チェレスタ

12月に向けて生徒たちは各自発表会曲の練習に励み、わたしは突然弾くことになった(弾く気になった。)金平糖の踊りの練習に励むところです。
オーケストラ曲をピアノに編曲した曲は弾きにくいとは言うものの、金平糖の踊りはバレエのイメージが強くあるので感性的にはとても掴み易い。

砂糖菓子の妖精踊る、ソミソッファ(ホ短調なのでファはシャープ)(シャープ)レッミッ、(次のレはナチュラル)レレレッ、(シャープ)ドドドッ、(ナチュラル)ドドドッ、のメロディーはオーケストラではチェレスタという楽器が担当している。

チェレスタなんてオケで使うのか?ではですね。常時は使いません。
不勉強にもわたし大昔はこれは鉄琴であろうと思っておりました。

音的には鉄琴に聴こえないことはありません。
聞こえます。
なので打楽器奏者が鉄琴演奏してんだろう。と、思っていたのですが、アラなんとチェレスタという珍しい楽器をチャイコフスキーは見つけ(パリで見つけたそうです。)くるみ割り人形に使うことにしたそうです。
チェレスタの正体はなんとまぁ、鍵盤楽器、学校に置いてある電気オルガンとアップライトピアノの中間みたいな見てくれ、鍵盤楽器なのでハンマーがあるが叩くのは弦ではなくて金属板、なので鉄琴みたいな音がしたのか、、。

チャイコフスキーの時代に発明された。とのことだけれど、、、。
素朴な疑問、モーツァルトのオペラ「魔笛」にこんな音がする楽器出てきてるじゃないか?映画アマデウスでは足踏みオルガンより小さな鍵盤楽器でパパゲーノのベルの音をモーツァルトが弾いていて(倒れたΣ(゚д゚lll))。
あれは小さなチェレスタじゃないのか?

チャイコフスキーの時代に出回ったとしたら時系列的におかしい。
魔笛のあの音、チェレスタじゃないの?





時系列的におかしいことはなく、モーツァルトが弾いていた小さな鍵盤楽器はチェレスタではありませんでした。
あれはグロッケンシュピール。正真正銘の鉄琴で鉄琴のはずなのに不思議なことに小学校の合奏で使う鉄琴ソックリなのも(いえいえ、合奏で使うの要するにグロッケンなんだからそっくりなんじゃなくてそのものでしょう。)鍵盤がついてるのもあり、という標準規格からは程遠い摩訶不思議な楽器です。

もっとも現代ではグロッケンシュピールでなくチェレスタであのパパゲーノのベルの音演奏することもおうおうにしてある。

チェレスタ用いる曲もくるみ割り人形や魔笛の専売特許ではなく、スターウォーズやハリーポッターのような映画音楽でも登場。
キラキラした煌くような音色が魅力です。

それじゃ、小さめ鍵盤楽器だから1台手に入れて金平糖の踊りピアノとチェレスタで二重奏しようかな?
いい考えじゃないかヽ(*´∀`)ノ

(*´∀`*)ほドイツやフランスに行かなくてもちゃんとヤマハで製作して売っていた。
貯金して買うかな??

だが、、そうは出ない楽器だからだろうけれど、、。
お値段良すぎ、、。
グランドピアノ1台買えるくらいのお値段。

ならばグロッケンシュピールを、、。
これまたヤマハで販売してた。流石だな、たいていの楽器は作って売ってるものだ。
こちらは1番安いので65000円、最高級品で410000円。ちなみにわたしが見たのは全部鍵盤はついてないモデル。
チェレスタに比べりゃ安いが、なんとなくたかが鉄琴と思ってた割には高価なシロモノ、これなら買って買えないことないが、、。

ただでさえ儲かりゃしないピアノ教室経営しててこれ以上必要とも思えない必要経費計上するわけにはいかないだろうが、、。(急に経営者脳になる。)
ピアノはもちろんのこと、楽器というものは見れば欲しくなる。



投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です