秋のイギリス館

9月末にイギリス館で行われたイベントは終わった。
だが、とうとうピアノの練習は間に合わず、、。

だが、春にあのピアノ嫌いだ!と、言ったもののやはりイギリス館のピアノは弾きたい。
さてどうしたものか?

それでだ!なんで今回こうもピアノが弾けなかったかというと、、。

横浜市がしつこく嫌がらせするからだ!
と、いうのもある意味根拠はあるが、言いがかりといえば言いがかり。

利用承諾書は結局わたしは受け取ってて郵送していた。
イギリス館におたくは何者?!代表者なの?と、言われたものだから利用承諾書のことなんかぶっ飛んでた。

8月の殺人的な暑さでへばったのか?も、根拠無し、ピアノは炎天下では弾かない。
空調の効かない密室でも弾かない。

ピアノのためにも家のためにも演奏者のためにも空調は効かせる。

そうだ。8月のお盆のシーズンからわたしはすぐにへばるようになり、からだがダルくて重い。集中力が無い。
これはピアノ演奏には非常に良くない傾向で、ピアノの練習には体力も集中力も必要だ。

どうしたんだわたし!?
生徒のレッスンはなんとかおこなえるものの自分が弾くとなると脱力感と無力感でやる気が一挙に失せる。

わたし結核にでも感染してるじゃないか?これは困る。
でも変!?なのは結核ならば微熱が続くはず(だと思う)だが、わたしは異様に体温が低下している35度代は当たり前で、34度くらいまで下がることもある。

何これ??!

もしかしてこれは睡眠不足のためじゃないか?
猫日和というブログでこの猫問題は詳しく紹介するつもりだけれど、病気持ちで老いぼれていてかつ、いくらかボケはじめている猫がわたしを夜1時間おきに起こすのだ。

1週間のうちどこかで、昼間ででも寝てられる日があれば凌げたのだろうが、残念そのような日は1日も存在しない。





これは猫に起こされてそれで睡眠不足から体が悲鳴上げてるに違いないのだ。

冬になって寒くなれば猫も朝までわたしのベッドで眠ることになると思う。(ならないいかもしれないけど。)
それまでは、猫よわたしはもう起きてやらないから好きなだけ部屋の外であばれていれば良い。

そのように決意した途端、あらホント妙な倦怠感も疲労も消え失せ、さて次は冬に向けてピアノの練習が始まりました。

そんな簡単なことだったのか?

で、9月のイギリス館でのピアノ演奏はどうしたかっていうと、クリスマスも別口の曲も間に合わなかったので「少年時代」を歌付きで弾いた。
春に弾いた時よりも、イギリス館のピアノ良くなった。

そんなことがあるのか?
まぁ、次は春に向けて練習をしてそして猫と睡眠不足には気をつけるのだ。
ピアノを弾くにはやはり体力が必要だ。

相変わらずわたしが教室の主催者としてはイギリス館は使うことが出来ないのだが、この研究会は代表者が交代したので申告する5人のお仲間をもう一人登録しなければならない。

そのもう一人にわたしは選ばれた。
わたしは住所氏名その他を横浜市に申告し、次にイギリス館周辺を通る際には本当にわたしがわたしあることを証明する物、つまりは健康保険証、運転免許証、パスポートのいずれかを提示しなければならない。

11月の5日頃までには提示する義務があるので急いでくれって。

それには心配には及ばない。
わたしは新山下にあるホームセンターに行くにはみなとのみえる丘の公園でバスを下車する。
つまりイギリス館の真ん前だ。

このあいだ(4日)ホームセンターに行ったら改装工事中のため5日まで休業だと、、。

ホームセンターには用があるのだから近いうちに行くわ。

寝不足だとピアノが弾けない(T-T)

何事を置いても寝ることにしよう。





パワーハラスメント

9月の末わたしは山手の丘にそびえ立つ横浜市所有の洋館イギリス館でピアノを弾く予定がある。

わたしが5人のお仲間を集められないため、わたし及びわたしの教室は横浜市所有の会館を使用することは出来ない。
これだけだって、そうとう酷い仕打ちに思える。

でもなんで、今回はイギリス館に潜り込む事が出来たかって言うと、それはわたしが主催者じゃなく、わたしが所属している研究会が行うイベントであるためだからだ。

だったらそこから名義貸してもらって、横浜市の会館借りりゃいいじゃないか?
とも、思われるでしょうが、そういうわけにもいかない。

コトはそう単純でもないらしいのだ。

この5人のお仲間を集めなさい。の、横浜市の決定についてはお上の決めたことは仕方ないさ。
5人くらいのお仲間すぐに集まるときは集まる。
その日が来るまでは県立、民間のホールを借りてコンサートは行えば良い。

