成功するピアノ教室その条件

最初にお断りいたしますが、わたしはこのようにしてピアノ教室経営に成功した。なので、ピアノ教室成功を目指すあなたはこのように致しましょう。さらに詳しい情報は、ピアノ教室成功者の偶像であるわたしが作成した教材を買いましょう。

いくらいくらです。安いでしょう?

と、いうものではありません。どっちかというと失敗から学べ!音楽教室経営で経済的自立が出来るのは生徒30人、50人に達すれば家族を養うことだってユメではない\(*⌒0⌒)♪

いやいや、それに留まらない。講師を雇って近隣に広く展開する。地域展開が終わったら次は、全国展開ぢゃ(^O^)!ほ

元が、大きな会社でそこから派生した全国展開の音楽教室だってあるでしょうが、最初は自宅の一角で創めて手広く展開していった教室だってあるのです。

で、話元に戻して、わたしが失敗した。と言っても惨憺たる惨敗だったわけではありません。あらゆる営業活動して生徒は当初は倍々ゲームで集まりましたよ。だが、15人から25人程度で頭打ちとなる。

そうです。これでやっていける。状態にあと1歩とういうところで頭打ちとなる。原因は市場規模がこれくらいだからだ(☆∀☆)と、叫び(>_<)そうだ。それに違いない。市場調査しなかったのが(市場調査なんてしたらいくらかかるのよ(?_?))間違いの始まりだったのだ。

市場があまり魅力的じゃない。って、確かにあったんだろうけどそれならそれでもっと魅力的な市場を開拓すればいいのだ。

今現在うちのキャパはこれでいっぱいで募集打ち切ったのも、、。1番大きな原因は、それはうちはリビングに置いたピアノでレッスンしている。したがってレッスン中は家族には退散してもらっている。(家族がそれが嫌だ。と言ったわけではない。)

やはり、教室経営には独立した音楽室が必要だったのだ。それが、身にしみてわかったのは、例のコロナ騒動で息子が在宅勤務を始めたことだ。

この家の機密性はいい。ハウスメーカーの人が防音の必要はありません。と、言われたとおり、早朝真夜中にピアノガンガン弾かない限りは問題ない。だが、家の中は別だ。家の部屋どうしは結構響く、音楽室で独立させていれば対策はあつたのだろうが、リビングではどうにもならない。

息子がネットで会議してたり、電話してたりするところでショパンエチュード弾く気にならないのだ。早い時間にやってくる小さい子はまだ指力が発達していないのでいいけれど、わたしが弾くのは気が引ける。

そうか、わかった(^-^)/そうだったのか?

うちは独立した音楽室がない。全ての敗因の根本はそこなのだ。レッスンしてなきゃ家にいる誰かがテレビ観に来る。おやつを食べに来る。何もしなくても寛ぎに来る。って、環境じゃわたしが落ち着いてレッスンする。練習する気が起きないのだ。

その気が起きなきゃ、営業しようにもまぁ、いいか(≧∇≦)bって、モードになる。発作的にポスティング始めても、今時継続してやんなきゃ効果薄いのよわたし。

↑このような総合音楽教室まで発展させたければ、、、。いえいえ、恐れ多いもうちと小規模で結構です。でも、、。

ええ、でも狭くてもいい。独立した音楽室を作りましょう。ただ、もちろん独身で1人住みであれば、家全体が独立した音楽室みたいなものなのでそのままでOKかもしれません。

音楽教室を成功させたければ、レッスン部屋を確保せよ。

家が狭くてレッスン部屋なんか確保したら、ご飯食べる場所も寝る場所もなくなるわよ。それじゃ、諦めな!ということもありません。考えようによってはなんとかなるのです。

わたしは、その手の調査だけは実は怠りなくやってきた。その結果が生徒募集の打ち切りなのです。

例えばこの本で紹介されている。というか、ご本人の体験談だけれど、やりようによっては軍資金が不足していても、成せばなる。


わたしが嘆いていた市場調査のことも、この辺は空家ばかりになったとか、老人ばかりで子供がすくない。だいたい子供より老人のほうが多いのは日本全国どこだってそうで、うちの近所の専売特許じゃない。

例えば、うちの本当の徒歩圏ではNTTの社宅のあとになかなかどうして素敵なマンションを建設中。ここをターゲットにせよ。マンションはチラシ配布させてくれない。なんて泣き言は言わない。チラシ配布できなければ、そのマンション限定で郵便局に頼んでタイレクトメール郵送してもらえばいいのだ。

