持続化給付金について

今年の4月、体験レッスンの申込が0。これは記録だ!こんな春ははじめて、春は別れの季節ではあるけれども出会いの季節でもある。普通、4月は入会するしないはとにかく、問い合わせは来る。

わたしが生徒募集ずるけていたツケとは思えない。ポスティングも春の早い時期にしたし、今は猫が家出中なので訪ね猫のボードになっているが、体験レッスン受付中のボードも出していた。

何が悪かったんだろう?って、コロナが悪かったに決まってる。出歩くな、学校は休校の非常事態に誰だって、そろそろピアノのレッスン考えましょうよ(^-^)っていう気にはなれないだろう。

コロナ休みを取る生徒も多くて、うちの教室は閑古鳥が鳴き始めた。さて、どうしましょ。こんな時こそ、自分の勉強に励む。という考えはわかるのだが、この騒動で息子が在宅勤務している。そこであんまり、ピアノガンガン弾くのは気が引ける。ここでもおうち教室の弊害が出てきているのだ。

このまんまじゃやってけそうもない。廃業してしまおうか?という考えがチラと頭を過ぎる。

入会申し込みが一つも来なくても、コロナに怯える生徒たちが一斉に休んでも、鬼の如く悪魔の如く、引き落としになるものはなる。もー、音楽教室の軍資金の借金(あとは生命保険)なんだからな。どうしたらいいのさ(ToT)

こんな時、当てになるのは息子、仕方ない。息子に借金した。

同時期、なんとお上がこの騒動で迷える個人事業主を救済してくれる制度を提示してくれた。(@^▽^@)文句言いながらも税金払ってきて良かったなわたし。

税理士ドットコム

よほど、所得のある人はこんな作業も税理士先生にお任せしちゃったほうが確実、迅速なんだろうが、、。なんといってもおうち教室のわたしは、そこまで所得がない。

(・_・;)ー、申請ってどうするの(ToT)なんて言ってられない。やるんだ。わたし。まずは中小企業丁なる官のサイトにアクセース\(*⌒0⌒)♪

中小企業丁https://www.chusho.meti.go.jp/

ここです。

わたしが申請したときは気付かなかったが申請の動画があります。

用意するもの、今年のはじめの確定申告用紙、確定申告書B、令和1年分の所得税青色申告決算書、振り込み先の銀行の通帳、去年の4月の決算書(わたしはExcelで管理しているのがある。)所得がなくなった、あるいは減った今年4月の帳簿。それを比較して、中小企業丁の指示に従って計算する。

ウェブ申請の場合それらの書類を全部スマホで撮影して、パソコンに送り、申請ページに転送した。

申請通るかな?と、思ってたら、一つ申請書類が抜けていた。なので、再度撮影して転送。そして、本当に困っているのです。助けてください。と、祈る。

そうしたらヾ(*´∀`*)ノわたしの申請書類と祈りは届き、ちゃんと持続化給付金が振り込まれました。あーあ、助かった。引き落としには間に合わなかったが、それは息子からの借金で賄った。

息子からの借金が返せる。ヤツだって、有り余る富を持て余してる訳じゃないのだ。自動車税と車検代払ったあとなんだから楽ではないであろう。

今日から6月、子供たちの学校も始まった。コロナ休みの生徒さんたちも今月から戻ってくる。

5月が去るのが嬉しくて、6月がこんなに待ち焦がれたのは生まれて初めてじゃないか(@^▽^@)

とにかく、息子と官に助けられてコロナ騒動を切り抜けた音楽教室、今月から気合入れてガンガンやるわよ(^-^)

ハートのリミッター(女の子失敗から学べ!)

唐突ですが、どうもうちのピアノ教室倒産した。倒産したって言っても音楽教室は会社組織になっていないし、法人でもない。従って破産管財人を雇って、ハイ。スタジオラッキーキャット負債幾らで破産いたしました。と、官報に載るわけじゃない。

だが、うちの教室このコロナ騒動で新入会ゼロ、そして半分近く自粛要請を受けて休んでいる。したがって、収入はガタ減り、負債つまり創業時にした借金が返せない。だが、あくまで法人じゃないので、返せません。すみません。破産します。って、チャラにしてもらうわけにはいかない。

いかないから生活を切り詰めて、家計費から借財を返す。この状態、倒産したって言ってよくないか?つまり経営破綻している。

時々それじゃ(o・・o)/って、首つりする経営者の気持ちがわかる気がする。わかる気はするが、そこは女の子、失敗から学ぶのだ。ナニ、音楽教室の経営破綻なんざどうにかなる。

