みなとみらいホールの小ホール落選より帰る!

わたし2019年の発表会に向けみなとみらいホールの小ホール使用権をゲットせんと、昨日みなとみらいホールの抽選会に赴きました。
もちろん見事に落選いたしました。

わたしもしやして、スタッフ抽選(つまり主催者が抽選会に赴かないでホールの人にクジを引いてもらう)より主催者が行った方が有利なのではあるまいか?

はたまた、何度か落選の憂き目に遭った人の方が優先権が与えられるのか(団地の抽選の如く)!?

と、考えましたが、、。
全くそのようなことはありませんでした(T-T)

まこと厳正、中立な抽選が行われておりました。

まずは11時予選会開始なので早めに楽屋口に赴く。
早く行った方が勝ち(*^_^*)かも知れないもんね。

だが、警備員のいる入り口で11時の開始時間まで待たされる。
こりゃ早くても時間切りでも一緒に違いない。

そして11時の開始に合わせリハーサル室なる部屋に通される。
抽選に赴いたのは約20名弱、これならなんとかなりそう。。

の思惑は甘く、首都圏中鵜の目鷹の目でみなとみらいホールの使用権を獲得せんと狙いつけてるコンサートを目論む方々はゴマンといるのだ。
20人やそこらが狙ってる筈はない。

その通り、去年のわたしのようにスタッフ抽選を選んだ者たち多し。
危うし!うちの教室の発表会。

ここの抽選会のもようはこうです。

希望日の希望団体の数だけ封筒が用意されている。
封筒開けて、紙に○が書いてあれば当たり、×が書いてあればハズレ。

そして2019年12月、完璧希望団体がない日は3日だけ全部平日。

暗雲立ちこめる。
わたしが希望した12月15日は最も希望者多く、競争率17倍。

ダメかも知れない(;。;)と、思ったらダメだった。

もー、悔しいの悔しくないのって💢
来月また来て今度こそ霊感を高めてまたあのクジ引いてやるからな。
と、思いホールを後にする。

そこはみなとみらい地区煌びやかなクリスマスの装飾彩られた華やかな地域。
だが、待てよ。来月の抽選は2021年の1月。
1月じゃクリスマスシーズンは終わってるよ。

みなとみらい地区、華やかなイルミネーションがある時期だからいいんじゃない。
さて、どうしよう。





この日はガス工事屋から10時から17時までガスが止まるという通達があって、うちのレッスンは16時頃から20時までなので、夕ご飯の支度を早い時間にすることが出来ない。

なのでランドマークプラザの成城石井で惣菜を買って帰る。

帰って、冷蔵庫に夕食のおかずを仕舞って調べる。

県民ホール。小ホールあり。やった(*^_^*)
だが、貸し出し方法はみなとみらいホールと一緒。
1年前の1日に申請書を提出して抽選を行う。

もう来年の12月には間に合わない。

音楽堂。ここは小ホールという物はない。
大ホールでいいじゃないかははは(*^_^*)
とも思ったが収容人数、つまり客席数1000以上。

これじゃ出演者20名弱のうちの教室じゃいくら、頑張っても空席が遙かに多い事態に陥る。
メットライフドームの真ん中で1台だけのピンポンの試合するようなもんだ(+o+)

また、来年もあかいくつ劇場にしようか?
あかいくつ劇場の抽選ならば、若い番号のクジを引けば好きな日時選べるし。
仮にくじ運悪くても、次候補、次々候補の日時どっかでヒットする。

それに客席120ちょいくらいがりょうどいいし、なによりあかいくつ劇場は舞台客席での写真、録画撮影がOKなこと。
アットホームな劇場なのだ。

それに!ベーゼンドルファーが弾きたいのはわたしで、生徒たちはあんまりそこへのこだわりはないんじゃないか?

ならば、冗談ではなくわたしがリサイタルをしてみなとみらいホールのベーゼンドルファー弾けばいいんじゃないか?