ですが、とにかくうちはここで募集は打ち切りとして、、。失敗した側からの教室経営についてはこれは懲りずに発信し続けます。

ピアノ教室の営業

これは今を去ること、2月の中旬の頃、わたしは東音企画で作ったチラシをバックパック及びレッスンバックに入れてポスティングを行った。

アナログをなめてはいけない。ホームページ見ました。と、言って体験レッスンにやってくる生徒候補生も実はホームページ見る前にチラシ見ていることがおうおうにしてあることが判明。

では、うちも繁盛するピアノ教室目指してポスティングに励むのだ。時は2月絶好のポスティングシーズン。ちなみに夏、ポスティングしようとすると暑くてぶっ倒れそうになるのだ。ポスティングは歩いているうちに体が暖まるので寒いくらいが調度いい。

そのように営業活動に励むわたしであるが、本日レッスンは休みなので日がないちにちポスティングしましょ(^-^)っていうんで、小学生の下校時にはあらかたチラシは無くなっていた。この調子で新学期が始まった頃またチラシ発注しようかな?と、思ったその時、下校時の小学生たちがみな、何やらクリアファイルを持っている。

最近は学校もお知らせをあのようなクリアファイルに入れて持たせるのかいな?と、思うも、、。わたしの胸は微妙にざわめいた(O.O;) (o。O;)なにか秘密があるような気がする。

わたし、さりげなくクリアファイルを持つ小学生に近づき問題のクリアファイルを凝視(◎-◎;)!!わたしの胸のざわめきは見事り当たりv(=^0^=)v

進学塾のチラシでした(O.O;) (o。O;)どこぞの塾がクリアファイル入りのチラシを下校時を狙って門配していたのだ(((o(*゚▽゚*)o)))

やるもんだ(^-^)うちもそれくらいはしなけりゃならないに違いないのだo(TヘTo)昔、息子が勤めていた進学塾でも門配はしていた。ピアノ教室だけで生活成り立たせている。っていう人も門配はしたらしい。しかも門配は効率いいそうだ。

だが!門配の壁がなんとなく高いのはポスティングと違って(いやポスティングだって最初は勇気かき集めて行ったものだ。)直接、人に手渡すのは恥ずかしい(/ω\*)それに現実問題として、近所の小学校は何人か生徒がいる。

もーー!別に悪いことしてるわけじゃなくったって、なんだか恥ずかしい(//∇//)じゃないよ。これが、自分の教室じゃないPRのチラシやティッシュ手渡すんだったら、いいバイトじゃない(*´∀`*)とも思うんだが、、。

そうよ。アルバイト雇えばいい。では、この秋からでも実行しようか?

そんな思惑、コンサルタントの先生なんかだったら、秋まで待つな(`・ω・´)今やれ\(*⌒0⌒)♪って、とこなんだろうけど。今はあまりに時期が悪すぎるのだ。

コロナウィルス騒ぎで、小学生が学校から消えてるのだ。付近の公園には小学生たちは群れてタマ遊びや、雲梯、ブランコ、鬼ごっこに興じているのだが、タマ遊びやジャングルジムの子供にクリアファイル入りのチラシ渡したって「いらない(゚Д゚)ウゼェェェ」って、言われるのは請け合いだわ。

あれは学校帰りだからこそ効果があるに違いないのだ!

今年の春は問い合わせが極端に少ない。コロナウィルス騒動のためかどうかはわからないが、コロナウィルスだろうとノロウィルスだろうと、子供とその家族が感染していなければ進学塾、学習塾の類は春の講習に申し込むだろうが、、。

なんだか、ピアノは絶対、塾に比べりゃ優先順位低そうなのよね。

コロナウィルス、いつ終息するんだろうか?零細ピアノ教室主催者も門配も出来なくて困ってるんです。

福利厚生で月謝がタダになる話!

タイトルはこれですが、わたしは福利厚生でピアノの月謝をタダにする方法を知っているわけではありません。

懲りずに、大会社、公務員の方々の雇い主と提携して会社、役所の福利厚生で家族の習い事の月謝を負担してくれる。その提携教室になりませんか?っていう勧誘電話がまた!((~_~メ)かかってきた。

ウエブサイトとはいろんなもんを拾ってくれる。

わたし、「ならば、タダで提携しよう。提携料かかるなら断る。」って、とっととおい払った。(どうせ、びっくりするような提携料ふんだくるつもりなのだ。)

