繁盛するピアノ教室 続編

では、採算取れるくらいまで繁盛するピアノ教室運営するにはどうしたらいいか?

これ、わたしの経験値からですが主に自宅でやってるピアノ教室って、各自条件が違いすぎるので精神論やビジネス書のとおりやっても上手くいくかどうかは神様にでも聞かなきゃわからない。

このブログ読んでご自分の教室を大いに繁盛させようと、お考えだった方には大変申し訳なく、また無責任なような気がしないでもないのですが、本音です。

これまた、わたしの経験値なのですがうちの場合Googleの地図で見て位置情報を確認することに役立っても、現場に来なきゃわからない事象ありすぎなのです。

まずは坂まるけ、駅から高校球児どもでさえ唖然としてくれた長ーい階段、元町方面まで100年セットバックさせても車が通りそうもないロマンチックに言えば小道、散文的に言えばあぜ道に近いような道が続く。

わたしが体験レッスンを取り入れたのは、体験レッスンが標準になってきたためでもあるのですが、入会したいと言ってすぐにやっぱりやめる。
という方が多かったこと。

これはリアルうちみてうちがボロだったからか?もしくはわたしってそんなにNGか?
これは単純なくせに穿った見方したわたしが悪かった。(そりゃ、わたしがNGな人だっていただろうけど。)

お断りいただいた理由はほぼ、通うのが困難かと思う。
そう。そのとおりだったと思います。

なので、1度実際にうちまで運んでもらってその上で、この坂道と黄昏時には薄暗くなる小道がOKかNGか決めてもらったほうが良いであろう。

坂道と小道問題は当然わたしの力じゃどうにもならず、おそらくここでレッスンしている以上は永遠に解決しない問題なので未だ体験レッスン受けても入会に至らないケース多数。

これ入会いただいた生徒さんからもアドヴァイス頂いたことすらあって、もう家は諦めて山手駅近くのテナント借りて教室にしたほうが生徒募集には効果あるんじゃないか?って。

実はわたしもそう思います。

わたしの場合ホームページの一番の欠点はウェブサイトじゃ坂道の斜度や小道の狭さ暗さがわかりゃしないこと。

うちで最も効果が上がったのは何を隠そう、あまりにもアナログな宣伝方法。
チラシのポスティング!それも近場。

もちろんチラシ入れないでくださいね(^人^)のポストには入れないし、セキュリティ強のマンションに入り込んだりはしません。
近場の住人だと竹之丸花道(素敵な名前でしょう。)がどんなところかも、竹之丸周辺の坂の強度もよく知っている。

いつぞやわたしのサイトをもっと集客できる素敵なサイトに作り替えてくれる(もちろん高額見積もりくれた。)営業マンさんにサイトはもうあるからいい。
生徒募集はこの上はポスティングするからいい。

と、言い渡したところ。
ポスティングは効率悪すぎる。なぜなら、1000枚につき取れるの1件ですよ。

そっか!いや待てよ。ということはだ。
3万枚チラシ配りすれば、30人入会する。
ちょうどうちのキャパいっぱい。

3万枚( ゚д゚ )気が遠くなるチラシ数だが、我が息子がポスティングのバイトしてた頃のノルマは1日3000枚。
10日で終わるじゃない。

わたしじゃ1日3000枚は無理だけど、、、。

ところが、ここまで考えた頃その息子が素晴らしいこと思いついた。
幼稚園で門配したら?

当時、息子は進学塾で講師をしていた。
生徒募集についてはちっとは専門家だったのだ。

そりゃ、いい考えだ。やってくれ(*´∀`*)
だが、これには当の息子難色「女の子か女の人雇ったほうがいい。」

理由はうちの息子は高校球児上がりで身長185cm。
学習塾やスポーツクラブの門配ならとにかく、幼稚園でピアノ教室のチラシ配りこんな大男がやってたらみんな逃げ出す。
下手したら警察に通報されるかもしれない、、。

なので門配は未だ実行していない。





繁盛するピアノ教室

最初にお断りいたしますが、わたしはこのようにすればあなたのピアノ教室は生徒が大勢やってきて繁盛致します。
ではでは、繁盛するピアノ教室のノウハウ伝授いたします。

のようなものではありません。
どちらかというと、今どきピアノ教室がそれだけでやっていくのはいかに困難か(><)のほうが近いかと思われます。

そもそも、ピアノレッスンをビジネスとして考えて、経済的自立を図る、。
のような発言をさるピアノレッスン研究クラブのような団体で、したところ哀れわたしは袋叩きにあい半殺しのメにあわされましたので、ユメユメ人前でそのような発言はしてならぬ。