だから、みなとみらいホールの小ホールで発表会して講師演奏でベーゼンドルファー弾くのがベスト。
とも言ってられないのだ。

わたしは女のくせにマルチタスク脳でなくて、プレーヤーとプロデューサーいっぺんにやることが出来ない。
講師演奏で大曲弾く人ってどういう脳の構造になってるんだろう?って不思議でたまらない。

マネージメント業務を誰かがやってくれればそれでもどうにかなるのだけど、、。

チャイコフスキーのクリスマスがいつまでも未完なのはわたしがチャイコフスキーと相性が悪いわけでも、実はこの曲が嫌いなわけでもなく、発表会に弾こうというその思考回路が問題だったのだ。

あかいくつ劇場とは長いお付き合いになりそう。

そして、みなとみらいホールも平日ならば借りられる。
わたしが演奏するコンサートならば、平日の夜でかまわない。

来年は無理としても、プロ野球の開幕に合わせてリサイタルする。ってどうだ?

冗談でなく演奏会するならば、、。練習しなければ!





みなとみらいホールの小ホール申請

今日は来年の発表会に向けてみなとみらいホールの小ホールに申請書類を持って行く。

コンサートホールの楽屋口から事務所に行く。って、なんとなくワクワクする。
来年の発表会に向けて第3希望まで記入、希望楽器はベーゼンドルファーインスペリアル。

だが、みなとみらいホール、スタインウェイは2台、ヤマハとベーゼンドルファーが各1台、なので大ホールとの兼ね合いで場合によってはスタインウェイになる可能性あり。

それでもいいわ。OKよ。
わたしの希望とバッティングして申請してる人及び団体が無けりゃ、今日中にみなとみらいホールの使用権はわたしのものとなる。
だが、そのようなことはあるまい。
必ず、同じに日時に希望だしてるとこがあるはずだ。

案の定、午後6時を過ぎてもわたしのところに連絡はない。
それはなにを意味するかというと、4日火曜日に11時に再度みなとみらいホールに出向いて抽選にチャレンジ(o゚▽゚)o
他の希望者を蹴散らして使用権ゲットするのだ!わたし!

是非ここで発表会をしたい。出来ればそのうちわたしのリサイタルもしたい。

イヤ待てよ。リサイタルしたいのなら、生徒のことは考慮しなくていいならば何月でもいい。平日の夜でいい。
なんとかなるかな?!

つーか、希望的観測でもの言うな。わたし、たかだかクリスマス1曲仕上げられなくて青息吐息という有様でなんでリサイタル出来るんだ。

まぁ、取りあえずその幸運な日が来たら打ち上げはホール前の洒落たレストランでするかな?!

ここの申請及び、抽選会は小ホールの場合1年後の予約を行う。


ランドマークプラザのクリスマスツリー。
この時期、ここで発表会したいよね。


こちらはクイーンズスクエアのクリスマスツリー。

お洒落なクリスマスツリーだこと。時計がグルグル回っていた。

せっかく、ここまで来たのでマークイズの島村楽器に向かう。
今日は楽譜も備品も探す予定はないので、ピアノを見せてもらう。

中古のグランドピアノあったが、、。
あらあら、ヤマハのわたしのピアノC3と同一機種、兄弟ピアノじゃありませんか。

だが、中古とはいえわたしのピアノよりはいい。
ちゃんとオーバーホールしてあって、わたしのピアノみたいに白鍵の鍵盤の真ん中中心に削れてるようなことなく、弦も美しい。

鍵盤に触った感じも音も双子の如くよく似ている。

うちも買い換えよりオーバーホール考えようかしら?オーバーホールは100万円ちょいかかるらしいが、新たなピアノ買うよりははるかに安い。

そしてここのピアノ、中古でも程度はいい。
新品の半値以下。

だが、同じ機種のピアノを買う気はない。
ヤマハ以外のグランドピアノはどうなの?アップライトはたくさんあった。

今のところは、グランドピアノはこれ1台しか展示してないけれど、ホームページで確かめてくれれば違う会社のピアノが展示してあることもあるそう。

グランドピアノはわたしのピアノと兄弟ピアノだったので、新たな発見はなかったが、これいい!
購入検討しよう(#^.^#)と、思ったのはローランドのデジタルピアノ。

やはりデジピはローランドいいのかな?
アクションが本当にアコピに近い。
ただし、値段も相当にいい。

デジピ欲しいのか?って、それは実は欲しい。
リサイタルするのならば練習しなければならない。セカンドピアノとしてデジピがあれば、夜遅くでも朝早くでも練習が出来る。

さらに言えば、うちは大きくリビングダイニング取ってそこにピアノも置いてあって他に部屋がない。
家族がテレビ見てりゃピアノは遠慮する。
だが、デジピならばヘッドフォンしちゃえば誰がテレビ見てようと読書してようとゲームしてようと無礼講でピアノが弾けるのだ。

