ブルクミュラーはお嫌いですか?

嫌われるブルクミュラー25のやさしい練習曲

あるいはやっと、にせよとっととにせよ、ブルクミュラー25のやさしい練習曲(そうこの曲集発表会等で取り上げられることが多々あるものの、エチュードです。)

ブルクミュラーの25の練習曲くらいまで弾けるようになれば、気の利いた小品くらいはなんのその、弾けるようになります。更にこれを上げてしまえば、次はツェルニー30番(必ずしもこの通りではない。)

ここまで行けばクラシックの名曲まで、難易緯度低めなら到達(^o^)ノ イエー!

なのですが、残念無念!このブルクミュラー25のやさしい練習曲、お嫌いな方多いですね。もちろん全員一致でNGなわけではありません。

思うに、これ以前のエチュードというか教則本は現代の少年少女及び成人男女の感性にマッチングされているものが多数。それが、ちょっと進んで入門初級から、初級中級クラスになったとたん、時代遅れも甚だしい(そりゃそうさ。19世紀なんざはるか昔、21世紀生まれがピアノ教室の門をたたく時代だわよ。)それでいて、妙にお子様向けでーす!っていうような、小品と見紛う、いーや聞き紛うか?19世紀的可愛らしさ強調した実は練習曲。

とうとう、ツェルニー30番まで到達しちまえば、もうエチュードはハノンだけにしようか?にもなるが、(ただし音大に行きたい、とか、コンクールに出たい。とかは言わぬこと。)この段階でエチュード抜きというのもねー。

ならば、ツェルニー100番の方がいいか?

ブルクミュラーって何者だ??

ブルクミュラー25のやさしい練習曲及び18の練習曲で超有名ですが、もちろん存命中これしか作曲してないわけではありません。

フルネームはヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラー。名前でわかるようにドイツ人です。生年は1806年12月。いいですか?1806年ですよ。一言に19世紀っていったって、この人生まれてから今年の2022年で216年も経過しているのです。

転生輪廻信じるならば2,3回は生まれ変わってる勘定になるんじゃないか?と。

生誕216年の作曲家の作品ですもの、そりゃ、21世紀を生きる少年少女及び成年男女が面白くない!状態になるのも不思議ありません。

生誕200年だろうと250年だろうと、今鑑賞したって素敵な名曲は数多ありますが、残念そのような名曲の方が全体から見りゃ少数で、大抵の音楽は時代の波とともに消え去っていくのです。

ブルクミュラー先生も他の曲は時代の彼方に追いやられたとしても、この25の練習曲は21世紀の今も嫌われつつも、受け継がれているのです。パチパチ。ついでにこの方ハゲております。1800年代はバッハ、モーツァルト風の鬘は廃れ、かつ現代風の男性用鬘はまだ発明されていなかったのでしょう。


お子様向けには可愛らしくかつ、美しいパステルカラーのイラスト入りで、やる気を引き出すべくどこの出版社も気合入れております。

わたしは子供向けはこのドレミ出版のを使ってますが、もちろんどこの出版社のだってかまいません。


こちら全音出版者版、ブルクミュラーの没年は1874年です。したがって没後148年たつているので著作権は完璧に切れております。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人のための独習ブルクミュラー 25の練習曲
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/5/21時点)


大人向けの版もあり。

25のやさしい練習曲はOp.100、つまりはこれ以前にブルクミュラー先生は99ばかり作品を発表しているはずなのです。当時はキラ(☆∀☆)星のようなミュージシャンであったに違いありません。たとえ、25のやさしい練習曲以前の99+Op.101以降の何曲か(正確には知りません。)は、忘れ去られても、21世紀の極東の国の出版社でこれだけ売り上げているこの先生は嫌われてはいても偉大であると言っていいのです。再度、パチパチ。

では、エチュード+曲はなにを選ぶ?

今や、エルメンライヒやクーラウ、クレメンティあたりの発表会向け初心者のための名曲すらも、あきられつつあり、人気曲集はブルクミュラーに入ったらとっておき名曲集が人気。


これです。下巻もあります。収録曲の中には、えー?ブルクミュラー程度で弾けるの?ってくらいの難曲もあります。心配しなくても原曲ではまずは無理なのでブルクミュラー25のやさしい練習曲難易度に編曲してあるのです。

中にはブルクミュラーなんぞより古手の作曲家、バッハ、モーツァルトすらあるのですが、(原曲はピアノ曲とは限らない。)流石に長い時代の流れの中で生き残った名曲、去年一昨年のヒット。のようなセコいヒットでなく、200年以上もヒットしている名曲。

これくらいの超名曲ともなると、張り切って練習してくるのです。

この手の名曲集とはちっと、毛色が違うのでブルクミュラーお嫌い少年少女が夢中となる曲集が、、。


これなのです。自慢じゃありませんが、わたしこの曲集の収録曲ほとんど知りません。ですが、この難易度の曲ならばわたし自身はすぐに弾くこと出来ます。けど、今をときめく、2022年いくら初心者向けにアレンジしてあっても和音構造から、カウントの取り方に至るまで、ブルクミュラーより遥かに難しいんじゃないか?って、考えますが、少年少女は弾いてしまう。

更に、時は今!の曲を弾いてるうちに技術も音楽性も進歩して、もうブルクミュラーは半分で卒業させて、次に進ませていいんじゃないか?とすら思うことも幾度か。

流行歌なんて(`Δ´)!って、けして作曲家がピンピンして生きてる作品を弾かせようとしないピアノの先生っています。もちろんわたしは「それはあんたがリズム感鈍いからよ!」とは、言いませんけど、この2022年版ヒットソングから2222年(猫の当たりとしだわ。)まで延々とヒットし続ける曲が生まれてくることだってあるのです。

嫌われ者、中にはloveの少年少女もいるブルクミュラー25の練習曲、ピアノのお稽古にはエチュードは付き物なので、嫌いつつも練習を続けましょう。

投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。