春の生徒募集打ち切りについて

この春はこのへんで生徒募集は打ち切ることにした。

今のうちの状況では経済的自立は覚束無いのだが、独立した音楽室を持たないで、リビングでレッスンしている。と、いうのはピアノ教室での経済的自立の指針、生徒30人の半分くらいで許容量いっぱいなんじゃないか?って、判断したのが1番大きな要因。だが、現実はその半分でキャパいっぱいと見たのだ。

それじゃ、(o・・o)/独立した音楽室作ったら?と、いう考えもなくはないが、もしそれやるとしたら、今度こそ市場調査の会社にでも依頼してうちの近辺の市場が習い事経営者として、需要を掘り起こせるか調査しなければならない。

独立した音楽室を作るには、個人事業としては妥当な金額かもしれないが、それだって膨大といえるほどの借金をしなければならない。わたしにそんな資産はない。ついでにスポンサーもいない。

したがって、借金するしかないのだが、ここで大事なのは返せる当てだ。今だって、宣伝広告費かけ過ぎで借金した分の返済だけでメいっぱいなのだ。

ちょっと話それるけど、さらに重ね重ね言うけど、素敵なホームページを作ればホームページ制作業者は集客の専門家なんだし(まずこれがフェイクだと思っていい。)サイトが素敵だったら先生もレッスンも素敵だと思ってくれるから、生徒がたくさん集まってくる。なんてのは信用しない方がいい。

素敵なホームページ作るのに幾らかかると思う?個人教室のサイトだって100万円はかかる。これ何年で回収するか?一体月商幾らに設定しているのか?(月商なんて品のないこと言わないの(?_?)なんて言うなよ(`Δ´)!)さらにウェブサイトというものは回収出来た頃に時代遅れとなる。

次なる素敵なホームページを作るハメとなる。

したがって、せいぜい月商30万円位を目指している個人の音楽教室ならば、テンプレートに押し込めるだけのサイトや、副業で個人商店のホームページ作ってるくらいのモノが身分相応と思いますよね。それなら管理費、サーバー代別で何万円かで間に合う。

だが、自分はそんなセコイことは考えていない。何人も講師雇ってゆくゆくは近県全部に教室を展開したい。というのなら、何千万もかけてサイト構築するのもありであろう。

BEE音楽スクール

そう、↑このような教室ならば、満席及び家庭の事情で募集打ち切りました。なんて裏切りを働かれる心配はない。その点は大手はいい。

この春はコロナ騒動で新規の入会申し込みがゼロ。1件だけ体験希望があったが、それも入会には至らず。コロナ騒動は何時終息するか誰にもわからず。そして、この騒動にも関わらず学習塾はとりわけ進学塾はちゃんと春期講習から新規の生徒がうちの近所でも入るのだ。

なんでそんなこと知ってんのよ?と、思われるだろうがうちの1番近くの進学塾、まずは今年の入学実績の貼り出し。それに次いで、中年の方々が塾の席を埋めていた。(外から見えるのだ。)最近は中年女性の進学熱が盛んなのか?と、思ったらそんなことはない、進学塾の講師を勤めていたことのある息子に聞いたら保護者説明会だと。

つまり、塾に比べりゃ習い事教室というのは圧倒的に弱体なのだ。

取り敢えず、春に新規入会がひとりもいないというのは、うちの教室始まって以来の異変でもある。そこで、一旦は退いて、新規募集をやめ、次なる手は今度こそ市場調査をして需要を掘り起こせばまだまだうちは発展しそうだったら、再度借金してリビング教室はやめて独立した音楽室を作って発展させるか。

それともこのまま現状維持もしくは縮小方針で行って、生活に困ったら?副業始める。もしくは息子当てにしようか?!

投稿者: pianoclass

横浜でピアノ教室を主宰中。猫3匹を所有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です