この窮状をどう乗り越えたらいいのか?6月になれば、自粛休暇中の生徒が戻ってくる。それを期待しよう。新入会がいないのは仕方ない。それでも破綻が続けばどうしたらいいか。

場面その1、並行して違う事業を始める。(元手のかからない。)

場面その2、生徒が少ない。と、いうことは自由な時間がある。ということなので、アルバイトをする。

この副業を持つことについてだけれど、女の子であるわたしは男のプライド。という厄介なものは存在しない。男の子の経営者は妙なプライドがあるのではないか?女の子のほうが変幻自在、柔軟性があるのだ。副業にコンビニ、ファーストフード、介護施設のアルバイトしたってプライドは傷つかない。

その窮状乗り切りはとにかく、では何故経営に失敗したか?が、本日の課題。

大きな要因はおそらくわたしのハートのリミッターのせいなのだ。リミッターって、カタカナ使わないで日本語で言えよ。と、考えたのだが、リミッター日本語だと振幅制限回路という。リミッターのほうがわかりやすい。

最初、わたしはここでの生徒のキャパは(これは許容量)40人から50人と踏んでいた。いずれはリトミックの講師を入れて80人規模にしようと考えていた。それに合わせて広告宣伝料をそもそものはじめに投下したのだが、、。

どうにもこうにも、うちせいぜい25人規模までしか発展しないのだ。これはわたしが市場調査しなかったせいだ。とか、うちの裏手の宅地造成地にいつまでたっても家が建たないのが、運気に陰りを落としてる。とか、泣き言、言って、やはりサロネーゼ型の教室はこれが限界かな。だが。

現に、うちから300mくらいの場所で教室を経営している講師は80人規模の教室にしていた。やってやれないことはないのだ。

本当の敗因はわたしが、自分で自分にリミッターかけていたからだ。リミッターかけてたから、営業するにしても本気モードから腰が引ける。だって、ポスティングは一戸建てにしか出来ない。というのも考えが甘いだけ、郵便局に頼んでこのマンションとあのマンションと指定して、ダイレクトメール入れてもらえば解決する。金はかかるがなん100万円もかかるわけじゃなく、第一にわたしがポスティングしなくて済むんだから楽だ。

1回や2囘、反応がなくても悲観することはない。定期的に行えば、道は開けるはずだ。

その努力しないで、ウェブ制作業者や問い合わせシステムばっかりに軍資金投入したもんだから、採算が取れなくなっている。デジタル営業も結構だが、超地域密着型の経営だと広域の宣伝費は予算を低く見積もって始めないと身動きが取れなくなる。

そう、うちなんかはこんなもん。ていういじけた気分からハートを開放するのだ。市場調査的にそれほど立地が良くなくったって、家族向けの新しいマンションがボコボコ出来てるんだし、しつこく需要掘り起こして行けば為せば成る。

わたしは自己啓発セミナーもどきに誘われたことはあるが、あんまり信じられないのだ。だから、リミッター外しにそのような所に通う気はない。

いったん破綻した教室(レッスンがじゃありません。経営がです。)どうするかはツラツラ考えることにして。取り敢えず、女の子(もちろんピアノ教室の主催は男の子でも出来る。)教室経営を破綻させたくなければ、ハートのリミッターを外そう。

そのように深く反省したいところだが、反省だけなら猿でも出来るのであんまり考えないようにして次に進もう。

福利厚生のピアノレッスン!再び

これからは、中小企業丁なるところにお電話してコロナ騒動のこの体たらくにどう助けてもらえるのかお伺い立てなければならない。と、昨日考えていたら。

なんとΣ(゚д゚lll)家電がリンリン鳴るではないか?まさかお上のほうから、補助を受けたくばこの書類とこの書類を用意して、この官公庁に出頭せよ。と、親切にご指導頂けるのかいな(?_?)な、ワケはなかった。

だが、もっと気の利いたホームページ作ってやるから100万円よこせ(最初から金の話はしない。)とか、ブログで集客するためのオリジナルブログ作ってやるから200万円用意しろ。(誘拐かよ。)とか、単なる入力フォームじゃない集客システム作ってやるから100万円+毎月5500円払え。

では、なかった。だが、上記のような営業とはこれまたひと味違う営業電話であった。いや、たいして珍しくはないものの、( `・ω・) ウーム…まだ懲りてはおらぬのかー(@^▽^@)

