七夕

今年もいい笹が採れた(*´∀`*)
うちの近く、ミッション系私立の盲学校のグラウンドの隣には、笹が群生地がある。

わたし大昔にこの地の地主さまに菜の花や蕗、茗荷、笹頂いちゃってよろしいですか?
のお伺いを立てました。

全部さらってもらってもOkだそうです。時々その地に入り込んではありがたく作物を頂いております。

宅地になってしまう。との噂もあるのですが、とりあえず今年はいい笹がわたしの教室の七夕飾りとなりました。
七夕

去年までは家の中に飾ったですが、今年からは玄関脇に飾りました。
カラペットボトル3本に水をいっぱい入れて紐で縛る。

真ん中のペットボトルだけ蓋をしないで笹を挿す。
そして塀に固定する。

ここに、これから皆様の願い事の短冊が飾られるのです。

このような季節の行事、やったほうが良いのでしょうか?
ですね。

わたしの場合は好きてやってます。
あの空き地、笹だけじゃなくてカボチャやもみの木まで生産してくれればもおっとありがたかったんだわ。

7月7日が終われば、横浜市は七夕を川に流すことはおろか、炊くことを禁止されているので用済みの笹はゴミに出すのです。

で、毎年のことなのですが水に挿していてもそうは長く笹はもたない。
ダメかよ~(;_;)のたんびに再度笹を切り出しに行きます。

さらにいくら季節の行事が好きだ。
と、いっても息子がもう大人になって家から出てしまった今、音楽教室をやっていなけれど七夕は卒業していただろうな。
と、思います。

ただ、音楽教室的にはクリスマス.。.:*・゚Merry-X’mas:*・゚。:.*との大きな違い。
クリスマス曲集というものは、賛美歌からお子様向けの歌、その他古典、現代ものいくらでもあるのですが、七夕は少ない。

七夕さまと7月7日晴れくらいしか思いつかない。

天の川お星にお月様、短冊飾りの笹はビジュアル的にはとても美しいのだけれど、音楽は少ない。
七夕さまは歌いやすくてよく知られた曲なので夏休み前くらいまで歌うことあります。

だが、7月7日晴れはむちゃくちゃ難しい。

以前に7月7日にイギリス館で発表会開催したのですが、ではみんなで歌いましょうは、、。

七夕の曲って何かあるか?
お子様向けじゃないけど7月7日晴れどうだ?
ううっ、(´;ω;`)歌えないわ(;_;)

梅雨期って季節のお歌って、でんでんむしむしかたつむり~♪゜・*:.。. .。.:*・♪やうーみーはひろいなおおきいな♪゜・*:.。. .。.:*・♪
になってしまう。

クリスマスならいくらでもあるんだけれどねー。

だから発表会はクリスマスシーズンに行うことにした。

それで、7月7日の発表会は晴れたかっていうと、、。
土砂降りでした。
7月7日って本当に晴れない。

今年は7月7日晴れますように。
うちからは見えない天の川と恋人同士のロマンティックな物語に思いを馳せましょう。




投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です