スタカティシモ

楽譜を目をこらしてよーく見ましょうね!
見ていると突如現れる「これ何よ!!???」

そのようなことが無いようにセオリーをお勉強するのです。

それで良いのですが、ピアノレッスンと同時進行で楽典を教えるという発想の無かった時代の(多分)教本には「これ何よ!?」が遠慮無く現れる。という事態に時折遭遇いたします。

「これアクセントですか?」の質問。
イヤ違う。これは、スタカティシモ。なんだそれは?(わからなくてよろし、だいたい変換しないよ。)
スタッカーティシモあるいはスタカーティシモとも読むが、これはイタリア語。
破裂音は発音してもしなくても良いらしい。

綴りはStaccatissimoです。
これの意味はスタカートより短く切って弾く。

スタカートがその音符の半分の長さの休符を挟むイメージで弾くのに対して、スタカーティシモはその音符の4分の3の長さの休符を挟むイメージで弾く。

なんとわかりやすい解説ではないか!わたしの高校生の頃の楽典教科書に書いてある。

ホホホ、わたしよくぞいにしえの昔の高校生の頃の教科書なんて持ってるものよ。

それじゃ国語や数学の教科書も持ってるか?って、な、分けないじゃ無い。
そのような物はとっくの大昔に地球上から消滅している。

だが、そのような分かりやすい説明に対して「余計わけわかんなくなる。」

それはそうであろう。わたしの場合は楽典の試験範囲であったならば、そのように回答すれば合格。
「気分的にスタカートよりも鋭く。短く切る音をイメージする。」では、間違いではないが正解ではない。

場合によっては追試を受けさせられる。
「だって、ピアノの先生はそう言ったもん。」なのだが、実践と理論は違うのだ。オノレも専門教育受けるならば、考えて答えを出すのだ!
くらいは言われる。

そのスタカートとスタカーティシモが混在している楽譜がこれ。

この楽譜はいったい誰が使ったのか?謎なのだが、とにかくうちにある。

書き込んであるので、汚いが赤い丸がついている音符玉の上に点があるのがスタカート。およそ、この場合は4分音符の半分の長さで弾いて、引き算した残り、つまり8分休符分の長さの休符を挟む。

黄色い丸印はスタカーティシモ。くさび形のマーク。この楽譜では16分音符分の長さで弾くのヤメにして付点8分音符分の休符を入れる。
時々、アクセントと間違えるが、アクセントは青丸と緑丸。

スタカートが音符の半分で、スタカーティシモが4分の1ならばその通り記譜すりゃいいじゃないよ。
いえいえ、それ言うのならば装飾音符こそそう言ってやればいいのです。

スタカート、スタカーティシモは感性及び表現の問題で単なる時間的経過ばかりではないのです。
スタカートは軽やかに切って弾く、スタカーティシモは更に鋭い感じで弾いてゆきましょう。

そしてこの、スタカート、スタカーティシモ、2種類のアクセント記号から、クレシェンドにディミニエンドまで盛りだくさんの楽譜はバイエル97番です。
ということは、わたし5歳くらいでこれ弾いてたことになる。

懐かしいでしょう?なんてことはありません。
幼少のみぎりこの曲さんざ母親にオドされながら弾いていたことはもう忘れています。

わたしがよく覚えているのはバイエル以前にいろおんぷで、指に毛糸を巻き付けられたのがイヤでたまらなかったことです。

だが、この段階でよくもまぁこれだけいろんな記号出してくるものだ。と感心しつつ呆れますが、文句はバイエル先生に言おうにもフェルディナント.バイエル先生は1863年に亡くなっております。

1863年ってどれくらい昔なのよ。生年は1803年なので生まれてからはゆうに200年は経っております。





秋のイギリス館

9月末にイギリス館で行われたイベントは終わった。
だが、とうとうピアノの練習は間に合わず、、。

だが、春にあのピアノ嫌いだ!と、言ったもののやはりイギリス館のピアノは弾きたい。
さてどうしたものか?

それでだ!なんで今回こうもピアノが弾けなかったかというと、、。

横浜市がしつこく嫌がらせするからだ!
と、いうのもある意味根拠はあるが、言いがかりといえば言いがかり。

利用承諾書は結局わたしは受け取ってて郵送していた。
イギリス館におたくは何者?!代表者なの?と、言われたものだから利用承諾書のことなんかぶっ飛んでた。

8月の殺人的な暑さでへばったのか?も、根拠無し、ピアノは炎天下では弾かない。
空調の効かない密室でも弾かない。

ピアノのためにも家のためにも演奏者のためにも空調は効かせる。

そうだ。8月のお盆のシーズンからわたしはすぐにへばるようになり、からだがダルくて重い。集中力が無い。
これはピアノ演奏には非常に良くない傾向で、ピアノの練習には体力も集中力も必要だ。

どうしたんだわたし!?
生徒のレッスンはなんとかおこなえるものの自分が弾くとなると脱力感と無力感でやる気が一挙に失せる。

わたし結核にでも感染してるじゃないか?これは困る。
でも変!?なのは結核ならば微熱が続くはず(だと思う)だが、わたしは異様に体温が低下している35度代は当たり前で、34度くらいまで下がることもある。

何これ??!

もしかしてこれは睡眠不足のためじゃないか?
猫日和というブログでこの猫問題は詳しく紹介するつもりだけれど、病気持ちで老いぼれていてかつ、いくらかボケはじめている猫がわたしを夜1時間おきに起こすのだ。

1週間のうちどこかで、昼間ででも寝てられる日があれば凌げたのだろうが、残念そのような日は1日も存在しない。





これは猫に起こされてそれで睡眠不足から体が悲鳴上げてるに違いないのだ。

冬になって寒くなれば猫も朝までわたしのベッドで眠ることになると思う。(ならないいかもしれないけど。)
それまでは、猫よわたしはもう起きてやらないから好きなだけ部屋の外であばれていれば良い。

そのように決意した途端、あらホント妙な倦怠感も疲労も消え失せ、さて次は冬に向けてピアノの練習が始まりました。

そんな簡単なことだったのか?

で、9月のイギリス館でのピアノ演奏はどうしたかっていうと、クリスマスも別口の曲も間に合わなかったので「少年時代」を歌付きで弾いた。
春に弾いた時よりも、イギリス館のピアノ良くなった。

そんなことがあるのか?
まぁ、次は春に向けて練習をしてそして猫と睡眠不足には気をつけるのだ。
ピアノを弾くにはやはり体力が必要だ。

相変わらずわたしが教室の主催者としてはイギリス館は使うことが出来ないのだが、この研究会は代表者が交代したので申告する5人のお仲間をもう一人登録しなければならない。

そのもう一人にわたしは選ばれた。
わたしは住所氏名その他を横浜市に申告し、次にイギリス館周辺を通る際には本当にわたしがわたしあることを証明する物、つまりは健康保険証、運転免許証、パスポートのいずれかを提示しなければならない。

11月の5日頃までには提示する義務があるので急いでくれって。

それには心配には及ばない。
わたしは新山下にあるホームセンターに行くにはみなとのみえる丘の公園でバスを下車する。
つまりイギリス館の真ん前だ。

このあいだ(4日)ホームセンターに行ったら改装工事中のため5日まで休業だと、、。

ホームセンターには用があるのだから近いうちに行くわ。

寝不足だとピアノが弾けない(T-T)

何事を置いても寝ることにしよう。