そう気を取り直してレッスン及びピアノの練習に励んでいたわたしであった。

だが、今年9月の会館予約及び、会食のためのレストラン予約はわたしの役割となった。

わたしがこの研究会で役に立つ特技を持っているのは(ピアノではない。ピアノは全員が弾ける。)それはわたしがiPadを所有していて更にパソコンが使えること。

ネット上で簡単に予約が出来る。ははは(*^_^*)
ここの研究会はわたしより年嵩の婦人が多いため、デジタル化には特化していない。

まぁ、それは良い。良くないのは、わたしは予約確定した翌日イギリス館に出向いて(更に言えばわたしが1番イギリス館に家が近い。)支払い、そして利用許可証をもらい受けるはずであった。

ところが、イギリス館の人はわたしが主催者ではないため、許可証は主催者が表れた時に渡す。
と、申すので領収書だけもらって、港の見える丘公園を見物して帰ってきた。

そして「イギリス館、取得いたしました。」の事務報告をボスにした。





それが4月。

その後、はまっ子カードという市の会館を借りられる証書みたいなカードと、申し込み方法の一覧の書類を次の係の者に送れのお達しが来たので郵送。

レストランは予約したのでこれでわたしのミッションは終了したはずだった。

ところが!だ!それでは終わらなかった(;。;)
8月の末に利用許可証を送ってくれ。と、言われてあのはまっ子カードの入った封筒になかったか?
金は払った。(700円だけど)

ない。と、言われわたし、わたしの事務机の中を探す。
半日探したが発見されず。

あるわけないじゃないか?
横浜市の者がわたしが主催者でないことが気にくわない。という理由でくれなかったのだから、、。

わたし、このあたりでいい加減横浜市から嫌がらせ受けている気分となる。

その次、吉野町市民プラザから9月の吉野町市民プラザの催し物のお知らせのチラシが一抱え届く。
うちの会館の事を市民に広く知ってもらいたい。との動機で、ピアノ教室を主宰するわたしのところに毎月届く、もちろん送ってもらってよろし。というわたしの許可のもと送ってくるのだが、、。

あのな。わたしは市の方針によりお宅の会館だって使わせてもらえないんだぜ。
それで広報の役割だけはしてるのかよ?!

もーーっ!!パワハラじゃないか?!って、叫ぶわたしだが、わたしが横浜市相手に訴え起こして記者会見開くワケにはいかず。
じゃ、深く傷ついたかというとそこまでわたしはヤワでもウブでもないのだけれど、、。

弊害は、なんだかこの嫌がらせされてる気分でピアノ練習する気が失せ。
本来、ショパンエチュードとチャイコフスキーの四季寸時惜しんで練習しなきゃならぬところを、さてピアノ弾こう。
という場面でラジオ体操ばかりを最近は弾いている。

パワーハラスメントというのはやる気を奪うものなのだ。

まだわたしはいい。イギリス館でピアノ弾かないで聞き役に回ったって誰も少しも困らない。
発表会だって講師演奏は絶対のものではない。

でも、やる気奪って人生変わっちゃう場面だって往々にしてあるのだ。
パワハラは良くない。嫌がらせと叱咤激励は全くの別物だ。

おかげさまでラジオ体操は最近上手に弾けるようなったので、竹之丸地区センターでも借りて(ここならいくらでも貸してくれる。)スタジオラッキーキャットのピアノ伴奏のラジオ体操。
でも企画しようか?





イギリス館の新しいピアノ

3月30日の午前、わたしは山手町へと向かう。
この日は研究会の発表の日。
目指すは港の見える丘公園に隣接するイギリス館、横浜市が自慢する洋館のひとつ。

ここでは1階のサロンを借りてコンサートを催すことができる。
ホールといっても舞台があるわけではないのでサロンコンサートの形式をとるのが普通。

コンサート開催中は1階のピアノの部屋は関係者以外立ち入れないが、建物の見学はすることが出来る。
風格のある古い洋館。
なんとなく小説に出てくるみたいな、ゾゾッとするほどブリリアントな雰囲気がある。

普通のうちの倍も横幅のある階段の踊り場からの風景。

窓からこれまた西洋風の薔薇が主役の庭園を望む。
本物のお嬢様になった気分を味わえる。

昔は厨房(20年くらい前)も貸してくれて、お茶、お菓子付きのコンサート、コンサートの後はお食事会も出来た。
これが元はといえば個人の邸宅の台所、お弁当屋さんや旅館の厨房じゃありません。

