ホントに楽しいツェルニー40番

大昔(今でもあるのかどうかわからない。)明るい農村というテレビ番組があった。あれは、明るい。というタイトルつけないと誰も観る気がしないから明るい。と、言ってるだけで、ホントの番組内容はけっこう暗い。

ということを言っている当時の友人がいた。もっともその「明るい農村」なる番組をわたしは鑑賞したことはない。だいたいわたしは生まれも育ちも東京で、今は横浜地区でも農協のない場所に住んでいるので、おおよそ農村とは縁のない人生なので、農村について。って言われても、明るいんだか暗いんだかピンとこない。

それと同じく、楽しいピアノレッスン、楽しいピアノレッスン。っていうのもどうかね(?_?)本当はストイックで根気と集中力のいる稽古が待ってるんだから覚悟しなさい。ってのが、本音のところ、楽しいレッスンしています。って言わなきゃ生徒募集に差し障りがあるから楽しい、楽しい連呼してるんじゃないか(?_?)と、いう穿った見方。すみません。わたし物事斜めに見る癖がどこかにあるもので。

が!そんな穿った見方とは別にツェルニー40番になると本当に楽しいのです。


これがウワサのツェルニー40番。見本は全音出版のですが、いろんな出版社のが出ています。

中身はこれです。

1番と2番

ちっとも楽しそうじゃないじゃないよ!と、言うなかれ。この時期になると本当にエチュードが楽しくなってくるのだ。

ピアノに限らず芸事はなんでもそうだと思うが、芸事の上達は階段を1段ずつ上がるように1歩ずつ上達する。っていうものでもなくて、なんだか半年も1年もメが出ない感じで「もうやめようか?」モードにさえなる時期が続いたあと、突然目の前が開けたように今まで難しく感じてたことが、楽に出来るようになって、難解だったことの理解が出来た。っていうような上達をする。

その出来る。解る。ヾ(*´∀`*)ノの時期にツェルニー40番に進む。ということがおうおうにしてあるのだ。

ツェルニー30番で後から後から押し寄せて来る16分音符の羅列が思うように指が動かず、拍子感覚出せ。って言われても、音符ダマを追いかけて指が絡まないように弾くだけで精一杯。これで、本当に明るい明日が来るのかしら?と、嘆きモードにすらなる苦闘時代。

30番の途上にせよ。40番の途上にせよ。だいたいこれくらいの時期に16分音符の羅列が全体把握してしまえるようになる。

そうなるとなかなかどうして、エチュードは楽しいo(^o^)oこれ練習すれば長大なベートーヴェンの後期の有名どころのソナタ攻略も現実のものとなる。その動機がやる気にも繋がる。

ツェルニー40番は名前の如く40曲、順調に進めば1年で終わらせることが出来る。いや、多少の紆余曲折があっても2,3年これが終わればツェルニー50番かクラマービューロー60、そこまでたどり着けば当初の目標、綺羅星のような名曲大曲を弾ける日がやってくる。

そうです。ツェルニー40番に入る頃には先が見えてくるのです。

皆様から疎まれるツェルニー30番、この山超えてツェルニー40番まで到達すれば景色は変わる。ことを念じて、過渡期の30番頑張りましょう。

投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です