革命のエチュード攻略編

ここ2、3日、右手の薬指、つまりのは右4の指の付け根あたりから右手首が痛い(>_<)手首を捻ると痛い。フライパン持つと痛い(T~T;。)イターッ!!

もーヤダo(TヘTo)腱鞘炎になりかかってるのかな?わたしは腱鞘炎にはなりにくく、今まで深刻な腱鞘炎はやったことない。なので放置しときゃ、自然治癒するんだろうが、腫れてきたら医者に行こう。

それというのも、このところピアノが練習出来る廻り合せになってきた。なので、いっぺんきらきら星☆彡の第2バリエーションくらいまでモノにして録音、または録画してみようか?と、いう気になった。

やるにはピアノを練習しなければ弾けない。きらきら星変奏曲といえども舐めてかかってはいけない。

そこで、週に4日から5日くらい、1、2時間ならば運がよければ3時間練習出来そう。では、、、。と、ちゃんとハノンから練習し始めました。

そしてエチュードはもう時間ないのでツェルニーとかピシュナはやめてショパンを弾く。生涯10回目くらいとなる革命のエチュードの攻略と、木枯らしをこっちは譜読みから始める。

これヽ(´o`;はじめると、(^O^)!ほやはりきらきら星はぬるく感じるな。そのためのエチュード、かつ革命、木枯らしならば攻略しちまえばレパートリーとなる。ファツィオリの試弾(相変わらず変換しない。)に行くか。

ハ短調2分の2拍子

どこかでも書いたのですが、ハ短調の革命のエチュード華麗なるフルバージョンの属七(これも変換しない。)5つもの和音のコードネームで言えばG7で幕開け。属七はハ長調もハ短調も共有してコードG7。えええーーっΣ(゚д゚lll)音5つ。ビビるなって、指は5本あるんだから弾ける。

Bつまりはシ、ドイツ音名ではH。これがナチュラルになっているのは和声的短音階は第7音が半音上がる。つまりハ短調では7音は本来ならばフラットになってるシなのでナチュラルにして半音上げます。

この華麗なる出だしの属七は間違いなく和音なので和声的短音階の適応となりますね。華やかなる属七、ピアノを叩いたり腕に力入れたりしないですファルツアンドつまりはいきなりフォルテ(強く)で弾きます。

ほら、続くダダダダダダという感じの左手のパッセージもちゃんとハ短調らしくシがフラットになってます。

2番目の右手属七

出だしの属七の攻略は指は片手5本なんだから弾けるさ。で、済んだものの、困りものは音数こそひとつ少ないものの、さらに見かけは易しそうに見えるものの、わたし及び手の小さめな人には困りものは、この2番目に出てくる右手属七です。

これ、わたし上から掴めません。レッスンにこの曲持って行って、1番下のレ抜いちゃっていいですか?正統派の丸い指で弾くの無理(T_T)上が無理なら下から攻略せよ。って、ハイ。これくらいになると、良い子は真似してはいけない指の形もOKとなります。(だってそうしなきゃ弾けないもん。)

2番目の属七攻略中

こんな感じで右手の属七を弾きます。5の指がやっとの思いで届かせております。これこの和音弾く事そのものより、この指の使い方で弾くと前の16分音符とのつながりが超悪い。難曲の証なんでしょうかね。とにかくわたしは1小節目と2小節目の隙間で苦労します。

出だしの左手ラソファレミレは、今まで何100曲も弾いてきたエチュード練習歴の賜物で結構調子よく繋がる。(@^▽^@)革命のエチュードらしくなってきたじゃないか。

だがそこで楽勝とはいかないのが、ショパンエチュードの面妖ならしむところ。有名なパッセージドソドレミレドソも少女の頃からムキになってエチュード弾き続けた修練の賜物。なんとかなるさ。で乗り切ったものの。

赤鉛筆で丸付けたところから2小節の恐怖(╬゚◥益◤゚) 

15小節と16小節目、ゆっくり弾けばなんとか弾けます。だが、少しでもテンポを速くすると癪に障るくらいとなりの鍵盤を触る。

では、そのような場合の攻略法スタッカートにしたり符点にしたりして丁寧に弾いてだんだんテンポ上げる。だが、なんどやっても鍵盤2つ弾いてしまう場面となる。こんなところ英雄ポロネーズの出だしと一緒で誰も弾けやしないさ。と開き直るも、開き直り続けても100年たっても仕上がらないこととなる。なので再度、15小節目に立ち戻ってシシレソレソレシに挑戦する。

鍵盤2つ分押さえがマシになってきた頃次に進むが、これで絶対ケリがつかないのが流石に難曲。

これよこれ!!

28小節目からわずか7小節、調性が何で何の和音でなんて言ってる場合かヽ(`Д´)ノなんだこれは( ゚д゚ )いや、メゲるでない。この部分は技術的困難さより、この音符の羅列を一つずつ例えるなら微細なビーズ粒をピンセットでひとつづつ拾っていくような作業が出来りゃ、弾ける。多分わたしは前の15小節16小節より、この手のオドシに強いのだ。

だが、この音符ひとつづつ拾い出していくと、、、。┐(´∀`)┌ヤレヤレホント仕上がるの100年後じゃないかって心配になるよ。

ここまで攻略し、あとは暗譜するだけさ。暗譜して100回弾けばコンサートで弾ける。そうです。難曲の良さは暗譜するのが初見で弾けてしまう曲より容易なことです。だが、ここでまたとんでもない陥穽が待ち受ける。

36小節目から何度弾いても間違える。音大生だったらさぞや先生にド叱られるであろう外し方を派手にする。なんでだよーー。原因は超わかりやすい事象。この2段は曲全体からしたら簡単に弾けたのです。だから、ひどい時はこの2段を飛ばして練習していた。

このように練習不足のツケは必ず来るのです。練習は裏切りません。

このところ、なんとか練習時間を取るべくピアノを弾いているのです。右手に痛みが来た時は革命の属七が悪い!と、思ったのですが、、。いやいや、曲者はここのところタラタラと弾き始めた木枯らしの右手のせいじゃないかと?とりあえず、革命のエチュード、右手が腱鞘炎でも左手は無事なので、左手だけでも練習しようかと、、。考え中です。

投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です