逃げ恥と相対音感

またまた最近モノの楽譜。

これ購入。kmpの出版。

信じられないことに、年少の生徒にはリトミックで使う予定。

その曲の題名は「恋」わたしは知らなかった歌。
4分の4拍子感じて動きましょうね。

なんでもこの歌に合わせたダンスがあるそうで、ではでは「弾きたい。」方には、曲課題として弾いてもらって、どう考えても無理もしくはお歌、ダンスのほうがOkの場合はソルフェージュ、リトミックの課題として使おう。

ダンスはとにかく、今大流行中なのでアナ雪のころのようにわたしも歌とピアノは練習する。
このクラスの曲になると初見じゃ無理。

(。-_-。)add9とsus4の矢鱈と多い曲だ、、。

add9やsus4ってなんだ?なんて言ってられない。(それくらいはわたしでもわかる。)
お歌、やリズムだけの年少の者たちには言ったところで混乱するだけなので説明しないが、この曲がもう弾ける生徒には説明する。

ほほほ、次は基本3和音だけしか出てこない古典曲レッスンしましょうね。

逃げるは恥だが役に立つ、恋、和声の構造は要説明ですがストリーボックやエステンの曲よりメロディーの方の譜読みは全然手間がかからない。

流行中で鑑賞をしている曲は、楽譜見る前にメロディーはもう弾けていたりする。

恋は調性はイ長調。
相対音感の人だと、違う音から弾き始めない?は、もう何年かソルフェージュやってればキー間違えることもないですよ。

そこが最近の少年少女の凄いところでもあって、相対音感だと各調性の感じで聞き分けているのか、もしくは出だしキーと自分が弾く音の一致考えてから始めるためかこの曲も楽譜見る前からメロディーイ長調で弾けてます。

このピアノピースの編曲の場合オリジナルキーで編曲してくれているので問題ないのですが、問題ある場合はピアノ編曲する時に現調とは違う調性で楽譜起こしている場合です。

弾きやすい調性に変えて編曲してある場合があるのです。

楽譜用意しても、編曲譜ではないオリジナルのキーで聞いて弾いてしまっていることままあり。
どうするかというと、もう1度その楽譜からオリジナルの調性に移調し直してから、取り掛かるか、もしくは楽譜通りに弾いてもらうか決めていきます。

移調して打ち込む作業はわたしがする。

曲の出だしがDM7それくらいはいい、革命のエチュードだって出だしは属七。
7からの出だしの曲は華麗なる音楽、、であるかどうかはなんとも言えない。

歌の出だしの直前がAadd9アドナインってなんじゃ?って、今の世の中add9に満ちてますからね。
覚えましょう。ハイ、Aはラ、ナインは9、ラから9番目の音は何の音?

そう、シです。だから、コードネームAはラドのシャープミ、これににシを加えたのがAadd9。

つまりAC#EB、いっぺんに弾くとうるさいこともあるからテキトーに3つに纏めることもある。
9じゃなくて2だって同じことじゃない?

そうね。わたしもそう思うわ(^_^;)

せっかくだから、逃げ恥の「恋」は仕上げて、次、クーラウかクレメンティーのソナチネに挑戦よ\(*⌒0⌒)♪




投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です