これがマークイズのクリスマスツリー。
ローランドのデジタルピアノについては後々よく考えることにして、、。

とにかく、火曜日みなとみらいホールの抽選が当選いたしますように。
再度、みなとみらいホールの小ホールに出かけます。

抽選に行かなくてもスタッフが代わりにクジ?引いて抽選に参加してくれるのだが!
そのようなものは気合い(o゚▽゚)oというものが大事だ。

去年はホールのスタッフに任せて落選した。
なので今年は霊感を研ぎ澄まして、気合い入れて抽選に臨むのだ。





秋のイギリス館

9月末にイギリス館で行われたイベントは終わった。
だが、とうとうピアノの練習は間に合わず、、。

だが、春にあのピアノ嫌いだ!と、言ったもののやはりイギリス館のピアノは弾きたい。
さてどうしたものか?

それでだ!なんで今回こうもピアノが弾けなかったかというと、、。

横浜市がしつこく嫌がらせするからだ!
と、いうのもある意味根拠はあるが、言いがかりといえば言いがかり。

利用承諾書は結局わたしは受け取ってて郵送していた。
イギリス館におたくは何者?!代表者なの?と、言われたものだから利用承諾書のことなんかぶっ飛んでた。

8月の殺人的な暑さでへばったのか?も、根拠無し、ピアノは炎天下では弾かない。
空調の効かない密室でも弾かない。

ピアノのためにも家のためにも演奏者のためにも空調は効かせる。

そうだ。8月のお盆のシーズンからわたしはすぐにへばるようになり、からだがダルくて重い。集中力が無い。
これはピアノ演奏には非常に良くない傾向で、ピアノの練習には体力も集中力も必要だ。

どうしたんだわたし!?
生徒のレッスンはなんとかおこなえるものの自分が弾くとなると脱力感と無力感でやる気が一挙に失せる。

わたし結核にでも感染してるじゃないか?これは困る。
でも変!?なのは結核ならば微熱が続くはず(だと思う)だが、わたしは異様に体温が低下している35度代は当たり前で、34度くらいまで下がることもある。

何これ??!

もしかしてこれは睡眠不足のためじゃないか?
猫日和というブログでこの猫問題は詳しく紹介するつもりだけれど、病気持ちで老いぼれていてかつ、いくらかボケはじめている猫がわたしを夜1時間おきに起こすのだ。

1週間のうちどこかで、昼間ででも寝てられる日があれば凌げたのだろうが、残念そのような日は1日も存在しない。





これは猫に起こされてそれで睡眠不足から体が悲鳴上げてるに違いないのだ。

冬になって寒くなれば猫も朝までわたしのベッドで眠ることになると思う。(ならないいかもしれないけど。)
それまでは、猫よわたしはもう起きてやらないから好きなだけ部屋の外であばれていれば良い。

そのように決意した途端、あらホント妙な倦怠感も疲労も消え失せ、さて次は冬に向けてピアノの練習が始まりました。

そんな簡単なことだったのか?

で、9月のイギリス館でのピアノ演奏はどうしたかっていうと、クリスマスも別口の曲も間に合わなかったので「少年時代」を歌付きで弾いた。
春に弾いた時よりも、イギリス館のピアノ良くなった。

そんなことがあるのか?
まぁ、次は春に向けて練習をしてそして猫と睡眠不足には気をつけるのだ。
ピアノを弾くにはやはり体力が必要だ。

相変わらずわたしが教室の主催者としてはイギリス館は使うことが出来ないのだが、この研究会は代表者が交代したので申告する5人のお仲間をもう一人登録しなければならない。

そのもう一人にわたしは選ばれた。
わたしは住所氏名その他を横浜市に申告し、次にイギリス館周辺を通る際には本当にわたしがわたしあることを証明する物、つまりは健康保険証、運転免許証、パスポートのいずれかを提示しなければならない。

11月の5日頃までには提示する義務があるので急いでくれって。

それには心配には及ばない。
わたしは新山下にあるホームセンターに行くにはみなとのみえる丘の公園でバスを下車する。
つまりイギリス館の真ん前だ。

このあいだ(4日)ホームセンターに行ったら改装工事中のため5日まで休業だと、、。

ホームセンターには用があるのだから近いうちに行くわ。

寝不足だとピアノが弾けない(T-T)

何事を置いても寝ることにしよう。





前世の記憶??!