このお電話は、以前にも2,3回頂いたことがある。大会社や官庁の福利厚生として習い事の月謝を持つ。というような、取り組みがある。つまりお父様、もしくはお母様がお勤めしている会社や役所の福利厚生でピアノのレッスンがタダ、もしくはタダ同然で受けられる。という、システム。その素晴らしき文化的福利厚生の提携教室にお宅(つまりわたし)がなってくれないか?いい話であろう。

提携料が無料ならばいくらでもなってやるが、どうせ有料で入力システム屋の5500円よりバカ高い(4万円なのだ。)提携料毎月ふんだくられるんだから断る。と、言って電話を切った。

女ひとり、長年かけて鍛え上げた楽器演奏というスキルを仕事にしようと、まこと儚い教室を開いていると、世の中は凡ゆる陥穽を持って襲いかかってくる。

あのな。たかだか5500円のシステム管理+サーバー使用料が、コロナ騒動のせいで生徒が休会要請されると支払いが苦しくヒステリー起こしてるくらい儚い個人事業なんだよ。

まだ、ホームページや入力システム、ブログを制作してくれる。ってんでなん100万円も請求されるのはまだわかる。手広く教室を展開して年商が1000万円くらいの規模まで発展させたい。っていうならば、それくらいの宣伝広告費やシステム開発に投資するのは妥当だろう。

だが、福利厚生の提携教室ってなによ(’◇’)それに提携料が4万円てふざけてないか?

子供の習い事の月謝を補助する福利厚生ありの会社があることは知っている。知っているが、うちの近辺にその会社に勤めている親がいなければ、この取引は成り立たない。一方的にわたしが4万円払い続けなければならない。

遠くからでも通ってきてくれるかもしれません。なんていうのはアテになんかなるものか、この仕事は超地域密着型なのだ。

ただでさえ、コロナ騒動で生徒が激減している。(戻ってくる生徒は戻るが、こういったことを機にやめてしまう生徒も多い。それは経験からよくわかっている。)

こんな時期に福利厚生だの提携だの戯けたことは言わないで欲しい。金のこと言うと下品だ、下品だ。って、言われるが下品にもなるわ。そんな不確実な話に4万円月々払えたら苦労しないわ。

なので、うちにはもう絶対電話しこないでくれ。前にも言った筈だ。わたしはお宅たちと提携は致しません。

NURO光

IT関連でこれはこれから外せないのがインターネットサービスです。↑ホームページつくる。とか、システム導入はその後、よく考えましょう。

ピアノと家の防音

今現在、わたしの教室は特別な防音設備はしていない。最初から、つまりこの家を建てた時からグランドピアノは(例のヤマハC3です。)入れるつもりだったのでピアノを置く場所の床は補強した。

ピアノというのは途轍もなく重たいからだ。

うちの家の工法は2by4、つまりは木造住宅だが、ハウスメーカーさんが、うちの仕様は常識的な時間帯に弾くのであれば防音室を別途用意する必要はありません。

と、言われたからです。北アメリカ仕様で超機密性はいい。なので、ピアノ弾くとガンガン音が外に漏れてしまうことはない。これは本当で嘘偽りありませんでした。

だが、失敗は別のこと、やはり音楽室を独立して作れば良かった。

更に別のハウスメーカーからもお話伺いましたが、うちは標準で窓が2重なので防音効果は自信持ってお薦めします。中に防音室を入れるような必要は絶対に必要ありません。

とのこと、ここは北ヨーロッパ仕様のハウスメーカー。そりゃいいわv(=^0^=)vと、思ってこのメーカーさんに飛びつきそうになったのだが、欠点は坪単価が高い。すみません。m(_)mとても費用をお支払いできそうもありません。

そして、今を去ること30年前、古い在来工法の日本建築の家にグランドピアノ入れた頃は、ヤマハのアビテックスちゃんと購入しました。古風な日本的建築の場合。普通は防音効果はあんまり期待できない。と、見ていいと思います。

家の周りが森で1番近いお隣の家が1キロは離れている。っていうような条件の立地ならいざ知らず、また、どのみちピアノは生活音のある時間帯に10分くらいしか弾かないのならいいでしょうが、まとまった時間ピアノ弾いて、更に夜間の時間帯に練習やレッスンがあるのならば、やはり家の防音効果は考えざる負えません。

