みんな大好き米津玄師

冬の発表会はみんなクラシック曲つまり著作権のとっくに切れている曲を弾くように。通達。

だが(#^.^#)夏の発表会は、米津玄師OKよ┐(´∀`)┌ハイハイ

米津玄師さん今もっともホットなアーティストであるらしい。小学校に入ったばかりのお子様から子供としてはベテランの域にあるお子様まで少年少女達は米津玄師に夢中。

わたしはほとんどテレビを観ない。僅かに鑑賞するのは、プロ野球中継及び高校野球中継、そのためか生徒に米津玄師、弾いてみたい。のリクエストがくるまで米津玄師さんを知らなかった。(ごめんなさいm(._.)m)

更に最初は米酢って(?_?)料理の話してるの?と、思ったくらい。

わたしは原則クラシックしか弾けないし、わたしの教室もコードピアノを教えているわけではなく、ピアノをレッスンする1番大きな目標はクラシックの名曲を弾けるようにすること。

だが、入門級、初級の教科書はここでこの課題攻略!の目的で曲が出来ているため、いくら現代人にも楽しく弾けます、を、コンセプトにしてても今ひとつ今ふたつ気が乗らないこと多し。

憧れのエリーゼのためにやトルコ行進曲とて、これを原曲で通して弾くのはかなりの熟練を要する。

だが、今は古今名曲の簡易版や旬の曲の簡易版もたくさん出版されているので、夏冬で分けてチャレンジすることをわたしは提案。


うちにある米津玄師のピースはまずはlemon。楽譜みてあら、弾くのは無理。だから歌おう。と、いうことは往々にしてある。わたしは伴奏しなければなりません。

果敢にチャレンジする生徒もいます。けっこう難しいですよ。


アイネクライネって、モーツァルトじゃないよ?!って、言ったら違うモーツァルトじゃなくて米津玄師の。って、そうか!知らなかった。この楽譜も勢いで買った。


ピースサインは本当に弾いた生徒がいます。打ち上げ花火も弾いた生徒がいます。打ち上げ花火✿夏の発表会には相応しいです。

ただ、うちにある楽譜はこれくらい。歌いたいのならば伴奏はするのでこの中から選んでもらう。

わたしは「うちはクラシック専門です。今時の流行り歌なんてダメです。」なんてことは言わない。これだけ流行るところを見ると、米津玄師さん、200年後はクラシックになってるかもしれない。

2119年には米津玄師曲、100年前のリリースです。ということになるであろう。

ピアノのレッスン、練習というのはいくら楽しいo(^∀^)o タノシイ♪と感じても凄く集中力と根気がいるもの。9月から歌い続けてきたのはパプリカ、この辺でレッスンの最後にはlemonやピースサイン歌って気分を開放させよう。

夏の発表会は全て自由曲なので、米津玄師曲が並ぶかも知れない。この間は免除してもらったが、あんまり多いとまたjasracへの支払いに心配が出てくるが、、。気にするな。

だが!ここでの注意点はホットな曲を練習していると、旬な曲のほうがやる気が出るため、肝心のエチュードがお留守となること。なので、必ず教則本のエチュードも宿題にいたします。怠りなくエチュードもレッスンしますよ。

投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です