インフルエンザと雪の季節

今年もやってまいりました。インフルエンザの季節。

わたしが1月下旬、2月に発表会をやりたくないのは、この時期はインフルエンザが猛威をふるう。更に、雪がふる。

これまた毎年、雪がふれば南関東は春が近い。と、季語の如く言うが、春が近いのは結構だが、豪雪地帯から笑われる程度の降雪でも南関東は要するに冬中雪がふること前提にしていないので、雪に弱い。更にはうちの周辺は坂道だらけの曲がりくねった道多し、という何重苦に見舞われている地形。

そんな時期に発表会行えば、どのような惨事に見舞われるか容易に想像はつく。

薬屋にインフルエンザの季節って、2月ですよね?って、尋ねたら、そんなことはありませんぜ。実は1年中だ。と、脅されたが、わたしの経験値からすると1月下旬から2月。3月になってそろそろ、新年度、春休み近し、進級進学が目前、になるとインフルエンザもなりを潜める。

ただ、3月に気まぐれに大雪がふることはある。

今年もインフルエンザで地域の小学校がいち早く学級閉鎖になった。インフルエンザ欠席が、うちの教室でも出始めた。

春になる前の試練の季節がやってきた。

わたしも去年はインフルエンザに罹って、レッスンを休んだ。うちの教室はインフルエンザ菌が蔓延していたに違いないのだ。なにが困る。って、インフルエンザはドクターストップがかかるのが困るのだ。

1週間休め!ってことは全員の生徒に講師インフルエンザにつきドクターストップがかかりました。今週は臨時休講です。のおふれを出す。

最近は連絡手段もデジタル化しているので、楽といえば楽になってきてる。メールで一斉送信してしまえばすむのだけれど、中にはメールアドレスを知らない生徒、連絡手段は家の電話。何故かメールはパソコンの方に送ってくる生徒、、。

40°近い熱がある中で何人かに、電話、はたまたパソコン立ち上げてのメール送信してると、熱くらいあったってレッスンしちまった方がラクじゃないか?とすら思うがドクターストップがかかってるいじょう、休まないワケにはいかない。

携帯メールがなかった時代は大変だったよな。わたしは作ったことないけれど、家電(家の電話と手紙が主だって連絡手段だった頃)での非常連絡網がピアノ教室でも存在していた。

そこにいくと、ヤマハの講師してた頃はラク出来た。「インフルエンザになったから休みます。補講日は追ってお知らせします。」の電話会社に入れれば、あとは事務のほうで対処してくれた。

わたしの教室は生徒の欠席理由の如何問わずに補講するけれど、生徒側原因の欠席の補講はいたしません。ポリシーにしている教室でも、インフルエンザと大雪の欠席振り替えは大抵はしてくれている。(そりゃ中には、インフルエンザは自己責任で、雪は不可抗力だから知らぬ。って、一切の補講しないとこもあるだろうけど。)

だから、昨日の横浜市のおこなった市の施設の抽選方法が変更になった。っていうので再度、申し込みした研究会のピアノの先生たちもインフルエンザの大流行と大雪に見舞われた年は春大忙し、盛況の教室では下手すりゃ5月の連休シーズンまで補講しなきゃ間に合わない。

実はわたしインフルエンザはともかく、雪はけっこうこの年になっても好きで、カラカラに乾いた南関東の冬に雪がふってくると、空気が柔らかくなってしっとりする。静かに積もり始めると、冬枯れを綺麗に雪が隠してくれて真冬のワンダーランドが訪れる。

だが、そうとばかり大人は言ってられない。困ったことにうちに今息子はいない。運動部上がりの大男の息子は大雪が降ったときは役に立つのだ。雪かきの機動力はわたしのほうが遙かに弱い。弱いが、雪かきはしなければならない。出歩くのも困難になる。

インフルエンザはその兆候を現したが、今年は1月雪はふりそうにない。2月もふるならばレッスンのない日にふってくれ。

投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です