一押し防音効果抜群です!って、言っていたのは、ハウスメーカーさんじゃなく。息子の友人の音楽家のご家族のお話。この方たちの家、もしくはレッスン室はブロックを積み上げて作ったような家ってありますよね。あの工法です。この家は本当に音漏れがほとんど外にしない。(~_~メ)、家の中で窒息しないか?って、心配になるわ。夜ピアノ練習したって、なんのその、しかも弾くピアノ曲がチーチーパッパじゃありません。ベートーヴェンの後期のソナタ弾いたって、ショパンのスケルツオ弾いたってまるごとOK。だそうです。羨ましいな。

ただ、ブロック積み上げ方式の家の欠点は出来上がってから間取りの変更が難しい、もしくは不可能。外観が洋館風や日本建築風にはならないこと。防音効果別にしていいところは屋上が使える。

更に、今の家でピアノ弾くレッスンする。のでつくづく良い。と、思うのは天井が高い。アビテックスだった頃は天井が低くて圧迫感がある上に、ヴァイオリンの伴奏ここで行った時には背の高いヴァイオリニストが弾くと天井に弓がつく。とさえ言われて、やはり天井は高い方がいい。

音楽と関係の無い所では北アメリカモジュールがいいと、思ったのはいずれはこの家は息子の家となる。ことを想定。息子は背が高い。平均的な日本建築のモジュールだと色んなところに頭が当たる。なので、天井が高い方がいい。

と、思ったのですが、このモジュール特に長身でもないわたしには高すぎて手の届かない箇所多し。全ての事象満足させるのは難しい。

これから、家を買う。もしくは家を建て替える。そして、ピアノのレッスン(違う楽器や声楽でもいいが)をする。または、気合入れてピアノの修行をしたい。方は、↑このようなところに相談することをお薦めいたします。

家の工法によっては、要アビテックス(ヤマハの防音室です。)もしくは、防音工事。全く防音工事が必要ない工法。防音工事は必要ないが、床の補強は必要。と、いろんな場面が想定されます。

なお、わたしがアビテックス使っていたのはかなり昔の事です。天井が低いの、圧迫感があるの、という問題は改善されているかも知れません。

ヤマハ、カワイともども防音室のラインナップも充実しているので、どうも防音した方が良さそうだ。という場合、またマンションによってはグランドピアノでもOKだけれど、必ず防音してください。って言われることあるので、資料取り寄せてショールームに行ってみましょう。

調律師を探せ

先日の如く、わたしとわたしの一族は某ヤマハとその子分のカード会社に侮辱を受ける。だが、相手は世界最大のメーカー様なのだから、わたしの方が無理ごもっと。と、引き下がりゃいいのさ。

とは、思わなかった。時として従属より尊厳のほうが大事なことだってあるのだ。だが、ピアノはもうクーリングオフの時期は過ぎていたので返品は出来ない。そもそも、グランドピアノにクーリングオフが適応されるのかも良くはわからない。

だが、いくらプライド傷つけられたからって買ったばかりのピアノを↓

引き取って、つまり売り飛ばす気にもなれない。だいたいピアノ教室主催者であるわたしにはピアノは必需品なのだ。

話は逸れるが、昔はピアノは贅沢品としての税金が掛けられていた。だが、一定の教育機関の最終学年ではないもの、つまり音大やそれに準ずる学校に在籍する最終学年ではない者は免税でピアノが買えたのだ。

それも遠い(`エ´*)トーイヨ昔の話。

だが!ピアノの替えは無理(だって、買ったばかりのピアノ売って新しいピアノ別のメーカーで買ったらいくら金が動くのだ( ゚д゚ ))としても調律師の替えは効く。もう、ヤマハでの調律は断ろう。

これからが調律師探しの幕が切って落とされたのだジャーン!

調律師は慎重に探さなければならない。この話は20年以上も昔の話、今はそんなこともなくなったらしいが、当時はまだ怪しいピアノ調律師が跋扈しておったのだ(╬゚◥益◤゚)

調律師の技能試験はなななんと2011年から実施工エエェェ(´д`)ェェエエ工遅すぎるのだ。もっと早くから実施してもらって試験に落ちたヤツは人のピアノの調律なんぞしちゃいけないことにして欲しかった。

詳しくは↓を参照して欲しい。

https://shikakuhiroba.net/music/28#html

話をそもそももっと昔、わたしがアップライトピアノを持ち込んでこの地で最初に始めた音楽教室。ピアノと場所は整ったが、次に調律師を探せ。叩けば扉は開く。なんと近所に調律の看板を発見。ここに頼めばいいんだ。