わたしは前世、若くしてその生涯を終えた天才少年ピアニストであった。
幼くして華やかな舞台でスポットを浴びたものの、病を得、それが命取りとなった。
無念であった(T-T)

その無念さのあまり、生まれ変われるのならば才能は認められなくとも、演奏家としては超しょぼくとも、長く、健康に生きられる人生をください。
と、願ったのです。

そのとおり、生まれ変わったわたしは頑健な肉体に恵まれ、滅多なことではしにそうにはなく、それと同時にこれほどパッとしない演奏家がいるか?
ってくらい演奏家としては不作。

不作ではあるけれど、そう悲観はするなわたし。わたし程度にパッとしない。演奏活動じゃ残念過ぎるほど経済的に恵まれない演奏家なんざいくらでもいる。

クラシックのピアニストは需要がそこまでないのだ。

今、ここでなんで前世の記憶なんてある意味、オカルト、ある意味神秘的宗教的な事象を持ち出したかって言うと、、。

横浜市のパワハラだ。パワハラ。って騒ぎ無くても、いえ横浜市がわたし如きしょぼいピアニストそして全くの個人でやってる音楽教室主催者に優しくても、要するに問題はそれだけじゃない。

音楽教室主宰していると、今後は教える事に徹して自分が弾くのは諦めよう。と、思ってもやはり、自分のピアノの練習はしたい。そして何処かしらで演奏したい。

と、考えるようになる。
わたしは血が演奏家なのかもしれない。

だが、根本的にピアノの練習する環境がなかなか整えられないのだ。
ピアノは徹夜で練習するわけにはいかない。
したがって昼間の時間は貴重だ。

ここ何年か、やっとピアノ練習出来るか?!と、思ったら猫が病気。
週に3回の猫病院通い。

それに加えて、うちは2年半前地方に赴任した息子が車を携えて行ってしまった。
なので、バス及び電車で動物病院通いをする。
それは行き帰りに買い物をしてしまうことが出来ない事を意味する。

昼の時間をガリガリと削り取られていくが、猫を見殺しにする気になれるか?なれない。

家事、猫の世話、家族の世話、さらには音楽教室業務も外注しちゃったら?
と、言われたことありましたがね。それが出来れば、、そこまでわたしがお嬢さんだったら演奏活動だって出来るのです。

タダでさえ、演奏活動は儲からないのだよ。
音楽教室だって家事、育児ならぬ猫児?外注出来るほど儲からないわ。





そこで、妄想とも空想とも、はたまたひょっとしたら真実かもしれない前世の記憶が蘇るのです。

わたしは、あきれるばかりの健康と引き換えに華やかな演奏活動を犠牲にするように前世で取引していたのだ。

そう思うことにしよう。
今の状況じゃ、1日3時間のピアノの練習時間確保することとて無謀だ。いえいえ、無理。

そう開き直ることに決めたわたしは更に健康状態を良好に保つために、うちから最も近い大きな公園、根岸森林公園を散歩することにした。
強引にでも練習してやろう試みて、ヒッキー状態続けたら、あるときドカーンと気分が落ちた。