だが、あまり疑ってかかるのはよくない。わたしが知らないだけで家族の習い事も提携しているところのならば気前よく払ってくれる会社や役所があるのかもしれない。

そう思って検索開始。だが(^o^)/習い事の月謝を福利厚生で負担。で検索すると、去年の今頃のわたしのこのブログが出てくる。

福利厚生でスポーツクラブの会費を負担してくれる。ってのは、ある。だが、タマに福利厚生で子供の習い事費用負担してくれる。って会社なくはない。なくはないが、あんまりない。

それで思い出したのは、大昔わたしの父親の会社で女子社員対象に(男子でもOK)会社の福利厚生の一環としてお花のお稽古を社内で行ってことがある。

同じく福利厚生でお茶の( *´∇`)_旦~~お茶どうぞお稽古というのも有り。らしいが、ピアノって聞いたことあるか?

お花やお茶ならばそれもわかる。先生に週に1回か2回退社時間後に来てもらって会議室かなんかでお稽古出来るだろう。だが、普通会社ってピアノ置いてあるのか?だから、提携したら会社でなくうちに来てもらうのか?

そのお花の稽古だって先生に提携料みたいなの払わせてたのか?

この事象もう少し、トレースしてみるとうちの教室と提携している。役所もしくは大会社の公務員や社員がうちの近所に住んていることが前提となる。この事業は(音楽教室)は超地域密着型なのだ。

うちの近所もさる電話会社の社宅があった。だが、その社宅は現在崩壊し普通のマンションに建て替えている。もちょっと先に大航空機会社の社宅もあったが、そこも現在は崩壊。だいたい飛行機会社の社宅は本牧緑ケ丘にあった。徒歩20分圏これでも遠すぎ理由に断られることは多い。

もう一つ、大商社の社宅もあったがそれは今や高級マンションに姿を変えている。

だいたい、この会社達?!が習い事の提携してくれてるかどうかだってわからないじゃないか?そうよ。あと郵便局の社宅が至近距離にあるが、(まだ健在)郵便局と提携してるんだかどうだか?そういや銀行の社宅もなくなった。

提携してる会社の社宅に子育て世代が大勢いて習い事の教室みんな探してる。つて言うならとにかく、気の利いた社宅は今や姿を消しつつある。

普通のうちに住んでる提携社の社員さんだっています。ってもね。その社員がピアノ習いたいと思う可能性は低い。狙い目は子供なのだが、必ずしもピアノ習得適齢期とは限らないだろう。

どう考えても分が悪すぎる。提携料の2万円から4万円払って、近所に福利厚生で提携している会社の社員が居る→そこに幼稚園年長から小学生くらいの子供がいる。→子供も親もピアノを習いたい。と、思っている。→ヤマハ、カワイの大教室でなく個人の教室がいい。と、思っている。

↑これだけの絞込みでどれくらいヒットするんだか、、。なんだか、提携料だけ延々と払い続けていつまでも来ない提携生徒を待っている。という、悪魔に魅入られたような図になる気がしてならない。

なので、提携会社の営業マンの方ここで宣言するが、わたしはどことも提携する気がないのでわたしを口説いたって無駄なのでよそを当たってください。

マーケティングリサーチ~繁盛するピアノ教室

生徒がいなければピアノ教室はなりたたない。したがって生徒募集をかける。その方法はチラシを作ってポスティングする。幼稚園や保育園、小学校の前駅前、はたまた老人クラブ前で門配する。新聞の折り込みを入れる。

家の前に看板を設置する。情報誌に掲載してもらう。近隣の知り合い全部にピアノ教えてます。習いたい人知りませんか?と、声をかける。以外にこれ効果ありますよ。誰からしら一人ふたりの生徒連れてきてくれます。生徒が増えれば口コミが起きる。

さらにホームページを作る。ウェブサイトは24時間働いてくれる優秀なセールスマンです。ていうやつがホームページ制作会社のコピーだが、本当にホームページって優秀なんだろうか?って、最近は疑問に思う。だが、疑問は疑問でホームページは優秀だ。

ここ何年か口コミで入会した生徒ももちろんいるが、大抵はホームページをみました。と、言って入会してくれる。だものウェブサイトは優秀な営業マンであることにはかわりない。

だがだ!ここで疑問というのは、わたしは自前でサイト製作はしている。なので更新は好きに出来る。そこでわたしのウェブサイトは入会希望の方々も集めてくれるがなにより、IT業者様達を拾ってくれる。

わたしはウェブデザイナーでもプログラマーでもないので作れるものには自ずと限界がある。実はプロの作ったサイトというものはどれほどの営業効果があるのか?人はサイトのビジュアルでどれだけ左右されるものか?