だが、これが間違いの始まりであるのは後に判明。

どうも、この調律師怪しい。怪しい事象その1は、スタインウェイのグランドピアノが欲しいが、心当たりあるかいな?との問いに。

見栄でスタインウェイ買ったアフォが昔いたが今は知らぬ。と、返答。

この当たりで怪しいほうに針は触れた。今思えばこの段階で追っ払えば傷は浅く済んだ。

だがまぁ、グランドピアノが欲しいが実家のピアノは既に売却済み、なので中古の程度のいいグランドピアノを頼む。と依頼。

そこで、購入したグランドピアノこれが途轍もないく怪しい代物。なんだか、弾くとガタゴトするし、年代が古すぎる気がする。ったら、ピアノが古いほうがいいんだ((o(>皿<)o)) !!とヤローはのたまう!イミが違う気がするっ(?_?)

(/ω\*)もうこのグランドピアノやだ。貯金叩いて買ったが、今度はちゃんとヤマハの正規代理店で買おう。そう、借金するが音楽教室やるんだからそれで返せる。この怪しい(;一_一)ピアノブローカーやってるイカサマ調律師はお払い箱ぢゃーー(=_=)

ヤマハの正規代理店に頼んでグランドピアノを1台欲しい。そして、今のインチキグランドピアノを下取りに取って欲しい。

買い替えの時は下取りに出しましょう。もうピアノとは当分おさらばさ。と、言う時はピアノ買取り会社に高値で引き取ってもらいましょう。

そうしたら、この時はヤマハ様様、わたしに変わって程度の悪いピアノ売りつけるとはアコギな商売しとるな!と、(=_=)怪しい調律師そしてブローカーを成敗してくれたのです。

そうです。ヤマハとて鬼でもなければ、ましていかがわしいなんてことは絶対ありません。この後の、カード事件だって、わたしは深く傷つきましたが事象としてはちょっとした行き違いなのです。

わたしは新品の3台の中から選定したお気に入りのグランドピアノ手に入れたのですが、ここでも調律師問題起きちゃいました。

そのカード事件の行き違いでわたしは深く傷つき、(詳しくは前日のページ参照してください。)新手のピアノの調律はお断りしたのです。だがな!自分で調律するわけにもいかず、当たり前だわ調律出来ればわたしは調律師になってる。

調律師を探せ。今度はインチキピアノブローカーなんかじゃない腕のいい調律師を。

看板出してるだけじゃ、信用しないからな(=_=)あらゆる伝手を頼って探すのだ。そこで、調律を依頼したのが、埼玉在住の調律師。友人の伝手なのです。埼玉在住なので交通費の請求したいそうだが良いか?交通費?構わないわOKよ。この方には10年間に渡ってお世話になりました。

ところが!ピアノ調律的には平和な時期が続いた後。わたしのボロ屋は傾き始め(家運ではない。物理的にだ。)そこで一念発起注文住宅を新たに建設することにした。しばらくはピアノは倉庫に預けたのだが、、。

そう新たな家になって倉庫からピアノ引き上げてすぐにすること、それは調律。

そこで調律するも、今度は調律師さんのほうが、介護問題が発生し埼玉県に住んでいるのでとても神奈川までは伺えなくなったと、、。┐(´д`)┌ヤレヤレ

だが、アコースティックピアノというものは調律しないわけにはいかない。今度も伝手を、、。って言っても、そうそう良い調律師が木に生ってるわけじゃなし。

仕方あるまい。やはりヤマハに頼むのは心の傷が痛むので有隣堂にtellして、求む腕のいい調律師且つピアノブローカーやってない人。有隣堂たちどころに調律師を派遣してくれましたね。

今のところうちのピアノの調律は落ち着いて年に2囘有隣堂のピアノ調律師さんに来てもらってます。あかいくつ劇場の調律も依頼しております。

そして、ここでクールダウンしますが、次はFAIZOLIのピアノ買うから(@^▽^@)と、言いましたが、そりゃ大金稼げればいくらでも買いますが、現実問題としてはこのヤマハC3死ぬまで弾くと、思います。

値段公開しないでくれ、らしいので詳しい値段は言いませんが、外国ピアノは国産ピアノの3倍もの値段するんですよ。とても手が出るものではありません。それに、国産ピアノは何といっても安い(イタリア製に比べりゃ)上にヤマハのピアノは手荒に(湿度や温度のこと)扱っても健気に壊れずに音が出る。