館の半分位は(それでも半分なのですよ!)見学出来るが、この日はイギリス館見物に来たわけではない。
わたしはピアノを弾きに来たのだ。

なので、屋敷の見物庭園見物はほどほどにして1階サロンのピアノへと向かう。

向かうが、イギリス館ピアノ替えたな!
確か去年の秋は以前のセミコンサートグランドのままだった。


これが新しいイギリス館のピアノ。

なんだかここのところヤマハのこのシリーズに縁があるな。

9人くらいの研究会で半年仕上げた曲を披露する。
わたしの演奏曲目はフレデリック・ショパンのエチュード12番Opus19Nr.12革命のエチュード。
さぁヤマハS4わたしの魅力を引き立たせておくれ。
期待してるわよ。上手くいったら兄弟ピアノ買ってやるから、、。

だが、見事期待裏切りその日の出来は最悪。
落ち込んで予定している食事会に行っても食欲さえわかず、食べ物の味のわからなかった。
なんてことは全然ありません。

わたし、喝采の瞬間はしつこく覚えていても悪かった演奏は終わった途端に忘れる。
という特技を持っているので、立ち直りは超早い。

立ち直りが早いのだって芸のうち。

それにわたしの演奏よりもっと期待裏切ってくれたのはヤマハS4と、横浜市のポリシー。
雪の日に指弾したヤマハのSXシリーズはそんなこともなかったのに、今度のイギリス館のピアノ凄い弾きにくい。
このピアノわたしの打鍵に反抗するのだ。

もー、言うこと聞けって(`・ω・´)
悪い子なんだから(;_;)良いピアノというものは打鍵の先読みして動いてくれるんじゃないか?
ってくらいレスポンスが良いものだ。

奇妙に鍵盤は重く。音がくぐもぐっている。
いえ、ピアノのせいにはいたしませんが、わたし的には以前のセミコンサートグランドのほうが良かった。

ピアノは選べる時は選べるがイギリス館にはこれしかピアノがないのだから選びようはなく。
次回の研究会もこのピアノ弾くので、感度の悪いピアノの癖はよく覚えておこう。

そしてだ!びっくりすることには、このピアノ様には注意書きがあって、
その1ピアノ動かすな。
(これは納得)
次、忘れたがこれも納得は出来た。

その次が意味不明??
大きな音で弾かないでください!

この注意書きに気がついたのは弾いてしまったあと。
フォルテで弾くなってことか?
ハハハもう遅い。

思い切りフォルテシモで弾いてしまったわよ。
悪く思わないでくれ。(何考えてんだろう?横浜市)

演奏の出来は悪く。ついでにピアノまでわたしとの相性は非常に悪かったが、外は春爛漫。美しい庭園を散歩して、エリゼ光でお食事。
お洒落なお店で食事するのは去年の発表会の打ち上げ以来。

お料理は美味しかったし、窓から見渡せる外人墓地の景観も良かった。

メゲずに、次からはもっとクラシックの演奏家らしくドレスアップして多少性格悪いピアノ相手でも見事に弾く。
次、イギリス館でピアノ弾くのは9月。

そして革命のエチュード次弾くのは7月、この時のピアノはカワイSK6このピアノとの相性はいい。





イギリス館

昨日9月29日朝、わたしはイギリス館に向かう。
そもそもわたしはイギリス館はじめとする、(関内ホール含む)横浜市の文化施設kら振られている。
つまり、5人の共同事業者?!が集められないのだ。

それはとにかく、わたしが主催者じゃなくたって、わたしだって何を隠そう所属している団体はある。
そう、その団体がイギリス館にて主催する音楽会にはわたしとてドードーと出演することは出来る。

ただ、わたしがこの団体に(ピアノの先生の団体で時として非公開の音楽会を催す。)所属していたことは永きに渡って忘れていた。

だが、思い出した以上は是非是非イギリス館に行って、ピアノ弾きますぜ。
ただ、準備する時間がないので仕方なく7月あかいくつ劇場で弾いたアニトラを暗譜して弾くことにしよう。

ここから出発
大和町のバス停
東日本銀行の裏側の道のバス停20系統。
到着はここ、港の見える丘公園にイギリス館はある。
港の見える丘公園のバス停

イギリス館というだけあって元はイギリスの偉い方の公邸だったそうだが、今では横浜市の所有物中身を見たければ開館時間内ならばタダで見せてもらえる。
ただし、音楽会その他を開催するには有料となる。
だが、とても安い。