実証するにはデザイナーやプログラマー有するサイト制作会社にいっぺん作ってもらうことにしよう。

それで、たまげるような見積もりものともせずに制作依頼したのだが、それはわたしの中学生の夏休みの宿題みたいなサイトに比べりゃはるかに高品質なサイトは出来上がった。だが、その美しくかつ大変高価なサイトが次から次へと問い合わせのメールや電話を産んでくれたかっていうと、、。

(^O^)!ほ、かなり残念な結果となりました。いえ、壮絶に残念といっていい。まだ制作費の借金は残ってんだからな(╬゚◥益◤゚)

「騙したな(`Δ´)!」っていうんで、制作会社に怒鳴り込みました。って、ことにはなりません。これは、第一にそのようなことをするのはカッコ悪い。

そしてもう一つは、その程度にはわたしだって物事を分析的に考えることができるから。

やはりビジュアルじゃありません。内容です。ってのもいくらかはあるのかもしれないけど、わたしが直接文章書いたほうがわたしの思惑が直に伝わる。ということはあるかしれない。

だけれど1番大きな敗因は、要するにウェブサイト制作会社はマーケティングリサーチ会社じゃない。ってことだ。

こんなこと個人事業主として最初に考えなきゃならぬことじゃないか?と、思うので今まであんまりにカッコ悪いので口に出して言わなかった。けど、いま言ってる。

宣伝広告費捻出する前に、まずはマーケティングリサーチすべきだったのだ。おそらくうちの教室のキャパは市場規模からいってそれほど大きくはない。うちは古い住宅地で、ピアノレッスン適正年齢の子供だちより、高齢者が多い。そんなの日本全国どこだって同じだ。って言えばそうだけれど、子育て世代が主な入居者のUR賃貸群の家で教室始めるのと、ディサービスの送迎車ばかりが行き交う空家の多い地区で始めるのとでは、おのずと市場規模は変わってくるであろう。

もっとも、わたしはマーケティングリサーチの会社に市場調査依頼したことはないので、いったいどれくらい(金額だ)かかるかはわからない。

だが、音楽教室のいいところはではダメだから教室たたみましょう。と、いうことにはそう簡単には追い込まれなくてすむこと。

さらに、では、市場規模の大きいとみられるうちの近辺では新山下や本牧原のUR賃貸や新築の戸建が立ち並ぶあたりに引っ越すか、スタジオを借りて営業するか?って、いうのは、ナシ。そこまでの冒険はする気はない。

なので好きなだけ更新しても料金のかからない自前のサイトでうちの教室をアピールしてチラシ配りして、ボードに募集中の文字入れて外に出してうちのキャパいっぱいまでは募集をかけよう。

おそらく、(あくまでマーケティングリサーチの会社に依頼したわけではない。)うちの市場では30人規模、と思われる。

50人生徒のいる教室経営者の方の話では、教室を開業するに当たってお洒落な繁華街を選んだのだが、、。全く生徒は集まらなかったΣ(|||▽||| )なので、場所を移して(移せるのもすごいと思う。)住宅地で開業したら50人まで生徒は増えた。

だが、うちはおそらくそこまでの市場規模はない。なんでって、最近はこのあたり空家ばっかり増えた。でも宅地開発もしてるからラッキー(*´∀`*)と、思ったら開発途中でやめて、新築の家にも宅地にも客が来ないのだ。これは市場として相当うちの近辺お寒い{{ (>_<) }}

じゃ、諦めてバイトルでバイトでも探すか?

いえ、わたしは諦めませんよ。自己流マーケティングリサーチからするとうちはまだ余剰キャパはある。あと15人ばかりは入会してもらおう。

うちはこの家になってからは2012年からの実績はあるので黙ってても10人前後の生徒は在籍してくれている。だが、10人では経費倒れ。ホームページがあるのでその上5人から10人、つまりは15人から20人は在籍する。

では、力の限りチラシ配りしてボードに素敵なコピーを考えて描いて生徒募集に励みましょう。

BEE音楽スクール

↑これは大手の音楽教室の広告なのですが、多分こんな感じのお教室ならば繁華街にあっても入会する生徒さんが多いのでしょう。

退会

繁盛するピアノ教室経営のノウハウとして、いかに入会を増やすか?そして如何にして退会を食い止めるか?ってのがある。いったん捕まえた生徒は離さないp(^^)q何があっても引き留めてみなさい。そうすれば、入会者はいても退会者はいない。差し引き勘定であなたのお教室は繁栄いたします。

