気出してやってみようか?わたしの悩みは深い。

発表会のプログラム

7月の発表会に向けて続々と演奏曲目が決まっている。出来るだけ曲目をバッティングさせないために、希望曲がある場合は早めに決めてももらう。早い者勝ちだからだ。

わたしの教室は夏も冬も発表会のプログラムはわたしが自分で作っている。作り方はその時期とピアノの発表会に相応しいイラストを、イラストボックスから使わせていただきます。とおことわりしていただいてくる。

うちのプリンタはA4までしか入らないので、そのサイズで間にあるように調整してワードを横開きの2段の段組にする。表紙側の右の方の段組の真ん中に夏ならば「夏のピアノコンサート」のような字を入れてその下に、会場名、日時をいれる。左の裏表紙になる部分にはイラストを入れたり、隅に小さく生徒募集中といれることもあるし、昔は簡単な地図も入れた。今は地図はあまり入れない。ワケはスマホが普及したのであんまり必要がなくなったからだ。

イラストを選んで配置考える表紙作るのは楽しい作業だが、わたしが苦手なのは氏名と曲名を入れていく内容側の入力、これはオペレーターの力量が試されるところなんだろうが、順番のナンバーをふって、氏名を太字にして段を変えて曲名と作曲者名を入れる。

途中、あらあらこの曲誰が作曲したんだっけ?の膠着状態に陥る事がある。たとえばジングルベルって作曲者誰?冬になれば思い出す、のではなく冬になるとキチンと調べる。

作曲者名はとにかく、フォントサイズをいくつにするとか、どこ太字にする。そして曲名や作曲者名が長いと、改行してしまう。バックさせて元に戻すと何故か行間が空きすぎる。というアクシデントに見舞われる。

もう、ウデのいいオペレーターならばあっああっ、という間に入力しちゃう作業なんだろうけれど、ワードの機能を真面に把握していない無能オペレーターのわたしは(最近は慣れてきて焼き直しが効くようになってけど)けっこう手こずります(T-T)

それを、有隣堂で買ってきた厚手のA4用紙にキャノンMG3630でプリントアウトする。これなら、直前に「やっぱり、出られません!」「やっぱり出ます!」言われてもプログラムの対応は出来る。曲目変更されても怖くない。わたしが打ち直ししてキャノン働かせりゃいいのだ。

このように自作プログラムはメリットも多いのですが、欠点は所詮素人デザイナーに無能オペレーターの仕事、そしてA4までしか入らない安物の(だがキャノンよ重宝してますぜ。)プリンタしかない設備。クオリティの高いプログラムとはお世辞にも言い難い(T-T)

クオリティの高いプログラムを作成するのならばやはり、プロに頼むしかない。と、考えていたところ、びっくりするような事態が発生。なんと舞台のプログラム専門会社のチラシ+冊子がポスティングされていたのだ。うちの、ピアノ教室生徒募集中の看板見てポスティングしたに違いない。

だが、まぁローラー作戦というような無作為にポスティングするのと違ってずいぶん効率悪くてポスティングする相手選ばなきゃならない作業だな、と感心した。

だが、ポスティングを甘く見るな。これまた驚くほどの効果があるのだ。わたしはこの冊子保存しとくことにした。経費節減と急場の対応のため相変わらず発表会のプログラムはわたしが作る。じゃ、自分のリサイタルのポスターや(ポスターもこの会社はやってる。)プログラム作って貰うの?それは何時になるかわからないし、そもそも実現しない可能性の法が現時点では大きい。

わたしが着目したのは、チケットをクオリティの割にはずいぶん割安に作成してくれるみたいだからだ。発表会にチケット作るのか?と、わたしも思ってたが、会場によっては入場無料の音楽会でもチケット発行することを推奨するところがあるのだ。

それも同じ絵をいくつも貼り付けたのプリントアウトして切ればいいじゃない。と、わたしは以前考えた。それで名刺を作ろうと企てたのだが、まず無能オペレーターのわたしは配置が上手くいかない。なんとか、名刺の元を並べてプリントアウトして裁ち鋏で切り落としたのだけれど、裁ちばさみというのは布を切るためにあるもので、厚紙切るには適してないらしい。くたくたの名刺が出来たのよ(;。;)こんなの恥ずかしくて人に渡せるか!

なので、名刺は印刷屋さんに作ってもらいました。

なので、チケット発行するならばプロの手は必要だ。

いずれ、この冊子役に立ちそうなので今日はよく眺めて検討しようと思う。