と、長きにわたって(正確には20年くらい。)確信しておりました。
じゃ、音楽教室主宰ってなんなのよ(`・ω・´)と反論したところ、芸術で教育で、つまり金じゃなく精神的なものだそうで、申し訳ないが脳の構造が超単細胞なわたしには解りかねました。

ピアノレッスンで経済的自立図ろうだなんて、あんたバカじゃない。
とまで言われ、それ以降わたしの一匹狼的ポリシーは続いているのです。

だが、時代は変わり情報社会になると、何よ。ピアノ教室の経営を軌道に乗せましょうよ。
ピアノ教室で食べていくにはこうしたらいい。

その方法を教えますよ。
が、たくさんネットに落ちてるじゃありませんか、(*´∀`*)ほこれを拾い集めればうちの教室も一人前の教室となるに違いない。

なので情報収集。
で、うちの教室繁盛したかというと、、。

待て、それ以前にその情報役に立ったかというと。
ネットでの他の情報と変わりありません。
役立つものもあれば、そんなこと出来るか( ´ ▽ ` )ノ出来たら生徒募集に役立つが、ダメできそうもない、、。

です。

なので、なかなかどうして役立ちました。こともあれば、全く無理(ヾノ・∀・`)ムリムリもあり。
ほどほどには教室存続しております。

ただ、よくわかったのは20年前のバカにされた屈辱からわたしは寡黙になっていたが、情報化社会になったことでわたしなんかより切実にピアノ教室で生計立てたい。
もしくは生計を立てる必要性がある人は存在する。それも珍しい人だってワケじゃない。

そしてバカにしてはいけないのよ。
わかったかい?昔のコワいピアノの先生たち( ╬◣ 益◢)y━・~

ともあれ、わたしは教室を運営していく以上何100人もの生徒を抱える大教室にしたいとは思わないにしても発表会を単独で行えるくらいの規模の教室にはしたい。

そのため今どき、なにより必要なのはホームページを持つ。
これならどうにかなる。

サイトを立ち上げ、おもむろにメールが来る。あるいは電話がかかってくるのを待つ。
もちろん、体験レッスン希望者からのお問い合わせは頂き、なんとかやってけそうかな?

だがだが、優秀なるわたしのサイト、体験レッスン希望者でない方々も多数呼び寄せてくれましたね。

SEO対策してもっと活性化を図りませんか?って、あのな。そんなことしなくてもオタクみたいな人来るじゃない。
だからいいわ。

次、予約システム導入いかがですか?必ず、予約がたくさん入りますよ。
これは良さそうなので導入したが、なんだか経費倒れになったような気がしないでもない。

セールスマンのいうほどには優れモノではない。
そう言ったら、もっと洒落たサイトじゃないとダメだと。

極めつけ、自前ブログ作ってくれる。って。
あのな、ブログなんて書いてて儲かるのか?(今書いてるけど。)
もちろんです。って、おたくはケースとして素敵な条件が多いのでお安くしときますぜ。その代わり、ブログの進捗状況報告してください。

で、幾ら?の質問に、もーひったまげるくらいのお見積もり。
そんな宣伝広告費払うにはうち1000人生徒集めなきゃ払えないわヽ(`Д´)ノ

お引取り遊ばしてもらったその後、ブログっていいのか?
ではただのアメブロ始めよう。

いいらしい。ただ、これで、日々教室の宣伝をおこなう。生徒たちの笑顔の写真を載せる。
これがわたしは出来ない。
(生徒の写真載せ)何故か出来ない絶対NG項目。

ブログのことについては、なんだかわたしだんだん怒りがこみ上げてきた。

自前ブログくらい自分で作れるわ!
昔Nucleusで作った。
どうもこのサーバーWordPressが推奨ならしいから自前で作ってみせるわ。

なので作ったのがこのブログ、わたしが困るのはせいぜいブログでうちの教室の素晴らしさを自己申告し続ければいいのだろうけど、結局こんな感じのブログになってしまう。

次あたり教室の自画自賛するか?
と、思いきや、やっぱこの続編作ります。
期待しててください。

では、繁盛するピアノ教室は今日でも存在するのか?
は、いくらでも存在します。