それは全く正しくて入る以上にやめられていたらこれは職業として成り立たない。

それでも一定数は退会者が出る。というのも街の教室場合、それで循環するのだからいいんだ。とも、思う。

進学塾のような形態ならば、当然進学する学校が決まれば生徒は退会する。そして次の生徒が入会してくる。という流れになるのだろうけれど、ピアノのような習い事はこの循環が超曖昧。

「辞めます。って、言えなくてずっと続けた。」って、剛の者もおりますし、とにかくあの教室の主催者入った生徒辞めさせない?!(どうやって?)というウワサのある教室もあります。

わたしは退会したい。という生徒さんはあまり引き留めません。「ここで辞めたら今までやってきたこと全部無駄になるのよ?!」みたいなオドシもかけません。これ言うならば、それじゃあどこまでやれば今までの練習とレッスンと月謝が無駄になんないんだ?って、逆ギレされたらなんて言うんだろう?

義務教育の小学校中学校、それに準ずる高校大学あたりが必修だとしたら、習い事や塾は選択科目。いつ入会するのも自由ならば退会するのも自由です。これもテキトーに始めてテキトーにやめる。って、意味じゃなく、毎週レッスンに通って練習する。という1週間の流れが出来て時としてイヤになったり、面倒になってもやっぱり頑張ろうp(^^)qっていう気持ちが継続出来ているうちは、続けましょう。このタイミングで続けられるのに何となく面倒で辞めるのは本当にもったいないです。

だけれど、どうにもこうにもピアノが負担でたまらない。辛気くさい練習と出来ないのにレッスンに通わないてはならない気持ちの苛立ちに心底うんざり。他にもの凄く興味を惹かれることがあってそっちに命さえ賭けたい。そんな状況に陥ったら、もう退会してしまってOK、ホホホ!(^O^)ピアノからは開放して差し上げますよ(#^.^#)

これは教室経営のために辞めさせない。って問題じゃないと思う。

高校生になって運動部に入ったりすれば、これはもう続けるのは絶望的にさえなる。第一に合宿にでも入ってしまったらレッスンに通うことも練習することもほぼ不可能になるじゃない。うちも高校が運動部だったので解る。県立高校で寮生活ではなく強豪校でもなかったのだけれど、あれでピアノみたいな習い事続けろ。ってのは無茶苦茶。

それにこれまた、個人的な問題だったのだけれど、ナニを思ったら小学2年くらいの頃、ある世界的チェーンの塾に息子が入りたい。と、言い出した。わたし小学生の塾に全く興味がなかったもののお勉強する。ってもの、やめろ。って言う気にもなれず、入会させたのです。

だが、その塾のシステムは計算問題や書き取りを山のようにさせる。塾で学習するのでは飽き足らず家に持ち込んで山のようなプリントを勉強する。息子に先立ってわたしのほうがうんざり。

その塾のシステムや教材が悪い。って言うんじゃない。いいに違いないのだが、わたしだってその手のプロでもある。楽譜や音高の感覚が直感的に分かる子がいる。弱指を鍛えなくても動く人というのもいる。

わたしもうんざり、息子もうんざりしたのは、いっぱいプリントやってわかった!(*^_^*)じゃなく、そんなにやらなくても直感的にわかる。なのになんでこんなつまらないプリントエンエンとしなきゃならないのだ?時間と資源の無駄遣いじゃないか?

要するにその塾のシステムわたしたち親子には合わなかったのです。

なのでピアノも同様どうしてもうんざり、イヤだ!ってならやめたって仕方ないじゃないか。

と、いうのもこの塾、耐えること1年。とうとう辞める。って言いにいったら引き留められること、引き留められること(T-T)多分辞めると後悔するから、、。寂しいし。(本部から怒られるのかなこの先生?)

そして極めつけ(ならしい。)中学受験考えて(考えてないよ(・0・))られるならばうちでも対応いたしますし、うちのやり方で大丈夫ですよ。はぁーー!いえいえ、考えてません。なんで近場に無試験、タダで入れてくれる中学があるのに受験しなきゃならないのよ?

受験は高校と大学ですればたくさんなので中学はいいですよ。

それくらい、わたしは息子の中学受験なんてもんに興味ないのにナニを言い出されるのか?

とにかくだ。辞めます。辞めます。で押し切って辞めさせてもらったのだけれど、これは反面教師。どうしてもピアノレッスンが負担。合わないみたいでかわいそう。更にわたしが気にくわない(;。;)なのに無理矢理引き留めるのは気の毒。