昔はイギリス館側の決めた日にここを使いたい人たちがわらわらと集まってきてくじ引きで使う日を決めたのだが、今は違うややこしい手続きが必要となる。

詳しくは横浜市に聞いてください。
かつて本物のお屋敷なだけあって、家といえば家。
だが!ここは単なる家ではない屋敷なのだ。

それなので、超広い。天井も高い。
そして音楽会を催すべく場所はコンサートホールではなくてサロンです。
客間だと行ってもナメてはいけない。六畳の客間とはわけが違う。観客のための椅子が60脚も置ける。

それだけでもタダ者ではない人が住んでいた館であることの証明じゃないか。
イギリス館のサロン
↑これが、そのサロン。
サロンコンサートが行われる。その奥がサンルームで椅子やテーブルも置いてある。

ここのピアノはヤマハのセミコンサートグランド。
小ホール、サロン仕様のピアノです。

このピアノは弾き易い。
どこが弾きやすいかっていうと、装飾音符やトリルがよく転がってくれる。
わたしのピアノがこの辺が重たい。

いくらか高音域の音が軽過ぎる感じはするけれど、速いパッセージがよく鳴ってくれる。

いーや、わたしのピアノジョイントがイカレ始めてるじゃないか?
ちと不安になってきた。

でも、イギリス館のピアノだってそうは若い!?ピアノじゃない。
弦にいくらか錆が浮き始めている。

やはり5人賛同者集めて再びここでわたしがコンサート主催しようか?

そしてどうでもいいようなことだけれど、タダ者じゃないお方が住んでいたお屋敷なだけあって厨房、平たく言えば台所がむやみとデカイ。
その昔はこの台所使わせてもらえて、食事付きの音楽会というのもアリだった。

今は台所は使って料理出すのはNGになった様子だが、見物はさせてもらえます。

では次のコンサートに向けて、(あら、それ以前にカワイに試弾させてもらう。)ピアノの練習に励みましょう。




会館探し

昨日からわたし近来希なる落ち込み致しました。
夏休みの開催計画のミニコンサート見事、横浜市に振られました。

抽選で外れたんじゃありません。
門前払いくらわされたんです。

詳しく言いますと、わたしが開催しようとしていた横浜市所有のイギリス館予約システムに登録致せば、抽選で借りる事が出来る。

いままでそのようにしてわたしは過去20年以上もイギリス館でコンサートを行い。
去年までは同じく横浜市の関内ホールで発表会を行いました。

それが、昨日抽選について問い合わせたところ、団体登録には5人構成員が必要で全員の身分を証明するものを持参せい。
と、このようなお達しいただきました。

なんでも去年そのように変更になったそうだ。

5人揃えるのは無理です。
音楽家仲間いないのかよ?

って、きっと横浜市言うんでしょうけれどそりゃいますよ。
でもこれってタイミングの問題もあって、コンサートホールやサロンをシェアするようなお仲間は今は全員横浜市在住、在勤じゃないんですよ。

今は息子すら横浜市民ではなくなっている。

そう、時と場合によっては喜んでみんなでシェアしようよ(^-^)の仲間はいる。

でも個人事業主は公務員ではない。
同僚がいるわけじゃないのよ。

いない時はいない。

では( ̄^ ̄)ゞ個人登録してください。
ったら、個人登録者には関内ホールもイギリス館も借りる権利ありませんよ。

ひどくないか?
横浜市様わたしごときには公共の会館使わせないっていうの?

わかったよ。もう市民税払ってやんないから(`・ω・´)
あのな、相手市だからね。そんなわけにもいかないじゃない。
差押に来られるよ。

なので今日、市民県民税最後の分払いに行きましたよ。
高価だもんなー。横浜市の市民税。

その市民税マトモに払ってる市民にこの仕打ちかい?

だが、ここで気を取り直して。
行動すべきこと。

生徒たちとその保護者に侘びを入れる。

次、横浜市の所有でない会館探す。

ふふふふ(o^^o)♪わたしだってシロートじゃあない。
それに横浜市に振られたって中区の区民だぜ。

ターゲット(☆∀☆)キラッ開港記念会館、ここは中区の公民館的な役割のある歴史的建造物。
関内ホールより素敵だわ。

開港記念会館は開催予定の6ヶ月前に来てください。大勢きたら抽選しますから。
方式の古式ゆかしく、古き良き時代の貸出方式とってくれてる。

ありがたや。

ミニコンサートはここで開催に予定変更。

次のターゲット、ゲーテ座。
民間。ゲーテ座のピアノ素晴らしい。スタインウェイも貸してくれる。

本発表会はゲーテ座を狙う。

その次は県立のホールだが、県立はみんな予約1年前。
まぁ、次の次は考えよう。