ここでうつ病になんかなったらたまらない!
ヒッキーはハートの健康に悪い。

わたしは鬱病気質じゃないのだけれど、無理が高じればハートは破ける。
ハートが破れないようにするためには、適度の運動と気晴らしが必要だ。

気晴らし、といってもわたしは酒は飲まない。
煙草も吸わない。

運動は週に1回か2回(都合つかなきゃ0)バレエのレッスンに行く。
運動+気晴らしが散歩。

根岸森林公園は最近山羊(本物の生きてる山羊だ。)を雇った。
山羊なんか見に行ったって何になるのよ?
と言うな。森林浴はハートに良く効くのだ。

なので、前世の記憶を妄想しつつ絶対的に不足している時間の中、パワハラだ!と、騒ぎつつも懲りずになんとか練習しております。





パワーハラスメント

9月の末わたしは山手の丘にそびえ立つ横浜市所有の洋館イギリス館でピアノを弾く予定がある。

わたしが5人のお仲間を集められないため、わたし及びわたしの教室は横浜市所有の会館を使用することは出来ない。
これだけだって、そうとう酷い仕打ちに思える。

でもなんで、今回はイギリス館に潜り込む事が出来たかって言うと、それはわたしが主催者じゃなく、わたしが所属している研究会が行うイベントであるためだからだ。

だったらそこから名義貸してもらって、横浜市の会館借りりゃいいじゃないか?
とも、思われるでしょうが、そういうわけにもいかない。

コトはそう単純でもないらしいのだ。

この5人のお仲間を集めなさい。の、横浜市の決定についてはお上の決めたことは仕方ないさ。
5人くらいのお仲間すぐに集まるときは集まる。
その日が来るまでは県立、民間のホールを借りてコンサートは行えば良い。

そう気を取り直してレッスン及びピアノの練習に励んでいたわたしであった。

だが、今年9月の会館予約及び、会食のためのレストラン予約はわたしの役割となった。

わたしがこの研究会で役に立つ特技を持っているのは(ピアノではない。ピアノは全員が弾ける。)それはわたしがiPadを所有していて更にパソコンが使えること。

ネット上で簡単に予約が出来る。ははは(*^_^*)
ここの研究会はわたしより年嵩の婦人が多いため、デジタル化には特化していない。

まぁ、それは良い。良くないのは、わたしは予約確定した翌日イギリス館に出向いて(更に言えばわたしが1番イギリス館に家が近い。)支払い、そして利用許可証をもらい受けるはずであった。

ところが、イギリス館の人はわたしが主催者ではないため、許可証は主催者が表れた時に渡す。
と、申すので領収書だけもらって、港の見える丘公園を見物して帰ってきた。

そして「イギリス館、取得いたしました。」の事務報告をボスにした。





それが4月。

その後、はまっ子カードという市の会館を借りられる証書みたいなカードと、申し込み方法の一覧の書類を次の係の者に送れのお達しが来たので郵送。

レストランは予約したのでこれでわたしのミッションは終了したはずだった。

ところが!だ!それでは終わらなかった(;。;)
8月の末に利用許可証を送ってくれ。と、言われてあのはまっ子カードの入った封筒になかったか?
金は払った。(700円だけど)

ない。と、言われわたし、わたしの事務机の中を探す。
半日探したが発見されず。

あるわけないじゃないか?
横浜市の者がわたしが主催者でないことが気にくわない。という理由でくれなかったのだから、、。

わたし、このあたりでいい加減横浜市から嫌がらせ受けている気分となる。

その次、吉野町市民プラザから9月の吉野町市民プラザの催し物のお知らせのチラシが一抱え届く。
うちの会館の事を市民に広く知ってもらいたい。との動機で、ピアノ教室を主宰するわたしのところに毎月届く、もちろん送ってもらってよろし。というわたしの許可のもと送ってくるのだが、、。

あのな。わたしは市の方針によりお宅の会館だって使わせてもらえないんだぜ。
それで広報の役割だけはしてるのかよ?!

もーーっ!!パワハラじゃないか?!って、叫ぶわたしだが、わたしが横浜市相手に訴え起こして記者会見開くワケにはいかず。
じゃ、深く傷ついたかというとそこまでわたしはヤワでもウブでもないのだけれど、、。

弊害は、なんだかこの嫌がらせされてる気分でピアノ練習する気が失せ。
本来、ショパンエチュードとチャイコフスキーの四季寸時惜しんで練習しなきゃならぬところを、さてピアノ弾こう。
という場面でラジオ体操ばかりを最近は弾いている。

パワーハラスメントというのはやる気を奪うものなのだ。

まだわたしはいい。イギリス館でピアノ弾かないで聞き役に回ったって誰も少しも困らない。
発表会だって講師演奏は絶対のものではない。

でも、やる気奪って人生変わっちゃう場面だって往々にしてあるのだ。
パワハラは良くない。嫌がらせと叱咤激励は全くの別物だ。

おかげさまでラジオ体操は最近上手に弾けるようなったので、竹之丸地区センターでも借りて(ここならいくらでも貸してくれる。)スタジオラッキーキャットのピアノ伴奏のラジオ体操。
でも企画しようか?