愛の悲しみ

愛の悲しみクライスラーとラフマニノフ?!

愛の悲しみ??!知らないわ。なんだ?「愛のよろこび」なら知ってる。イタリア歌曲だわ。
ただ、あれは歌詞イタリア語だから何言ってるかわからなかったけど(イタリア語なんて音楽記号以外はさっぱりわからない。)あれはまんま受け取ってはいけない。

歌の内容は「愛のよろこびは一瞬だけど、悲しみは永遠に続く。」と、教わった。
ただしこれはイタリアの曲、恨み節にはならない。

ともあれ、歌の「愛のよろこび」ではなく「愛の悲しみ」生徒が弾くのでわたしもそんなの知らない。
とは言ってられない。

実はチャコットに行く予定があったので、その後横浜のヤマハに行って楽譜を探そう。

曲の題名「愛の悲しみ」作曲クライスラー、編曲ラフマニノフ。
ヤマハに到着後、ピアノ譜のコーナーに行ってラフマニノフで探す。
だが、ない!

何かの間違いなのか?店の人に聞こうか?
いや、クライスラーが作曲したんならクライスラーの項目のところにあるのか?

そしたらありました。

これです。1曲分なのに値段高い。
外版しかないのか、英語とドイツ語で解説書いてあるが日本語解説はない。
「Liebesleid」ドイツ語だな。
ついでにドイツ語だってさっぱりわからない。イタリア語よりはわかるが、当たり前だドイツ語の授業4年間受けた。

わたし時々ヤマハその他、楽譜買いに行くときはバックパック持って行くのだけれど、この楽譜はそれには及ばない。
ベートーヴェンのソナタ集買いに行ったんじゃない。ピースならば軽い。

それと一緒に他のグッズつい買っちゃうんだけど、その日はチャコット→ヤマハ路線だった割りには帰りの荷物軽量。
ヘンレ版バッハインベンションのクリアーファイルもらって帰ってきた。

では指導する以上は早速どんな曲か弾いてみようか。
だが、そうは気合い入れて弾くわけにもいかない。
今現在は雑用多し、且つチャイコフスキーのクリスマスに手こずっているのだ。

愛の悲しみは4分の3拍子、ワルツのテンポでの指示有り。このところ革命のエチュードが一段落してから3拍子系にご縁がある。
イ短調、短調系で悲しみを表しているのか?
でも弾いてみるとそう悲しそーー。ってほどじゃない。

あら途中でイ長調に転調しているわ。
だが、そうそう気合い入れて弾いてないのでこの辺までは未だたどり着かず。

難易度的には無茶苦茶難しくはない。
ツェルニー30番に入って頃ならば弾けるであろう。(ショパンエチュードの後だからそう感じるのか?)
ただ曲の感じはあまり小さなお子様向けではない。

今回はわたしが弾くのではないのだけれど、発表会向けと思う。
Edition Schottという版。
この版は知らなかった。なんて読むんだろう?

気が向いて、時間取れたら仕上げられるかな?





投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です